住環境コーディネーター・コウダの日記

ホームページ引越しました http://kouda-sangyo.com/

日光山麓 今市扇状地

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 これまた歳時記的話題になりつつありますが、当社2011年より8年連続の出店になります。
 当初は、自社開発商品や、地元農家の果樹、小規模製造の製品を一緒に売ったりしてましたが・・・・・。

 来客数が落ちていることや、スタッフ的にも手がまわらないために。今年はペレットストーブと薪窯のデモ、そしてピザの販売に絞りました。
毎年こんな感じで店やってます。↓
イメージ 1
イメージ 2

 多くの方のご来場をお待ち申し上げます。そば食べにおいでください。
イメージ 3

ランキングポイントがアップのため記事が参考になったなら、テラ銭代わりに下のアドレス、バナーをクリックしてくださいませ。毎度のご協力お願いしますイメージ 3
ホームページはこちら↓
PELLET &WOOD STOVE SHOP 焔 HOMRA

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今朝の作務と収穫

 秋の進行が遅いようです。それでも我が家の雑木たちは葉っぱを染め始め、一部落葉も始まっております。

 こうなると慌てるのが、栗のイガ処理です。これをまず浚っておかないと、その後の落ち葉浚いが痛い思いをします。まあ全部一緒に燃やしてしまえば良いのですが・・・・・畑の堆肥にするんだ、という畑を棄てきれない事情が邪魔しております。
 
 畑は来季復活できるのでしょうか??????。
イメージ 1

 そんなわけで今朝は夜明けの6時と共に、クリイガを浚って燃やしてます。出社まで一時間余しかないのですが、まああと二日やれば大体になりますけどね。

 先日雑煮に入れた庭先の収穫キノコの残りがまた採れました。やっぱりエノキだと思うんだけど・・・ヌメリがあってナメコみたいです・・・・・・美味しくいただけました。詳しい方教えてください。
イメージ 2

イメージ 3

 ランキングポイントがアップのため記事が参考になったなら、テラ銭代わりに下のアドレス、バナーをクリックしてくださいませ。毎度のご協力お願いしますイメージ 3
ホームページはこちら↓
PELLET &WOOD STOVE SHOP 焔 HOMRA

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

古峯神社庭園の秋景色

 本日雨ですが・・・・午前中ペレットストーブ工事で1台設置し、返す刀で、午後は薪ストーブの更新相談で、山奥に行かねばなりません。

 電波の届かない処で、夜明かしになります。

 それなんで今日の記事は、先週日曜日の古峯神社庭園の秋をお楽しみくださいませ。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7


 ランキングポイントがアップのため記事が参考になったなら、テラ銭代わりに下のアドレス、バナーをクリックしてくださいませ。毎度のご協力お願いしますイメージ 3
ホームページはこちら↓
PELLET &WOOD STOVE SHOP 焔 HOMRA

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

紅葉狩り 紆余曲折

 先の週末は旗日で連休でしたね、当然この時期はそれは望めない我が稼業。
 この週を逃すと11月は休み無し、というのが確定しているのだ。
 せめて半日でも、リフレッシュ山歩きを・・・・と日曜日午前中を狙っていた。

 仕事を土曜日になんとかして・・・・しめしめ・・と日曜日夜明けとともに出発。奥日光など渋滞なのはわかっているので・・・穴場、穴場・・・・と前日光の山に向け車を走らせる。

 しかし・・・・何と・・・・雨が降ってきた・・・・(´;ω;`)。ガスもひどく展望ゼロ・・・・・て酷くない。唯一の休みないのに・・・・・・・。

 気を取り直して・・・・・・麓の古峯神社に向かう。平安時代からの修験地として有名な霊山である。ここの有料の庭園で、庭作りの勉強に今日の目的をスイッチ。
 
 常連さんならご存知。私何時だって・・・・・。

①一石二鳥    できれば三鳥     一粒で二度美味しい
②転んでもタダでは起きない
③死なばもろ共
路線で生きております。

 ここ、山中の庭園でして。人間が手を加えすぎない、自然と一体感の強い庭作りがされております。時に紅葉が盛りでした・・・・・・山歩きができなかったことを補って充分の美しさでした。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7



 ただ・・・・気になるのは、この庭園増築中でして・・・・・拡張造成中の造園屋さん。どうも先人の意図、庭の意味、空間の評価がイマイチわかっていないような気もします。あるいは宮司がわかっていないのかも・・・・。

 折角の空間が・・・どうなるのか・・・心配ではあります。私にやらせろ、と心の中で叫んでみました。
イメージ 8


 ランキングポイントがアップのため記事が参考になったなら、テラ銭代わりに下のアドレス、バナーをクリックしてくださいませ。毎度のご協力お願いしますイメージ 3
ホームページはこちら↓
PELLET &WOOD STOVE SHOP 焔 HOMRA

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 一週間くらい前でしたか・・・・自宅前の倒木が一か月以上片付かず、ブログ上で国交省に並木街道の返納と詫びを入れたのは。

 それで聞き入れられたようで、昨日やっと片付きました。
 雨の中作業をしていたのは、土木事務所に依頼された業者なのか????。
 どうも違うようで、東照宮のトラックが来てました。
イメージ 2

 つまり車の往来ができない状態の倒木は、土木事務所の命令で緊急に排除するが、緊急案件でないものは、持ち主たる日光東照宮の責任で片付ける、ということなのでしょうね。

 しかし今回も太い幹部分だけで、枝葉は現場に置いたままでした。この土地は「並木敷」といって県の土地なんです。が当家と隣接しているので、落ちた枝を片付けたり草刈りしたり、ということを私がやっています。 言ってみれば、公園を掃除する「ボランティア」ですな。それを自分の敷地に「併合」と言うから面倒臭いことになるわけで・・・・・。でも言いたくなるほど結構大変な作業である。↓
 
イメージ 3

 まあ自分の土地だと思う位に綺麗にしている、ということです。
イメージ 4

 それにしても今回の枝は太く、一部来年の薪にしようと思っている。

 とこれを「コウダは日光杉並木をストーブで燃やしている」と書くからまた物議をかもすことになるんだな。

 ところで、倒木は一部材木屋に払い下げられる。これが一部建材となってローカルな場面で使われているんだが。見る人が見れば、「杉並木材だ」とわかるんだな。その特徴は、まず年輪が詰まっていること。そして杉は心材が赤く、辺材が白いんだが、心材が黒いくらいに濃い。↓これはもう心材が朽ちかけているので異様に濃いけどね。
イメージ 1

 植林されている周りの杉材とは明らかに違うのだ。それは同じ杉でも、土地によって特徴が違うのは常識。DNAという手法があるので、日光杉並木のルーツは何処か誰か調べて教えてほしいな。

ランキングポイントがアップのため記事が参考になったなら、テラ銭代わりに下のアドレス、バナーをクリックしてくださいませ。毎度のご協力お願いしますイメージ 3
ホームページはこちら↓
PELLET &WOOD STOVE SHOP 焔 HOMRA
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事