全体表示

[ リスト ]

この時期に南天に行くと、南十字が早い時間帯から、北中しています。西側にはガム星雲、東にはさそり座が見えて、しみじみと南半球に来たと感じます。非常に明るくて、写りやすいηカリーナですが、肉眼でもこの辺りとわかります。ただ、色がわかりません。
今回は南天遠征にぴったりの小ぶりの90㎜レンズのVoigtlander APO LANTHARで、撮ってみました。このレンズは、解放F値が3.5と暗めで、前玉も小さく、49㎜フィルターです。これにステップアップリングで、HEUIB-IIを装着して撮影しています。少し周辺減光が大きいのですが、コマも少なくシャープなレンズです。
ノーフィルターで撮るよりも、H-alphaのコントラストが高くなります。また、若干彩度上げ気味に仕上げました。
このレンズで、他の領域も色々と撮ったので、処理が楽しみです。

イメージ 1
撮影データ: Voigtlander APO LANTHAR 90mm/F3.5 HEUIB-II Filter使用
Canon EOS6D(スターショップ新改造) ISO1600 4min x15(Total 60min)
K-ASTEC GF-50赤道儀 ノータッチガイド
RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像後TIFF→SI8でコンポジット→CS6で合成後仕上げ

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ηカリーナと砂をちりばめたような天の川銀河、まさに南半球の空ですね。
南中ならぬ北中も南半球ならではの表現ですね。そこだけ聞いたら「どこの中学校?」って聞き返しそうですが(;^_^A
1時間露光でこの仕上がりは羨ましいです。
南半球にリピート遠征される理由が良くわかりますね。

2018/5/21(月) 午前 9:52 マルさん 返信する

顔アイコン

> マルさん、コメントありがとうございます。
透明度が高い上に、背景の空が暗いので、大変S/Nの高い画像が得られます。傾斜カブリも少ないので、処理も極めて楽でした。こういう空が晴れたら、いつでも見る事のできるオーストラリアは大変魅力的です。幸いにしてお誘いがあり、手を挙げているところです。

2018/5/21(月) 午後 7:53 NIKON1957 返信する

顔アイコン

オーストラリア遠征、おつかれさまでした。
南十字からηカリーナまでの素晴らしい天の川ですね。憧れの構図です。自分も一度、南十字星を見てみたいです。

2018/5/23(水) 午前 8:19 [ blueberry ] 返信する

顔アイコン

> blueberryさん、こんばんは。
南天は、思ったよりも近くて手軽です。一人だと大変なので、経験のある先達を誘って、少人数のグループで行かれることをお勧めします。一度行くと、日本の撮影はなんだったのだろうかと感じるかもしれません。

2018/5/23(水) 午後 8:29 NIKON1957 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事