ここから本文です
にこにこくんの、のんびりキッチン
あの日と、つながっている今。

書庫全体表示

先日、にこにこくんはバラを観に、
谷津バラ園に行ってきました。
千葉県習志野市にあり、昭和32年に開園した施設です。
開園式は秩父宮妃殿下をお迎えして行われました。
当時は東洋一の規模を誇るバラ園だったそうです。
その後、閉園など紆余曲折を経ながら、現在も続いています。
京成本線の谷津駅で降り、しばらく歩くと、
「あと200m」の看板があり、ゆるキャラの絵が描かれていました。

イメージ 1

「やっぴー」というのだそうです。

イメージ 2

しばらく歩くとビワの実発見!
まだ小さいけれと、元気に育っています。イエローパワー!

イメージ 3

「読売巨人軍発祥の地」の碑がありました。
昭和9年に正力松太郎はベーブ・ルースやルー・ゲーリックなど
一流選手を集めた全米選抜チームを日本に招き、
全日本チームと戦わせました。
全日本チームはここ谷津で練習を積んだのだそうです。
そして、そのチームが読売巨人軍の母体になったのだそうです。

イメージ 4

谷津バラ園に到着しました。

イメージ 5

広々とした園内には石像や噴水、バラのアーチなどがあります。
バラは静的なので、動的な水の動きを配したのだそうです。

イメージ 6

様々なバラがたくさん咲き乱れています。
園内をバラの香りが漂っています。

イメージ 7

「メンデルスゾーン」です。

イメージ 8

「ゴールデンフラッシュ」です。

イメージ 9

「インターメッツォ」です。紫のバラの人!

イメージ 10

「ゴールデンエンブレム」です。

イメージ 11

「緑光」です。京成バラ園芸が作ったバラです。

イメージ 12

「芳醇」です。鈴木省三さんが作りました。
鈴木省三さんはバラの育種家で、最初の谷津バラ園を造園した人です。
「ミスターローズ」と呼ばれ、数多くのバラを作りました。

イメージ 13

「新雪」です。これも鈴木さんが作ったバラです。

イメージ 14

「アンダルシアン」です。

いろんな種類のバラがあり、とても楽しめました。

バラ園を出て駅に向かっていると、
商店街の中に焼き鳥屋チェーン店があり、
こんな看板が掲げてありました。

イメージ 15

年中無休ではなく、「年中夢中」だそうです。
私も年中夢中になっていたいと思いました。

じゃーねー!(*^▽^*)/

  • > ふ〜みさん
    人生は夢のようですね。年中夢中ですね♪

    にこにこくん

    2016/6/3(金) 午前 9:18

    返信する
  • > swe*t*bun*y094さん
    おはようございます♪やっぴーかわいいでしょ♪
    はい。バラの咲かない季節もあるので、そんな時期も楽しめるように造園したそうです。
    ミスターローズなんて呼ばれたらうれしいでしょうね。
    これから年中夢中でいきましょう!

    にこにこくん

    2016/6/3(金) 午前 9:22

    返信する
  • 顔アイコン

    最近、うまい焼串がたべたいなぁ〜と思っていたところなんですよね。

    この辺で私は以前入院してましたよ・・・
    あれから5年半かぁ・・・

    はじめのいっぽん

    2016/6/3(金) 午後 0:11

    返信する
  • > はじめのいっぽんさん
    「串特急」谷津店です。まだ店に入ったことはないので、うまいかどうかはわかりません♪
    そうでしたか。この辺りでしたか。もう五年半、完治と言ってよいのでしょうね!

    にこにこくん

    2016/6/3(金) 午後 0:22

    返信する
  • 顔アイコン

    年中夢中 いいですね!
    年中夢中になれる気力、体力がうらやましいです。
    そこの焼き鳥を食べたらそれだけエネルギッシュになれるかな

    ひよこ

    2016/6/3(金) 午後 3:53

    返信する
  • アバター

    「緑光」、白いんだろうけど緑がかってますね
    バラに限らず、新種の花を作るって、どれだけの時間がかかってるんでしょうね。好きじゃないと出来ない事ですよね。
    年中夢中、あ〜、それで生きていきたいです〜。
    ナニナニ?近いうちに重大発表があるんですって?
    楽しみにしてますねヾ(@^▽^@)ノ

    hiro

    2016/6/3(金) 午後 6:48

    返信する
  • > ひよこさん
    年中夢中、確かに気力と体力が必要でしょうね。焼き鳥でパワーアップ!

    にこにこくん

    2016/6/3(金) 午後 7:40

    返信する
  • > hiroさん
    そうなんです。緑がかった白でした。
    本当、好きこそ物の上手なれですね。苦心惨憺を物ともせずに立ち向かえるのでしょうね。年中夢中ですね♪
    いえ、重大というほどのことではありません。そろそろお休みも終わりになりそうなので。

    にこにこくん

    2016/6/3(金) 午後 7:44

    返信する
  • バラがきれいです。いろいろな種類があるんですね。年中夢中はいい言葉ですね。

    そよ風のように生きて

    2016/6/3(金) 午後 8:32

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    アリ地方の植物園の薔薇園の薔薇を
    園児たちも散策
    アナウンサーが園児に感想聴いて
    いい匂いだったとか
    面白かったとか
    小さい時から綺麗なものに触れさせるのもいいことですものねぇ
    私も思い出してそろそろあの公園の薔薇を見に行かなくては・・・と思ったところです(*^-^*)
    薔薇の花は女性を夢中にさせます
    にこにこさんもいっとき夢中になりましたね( *´艸`)

    ariel

    2016/6/3(金) 午後 8:34

    返信する
  • > まみさん
    バラはいろんな種類がありますね。先日まみさんの紹介したガーデニングショーでもいろんなバラがありましたね。年中夢中はおもしろい言葉だと思いました。

    にこにこくん

    2016/6/3(金) 午後 8:51

    返信する
  • > arielさん
    そうですか。アリ王立バラ園への子供達の感想、素直でいいですね。私も夢中でしたよ♪

    にこにこくん

    2016/6/3(金) 午後 8:53

    返信する
  • こんばんは〜

    谷津バラ園、ここは昔谷津遊園と言ってたんですよね。
    子供の頃(相当昔ですが…)遠足で行きました。
    私にとっては懐かしいところです^m^

    ひーちゃん

    2016/6/4(土) 午前 1:29

    返信する
  • > ひーちゃんさん
    そうなんです。ご存知だったのですね♪しかも遠足で行かれたのですか!思い出の場所ですね♪

    にこにこくん

    2016/6/4(土) 午前 6:21

    返信する
  • 顔アイコン

    最近、花を愛でることが多くなりました。
    何故か惹かれますwwナイス

    つるにゃん日記

    2016/6/4(土) 午後 0:15

    返信する
  • > つるにゃん日記さん
    花はいいですね。つるにゃんさんの撮った写真はいつも美しいです♪

    にこにこくん

    2016/6/4(土) 午後 1:31

    返信する
  • 顔アイコン

    他のブロ友さんも訪れていたようです!
    薔薇の季節ですしとてもきれいですね☆
    年中夢中、よく見つけましたね(笑)

    かず

    2016/6/5(日) 午後 11:06

    返信する
  • > かずさん
    おお!そうでしたか!遭遇していたかもしれませんね♪
    バラは綺麗でした。私はよそ見をして歩いているので、変なものを見つけてしまいます♪

    にこにこくん

    2016/6/5(日) 午後 11:20

    返信する
  • 顔アイコン

    バラ大好きです!素敵な一日でしたね!

    ところで、鈴木省三さんて京成バラ園の所長さんだったのですね。たまたま我が家に京成バラ園の図鑑がありまして、新雪が載っていたので調べてみたら…。
    白バラの中でもひときわ白いバラですよ!本物が観られて良かったですね。

    [ 音乃 ]

    2016/6/6(月) 午前 10:28

    返信する
  • > 音乃さん
    はい!いい一日を過ごせました♪
    そうなんです。記事では省略しましたが、鈴木省三さんは京成バラ園の所長でした。図鑑があったのですね。新雪はとても白くて美しいバラでした。観ることができて良かったです♪

    にこにこくん

    2016/6/6(月) 午前 11:17

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事