住環境コーディネーター・コウダの日記

ホームページ引越しました http://kouda-sangyo.com/

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全641ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ブログ転居 完了

新居は↓こちらになっております。
 「お気に入りに追加」ページ登録よろしくお願いします。

引っ越し 苦労す

 引っ越し作業まだ貫徹せず・・・・・。

しかし定期的読者150名ほどと想像してましたが・・・・・何か言ってくれたのは一人だけでしたね。

 モチベーション↓↓ですわ。

 今年前半最悪バイオリズムでしたから・・・・・ね。やっぱり止めようか、という気持ちも出てきます。
 いよいよYAHOOブログともお別れです。11年近く書いてきたことになります。
 持ち出すデータがそれなりに膨大であることや、予期せぬことも起こるでしょうし・・・・。
  
 おそらく1-2日お休みになると思います。

 もちろん引越し完了すれば、このページで新しいアドレスを公開しますので、そちらでまた皆さんと再会できることを願っています。

  無事に移行できますように。     コウダ

仕事三昧の連休でした

 全くどうしてこうも毎年天候が不順なんだ。もう半月位お天道様見ていない。マズイですよ農作物・・・・。

 昨日は朝から雨で、会社で一人見積・積算作業。今日は雨が上がってきたので、これまでの工事で出た残土を均す作業。残土が山になっていると、次の残土がドンドン手前に山になって始末が悪くなる。
 しかし・・・・・ついでに山土をストック場に搬入・・・・と欲張ったのがいけなかった。毎日雨だから足元が悪いのは承知。それでもミニユンボもあるし大丈夫だろう・・・・と。大丈夫じゃなかった。泥濘に、トラックはスタック!!!!。なかなか脱出できず・・・。休みだが職人にSOS出そうか、と思ったくらい。でも何とか一人で脱出できました。

 もう懲りて土の搬出は中止。午後は、畑のジャガイモ掘り。ジャガイモは、28度位で枯れて成長が止まる。今年は全然その気温になっていないのだけど・・・・。この長雨ではとっくに枯れている。掘り起こしたいのは山々なんだが・・・・・雨の日の収穫は本来御法度。掘り上げたあとも、天日で干しあげないと、保存が効かない・・・・。

 しかし今年の天候では、そんな日は望めない・・・・。雨が降ってないから・・・・それだけで収穫を断行。
イメージ 1

 屋根があるテラスの下で乾燥を狙いますが・・・・・保存は怪しいかもしれません。

 今年は8m位の一畝だけで、種芋2kgでしたが・・・・・・なぜか・・・・効率からすると過去最高の収穫量でしたね。ヤギ糞が奏功したのかも・・・・・です。

 そして最後はヤギレンジャーの爪切りです。これ重要なんです。最低月一回やらないとネガが出るんです。そして今日もその一ヶ月目。ギリギリ何とか・・・・・。勝手気ままなヤギレンジャー達ですが・・・・・爪切りは気持ち良いらしく、何時も恍惚の表情です。
イメージ 2
ランキングポイントがアップのため記事が参考になったなら、テラ銭代わりに下のアドレス、バナーをクリックしてくださいませ。毎度のご協力お願いしますイメージ 3
ホームページはこちら↓
PELLET &WOOD STOVE SHOP 焔 HOMRA

自宅タイル補修

 我が家の居間は20畳余りあるのだが、半分近くがタイル貼りである。
 タイルの床、というと冬寒いのではないか?と思うかもしれないが、その下には蓄熱暖房システムが忍ばせてあり・・・その熱が厚み12mmのタイルにも蓄熱し・・・実際すこぶる快適である。夏はひんやりするし・・・。

 そのタイルはINAXがかつて「ソイルセラミック」と称して、高温で焼成する既存のタイルと違って低温生成のいわゆる「エコ」商材だったのだ。おそらく石灰かセメント系のバインダーによる製品だったと想像される。歩行などの圧力で、磨り減ったり、色が変わる・・・・という常識外の「タイル」だった。

 そうした組成の意味や、土ベースの厚みのあるタイルであれば、蓄熱性が期待できるだろう・・・・ということで私は採用したのだ。

 実際テラコッタに近いタイルであって、蓄熱性はもちろん期待通りで、風合いも、ツタとして挿入された繊維が露出してたりして・・・・従来のタイルにない味わいでコウダは実は大変気に入っていたのだ。

 しかし・・・・世間的には評価されなかったようで、ほどなく廃盤・・・・。
 今では類似品も手に入らない。タイルを販売したり施工したりするコウダでは当たり前のことなのだが・・・・。こうした事態に備えて、補修用の製品を確保していた。

 今回そのタイルが傷んだことで、更新・補修作業も、問題なくおこなえた・・・・・。
 
 ただ・・・・・経年変化があるタイルなので・・・・・・・・新品を貼ると目立ってしまうのが玉に傷。しかしきっと一年も経つと馴染んでくるんじゃないかな。
イメージ 1


 というわけで、タイルを採用した方は、補修用として自宅にキープすることをおすすめします。タイルメーカーは次から次へ製品を変えてきてますから、数年で廃盤になることが普通です。自己防衛が必要です。
国府田産業HP

http://kouda-sangyo.com /       

ランキングポイントがアップのため記事が参考になったなら、テラ銭代わりに下のアドレス、バナーをクリックしてくださいませ。毎度のご協力お願いします

 

全641ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事