全体表示

[ リスト ]

南天遠征日記4

5月28日(日)

最終夜は、好条件で朝まで撮影できました。今回の遠征3夜目にして、2台体制で撮影することができ、ようやく安堵できました。撮影の最後のコマは午前4時20分終了となりました。最後に撮ったのは、小マゼラン星雲でした。その日の朝9時にチェックアウトとの予定だったので、撮影を終えて撤収して戻り、荷物をパッキングしたりしました。午前6時過ぎにとりあえずのパッキングを終えて、シャワーを浴びて、少しだけ仮眠しました。
9時前に起きて、残っている食料を食べて、ゲストスペースでコーヒーをいただきました。3日間の滞在費と夕食をカードで精算しました。
荷物を車に積み込んで、最後にみんなで記念撮影ができました。9時過ぎに、チラゴーを後にしてケアンズに戻ることになりました。
最初は私が運転をしました。帰り路ということで、先行車はどんどん進んで行き、マリーバも越えてRainforestationまで行き、そこでトイレ休憩とドライバー交代となりました。その後ケアンズ市内まで戻りつきました。
ケアンズに戻り、まず最初にしたことは、レンタカーの洗車でした。レンタカーのもともとの契約には、未舗装路を走るというのはないらしく、赤土の埃で汚れたまま返却すると、思わぬ料金が後から引き落としされる事があるとの事で、洗車をしました。2ドルのコインを入れると、高圧洗浄で洗車できるのは日本と同じです。泡の分と水の分で、2回もすれば、ぴかぴかになりました。

その後、昼ごはんをケアンズのラーメン屋さん(がんばらんば)で食べました。人気店のようで、15分ほどの待ってからの入店となりました。オーストラリアということを割り引いても、美味しく感じました。
イメージ 4

その後、日本のHIS経由で予約していたCoral Tree Inにチェックインしました。日本人のフロントスタッフで、なんの問題もなし。その後疲れもあって、夕方まで寝てしまう。夜の集合時刻の5時半には、Hくん起きてこれず、電話で起こすことになった。レンタカー3台のうち、2台は別のホテルに宿泊しました。そのうち、NmuraさんとYさんは、午後3時に最終日の夜もマリーバで撮影するために、出発されたとの事。その熱意に感心しました。私は、最終日の疲れの度合いと天秤にかけて、寝ることを選択しました。もしも第3夜目に十分撮影できていなかったら、行くことになったでしょう。

夜は、みんなでケアンズのRaw Prawnというレストランで食べました。もうお肉は良いかなと思い、Aさんの注文したシーフードパスタを食べました。日本語メニューや日本人スタッフがいるのが、ありがたいと感じました。お値段は、税金やチップを考えなくともよくて、大変明朗なところが欧米とは異なりました。なので、一人一人別々に支払うことも問題ありませんでした。
イメージ 1

その後ホテルに戻り、疲れを癒して、明日の荷物をきちんと片づける。やはり39.5kgはストレスを感じる重さでした。

5月29日(月)
朝イチで、起きてチェックアウト。その後、ガソリンを満タンに入れて空港へ行く。
出発カウンター前の降車スペースで荷物を降ろす。H君は空港を少し回ってレンタカーの駐車場まで車を返却へいく。指定されたスペースにはすでに他の車があったそうな。翌日には、レンタカー会社よりこれだけかかったとメールで連絡があったとの事。特に余分な請求もなかったとの事で良かったです。

イメージ 2

ケアンズの搭乗手続きは成田便と一緒になるとの事であったが、大変スムーズにできた。荷物を預けて搭乗口近くにあるスペースで、食事をしたり、みんなでPCを囲んで、成果について話し合ったりで、あっという間に搭乗の時間がやってきました。午後1時の出発前に、搭乗口近くの軽食コーナーで食事をとっておくのが良い思いました。やはり帰り便も食事は不要と思いました。

搭乗口近辺の売店で、少しだけお土産を買いました。今回荷物制限で、お土産はないよと言っていましたが、ここで買う荷物は重量に入らないとの事でした。ただ、市内のスーパーのお値段の倍以上になります。

今回、座席を指定する際に、非常口近くの足元スペースの広いところの席を選択していたのですが、緊急時にはスタッフの手助けをする必要があります。この事は理解していました。ケアンズでの最後の、乗り込み時に英語で何か質問されるが、十分聞き取れず、とっさの返事ができませんでした。この事で、お前は緊急時に使い物にならなないかもと思われました。搭乗口の係員に引き連れられ、キャビンアテンダントのところまで連れていかれました。CAの人の英語がわかりやすく、緊急時になすべきことは理解していることを説明でき、問題なく予約してある席へ行って座ることができました。英語で急に言われて、英語で返事をすることのレスポンスが大変悪くなっている自分を自覚しました。このあたりに、年を感じてしまうのでした。

帰り便は、ほぼ昼間の時間帯の飛行であったが、熱帯付近は雲が多くて眺めはイマイチでした。その後はなんの問題もなく、13時発(日本時間12時)で、7時間少々で関空にまで到着する。

ちょうどたそがれ時に関空に到着するが、大変濁った空に夕日が沈んでいった。
イメージ 3

関空での入国、その後の荷物の引き取り、税関審査も問題なく通過し、無事帰国できた。
最後に、みんなで夕食に「さぬきうどん」を食べました。多くの荷物を抱えて状態でしたが、集団での行動ゆえに、荷物を互いに見てもらえるのありがたかった。夕食を終えた時点で午後20時半を過ぎていた。松山に帰る手段はバスか鉄路となる。荷物が多くて重いので、バスを選択しました。帰りも、荷物の一つは宅急便で送ろうかと思ったが、節約することにした。関空での乗り込みの際、リムジンバスでの預けいれ荷物が3つというのは、ルール違反との事でしたが、混んでいなかったので、大目に見てくれてOKであった。
関空から大阪駅まで移動して、夜間高速バスで愛媛まで戻りました。到着したのは火曜の午前6時でした。長いようであっという間の遠征は終了となりました。

初めての事なので、わからない事やとまどう事など色々ありましたが、大きなトラブルもなく無事に戻れてよかったです。オーストラリアやNZは、時差が少なく楽でした。夜起きて撮影するというパターンですが、早朝から昼まで寝て、午睡も取ることで、つらくはありませんでした。移動のレンタカーですが、基本的に日本と同じ右ハンドル、左側通行で違和感なく運転できます。ケアンズ周囲のRound About交差点のみ事前にチェックしておけば大丈夫そうです。
次回は来年の事になりそうですが、毎年リピーターとしていきたいと感じました。

ほぼ、自分のために記録でしたが、お付き合いいただいた方には、感謝します。
天体写真のほうは、処理を終えたものから、ぼつぼつですがアップしていきます。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

遠征日記、楽しく拝見させていただきました。
トラブルがあったのは残念だったかと思いますが、ある程度慣れも必要なのかなと思います。個人的には1週間は撮影可能な日が必要と思ってます、次回こそ思う存分撮影できるといいですね。

2017/6/8(木) 午後 10:58 [ hana ] 返信する

顔アイコン

南天遠征記楽しませて貰いました。
初の南半球遠征だったのでトラブルは致し方無いとNmuraさんもおっしゃっていました。それでも、全滅ではなくて幾つかは撮影出来て良かったですね。
あの写りをみるとAUSの空に魅せられるのは良くわかりました。
次回の遠征記も今から楽しみです。
まずは、無事に帰ってきたことを喜びましょう。

2017/6/8(木) 午後 11:39 - 返信する

顔アイコン

NIKONさんの備忘録とは言えこれだけ長編の遠征記ありがとうございます。私もついて行ったような気分にさせて頂きました。金星で影が出来るのは経験しましたが、天の川で影が出来るとはなんという空でしょう。私も仕事を終えて元気が残っていたらぜひAUSやNZの空を実感してみたくなりました。

2017/6/9(金) 午前 0:42 ☆シュミット☆ 返信する

顔アイコン

> hanaさん、こんばんは。
ある程度覚悟はしていたのですが、カメラレンズ側はかなりダメージが大きかったです。良いレンズで、きちんと追尾し、適正な露光の画像データをたくさん撮りたかったと思います。
次回に雪辱というところです。

2017/6/9(金) 午後 7:40 NIKON1957 返信する

顔アイコン

> GENTAさん、こんばんは。
何事も初めての事では、トラブルはつきものですね。まして、不便な南半球の暗いところでの事なので、すべてうまく進むことは考えにくいです。
まあ、なんとか救済できる画像データもあるので、ぼちぼちアップしていきます。きっと来年も行くと思います。

2017/6/9(金) 午後 7:43 NIKON1957 返信する

顔アイコン

> シュミットさん、こんばんは。
この長い忘備録にお付き合いいただき、ありがとうございます。最近、物忘れが多くなってきたので、こういう記録を残して、次の備えにするようにしています(笑)。
やはり、日本の空は、かなり毒されていることが実感できました。これから、元気なうちは、できるだけ機会があれば、南半球に出かけていきたいと思っています。シュミットさんも、是非行ってみることをお勧めします。

2017/6/9(金) 午後 7:47 NIKON1957 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事