全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全300ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨日、今年1回目の豪州遠征から無事に帰国しました。お世話になった方々に、この場を借りてお礼を申し上げます。
心配したお天気も1日目、2日目は終日快晴で、3日目の夜半過ぎまで快晴(薄明前の2時間も晴れ)、4日目は曇り、5日目は夜半過ぎから快晴、6日目も月没後の夜半から薄明までずっと晴れでした。実質4日分+α晴れたというところでした。中休みをできてちょうどよかったくらいでした。

遠征第1夜の早い時間に撮った天の川です。冬の大三角からコンパス座にかけての銀河になります。イータカリーナのあたりが輝いています。
イメージ 1
撮影データ:Canon EOS6D (HKIR改造) ISO1600 オートWB
EF8-15mm/F4L 8mm  絞り解放 4min  x1 (total 4min)
K-ASTEC GF-50 ノ-タッチガイド
気温20℃くらいか
SI8でRAW現像後TIFF変換→CS5で背景をニュートラルにしただけの撮って出し

大変良い遠征となりました。
処理を進めながら、今回の遠征の記録をアップしていく予定です。

ヤフーブログは、この記事をもって最後にすることになります。
移行先は、前回の記事で書いたようにFC2ブログになります。
こちらの記事はコメントは残っていますが、画像データは小さいです。

平行ブログアサヒネットのアサブロは5年ほど前から記事があります。
こちらは、少し大きめ2K画像を貼っています。

長い間ヤフーブログにはお世話になりました。お付き合いいただいたブログの仲間や訪問者に深謝します。
今朝現在で訪問者数350251名でした。




引っ越しを試す

FC2ブログで、引っ越しを試してみました。

引っ越しの手順に従いやってみたら、簡単に引っ越しができました。
記事のコメントも移行できるようです。問題は、画像サイズがとても小さくなってしまいます。手順のどこかで、縮小されてしまうようです。

画像が大切なブログで、画像がリサイズされて小さくなるのは、困ります。ここは退会、削除かな?画像サイズを元のサイズのままできるならば、OKなんですが・・・・

追記
こたろうさんのアドバイスで、一時記事を削除して、再度お引越しとすることにしました。

追々記
やはり、元画像データの移行はすんなりといきませんでした。もう少し勉強してみます。

4月遠征まで2週間

昨日は当地でも25度を超えて夏日となりました。暖かいのはありがたいのですが、少し汗ばむほどでした。休みということで、遠征準備をしておりました。今回はシンガポール航空のエコノミーで機内持ち込み7kg、預け入れ30kgの制約で遠征となります。

いつもの様にPCとレンズはバックパックとなります。持っていくのは、EF8-15mm/F4L, EF35mm/F1.4 L-II, Voiglander 90mm/f3.5、APO Sonnar 135mm/F2, BORG 77ED-II+F4DGとなります。こんな感じで詰め込みました。とりあえず覚えで、アップしています。
イメージ 1

先日、持っていくAPO Sonnarに、ZXフィルターを付けてテストしました。違いは感じませんでしたが、APO Sonnarらしい良い星像でした。解放だと周辺減光が大きく、画面左右での色収差に少しだけ差があるように思います。F2.8まで絞ると周辺減光は改善し、左右での色収差の差もなくなりました。ベガの周囲に光条がでますが、これで使ってみる予定です。
イメージ 2
撮影データ:Canon EOS6D (HKIR改造) ISO1600 Auto WB
APO Sonnar135mm/F2 絞りF2.8 ZXフィルター使用 2min
EM200赤道儀(AGS-1X改) BORG50+QHY5L-II PHD Guiding
バックグラウンドの色調のみ補正

BOrg 77EDII+F4Dだと、迷光による光条が一本でました。出るときと出ないときがあります。補正レンズやフォーカサーには触毛紙をはっているのだけど、どこから入るのかな?夜間15度程度で、Duo-Narrowbandで撮影し、8分から10分程度の露光をするので、Cooled 6Dで行く予定です。少し重いけれど、スケアリングは大丈夫そうです。
イメージ 3
撮影データ:Canon EOS6D (SEO-SP4 Cooled 6D) ISO1600 Auto WB
BORG 77EDII+F4DG  フィルターなし 5min
EM200赤道儀(AGS-1X改) BORG50+QHY5L-II PHD Guiding
バックグラウンドの色調のみ補正

後は、お天気だけです。

Kenko ZX filter

表題のフィルターを買ってしまいました。

イメージ 1

フィルターの平面性を保持させるため、フローティングフレームを採用して、フィルターガラスへの負荷を少なくして、平面性を高めるとのうたい文句。メーカーHPでのニュートンリングや実写した比較の記事を見てむしょうに欲しくなってしまいました。

望遠鏡はフィルターは入れないのですが、カメラレンズの場合、高価なレンズの前玉を夜露にさらしたくないので、フィルターを入れて撮影してきました。たいていは、Pro1DのプロテクターとかL41なんかを入れているのですが、そこまで画質劣化を意識した事はありませんでした。しかし、最近の4Kや8Kの高画素のカメラだと差がでるかもしれません。

もしかしたら、安心感のためだけかもしれませんが、これを使い撮影してみます。
差があるようであれば、実写結果を報告します。
ハチベエさんの疑問に対しての記事です。

機材の接続は、大きなものはロスマンディ規格といわれるアリガタ、アリミゾでしています。
普通の機材には、ビクセン規格のアリガタ、アリミゾを使っています。
カメラレンズやカメラの接続には、アルカスイス規格のアリガタ、アリミゾを使うようにしています。
カメラとレンズのバランスは、重いレンズになるほど、悪くなってしまいます。大きなレンズには、レンズ側に
台座があるものが多くなりますが、135㎜以下では台座のないことも多いです。

アポゾナーのような天文に人気のあるレンズには、K-ASTECさんのようなところから、バンドやフォーカサーが限定的に発売されますが、しばらくするとなくなってしまいます。
イメージ 1

最近の高性能レンズは大きく、重いものが多く、装着してカメラ側の三脚穴で雲台への固定では大変アンバランスです。そこで、カメラに専用のアルカスイスプレートを装着して、スライドプレートでバランスをとって雲台に装着します。
イメージ 2

イメージ 3
このようにしてカメラとレンズの重心部で固定することで、バランスよくなります。Canonマウントは比較的しっかりしているので、レンズの重さで写りに影響がでるほどのたわみはなさそうです。

レボルルビングにもこのシステムを使います。
イメージ 4

アルカスイスプレートは、アマゾンで買う場合が多いです。中国製のものでも大丈夫でした。

APO SonnarとSIGMA135mm/F1.8Artは、このブログでもユーザーが多いと思います。先行して出てきたAPO Sonnarは、これまでのレンズの常識を覆すような星像で、多くの天文ファンが導入しています。それだけ実績のあるレンズです。SIGMAは後発ですが、少し明るいにもかかわらず、いろいろなサイトの比較記事を見る限りはその性能は、優るともと劣らないレンズとの評価です。自分でもっていないレンズに対してコメントはできないのですが、どちらも大変良いレンズだとおもいますが、中古では実写をしないとわからない部分があります。そのリスクはあると思います。一方、新品のSIGMAのArtは、きちんと管理されており、ダメな場合は交換に応じてくれるでしょう。

全300ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事