全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
一年中で一番寒い時期との事ですが、今年はエルニーニョの影響で、暖冬になるとの予測でした。先日寒波が来ましたが、当地ではたいした事ありませんでした。

昨日は、すごく良い天気でしたが、平日ということと昼間の疲れもあって、遠征を断念しました。還暦過ぎてから、寒さや疲労を感じる事が多くなりました。後ろめたさを感じながら、温かい布団の中で寝入ってしまいました。

先日、APO Sekorの2回目のテストをしたので、アップします。M81,M82と近くの分子雲を狙ったのですが、構図を間違えてしまったのと、防寒対策が不十分で、多数枚撮影する元気がなかったので、分子雲あぶり出しは今回はしておりません。
このレンズは、フォーカス機構がなく、フォーカス機構のあるマウントアダプター調達と、レンズ用の固定するバンドが必要です。MamiyaRBの67版のレンズで、元々はPro用レンズということで、10数年前にはとても高くて買うことのできないレンズでしたが、デジタル化で省みられることがなくなり、中古市場では大変お安くなっています。
私は、ヤフオクで中玉にカビありのレンズを買いました。近いスペックのWOのRed CatやBORGの55FLやVixenのFL55などにも興味があったのですが、諸般の事情でこれを導入しました(笑)。

イメージ 1
Mamiya APO Sekor Z 250mm/F4.5
Canon EOS6D(HKIR改造) Filterなし AutoWB ISO1600 5min x9 (total 45min)
ATLUX赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでガイド
RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像後TIFF→SI8でコンポジット→CS6で少しだけ強調
外気温2℃

元々が67用のラージフォーマットのレンズなので、周辺減光は大変少ないです。6Dのフォーマットでも、周辺まで星像は綺麗です。構図を調整するための回転はバンド部でする事が必要なのが、少し面倒でした。

開く コメント(2)

Duo-Narrowbandの再処理

Duo-Narrownbandで、背景色をニュートラルにしたら、Sh2-308の北の星雲まで緑っぽくなったので、どうしようかと考えていました。
Duo-Narrowabandの画像をL画像にして、2017年に撮影したフィルターなしとHEUIB-IIで作成した画像をRGBとして処理しました。すなわち簡易なLRGB合成として、RGB画像を背景にして、レイヤー1にL画像となるDuo-Narrowbandの画像を重ね、位置を合わせた後に、L画像を輝度として不透明度100%として重ねました。
少し、Sh2-308の色は薄くなりなりましたが、北の淡い星雲は赤く描写されるようになりました。もう少し試行錯誤が必要だと感じました。

イメージ 1

開く コメント(2)

H-alphaとO-IIIの2帯域を透過させる、Duo-NarrowbandFilterのテストをようやくすることができました。

テスト対象は、Vela SNRにしたかったのですが、体調に自信がなかったので、いつもの小屋で撮影できる、おおいぬ座のSh2-308です。ミルクポットとして馴染まれて、最近よく撮影されている対象になります。Wolf-Rayet星の周りのシャボン玉の様な星雲で、通常撮影では淡いのですが、O-IIIで撮影すると良く写ります。

イメージ 1
撮影データ: BORG77EDII+F4DG (330mm/F4.3)
SEO Cooled EOS6D(SEO SP4) STC Astro duo-narrowband使用 ISO3200 8min x10(Total 80min)
Atlux赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでデイザーガイド
RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像後TIFF→SI8でコンポジット→CS6で仕上げ
外気温1度、冷却追加

ISO3200、8分での撮影でしたが、背景のレベルは全然上がってこないです。O-III主体のSh2-308は元画像からけっこう認識できました。Narrowband filterの効果と感じました。
星雲や星の色は背景をニュートラルにするようにしただけです。どう処理をするか、考えていく必要があります。

開く コメント(12)

オリオン座

EF35mm/F1.4 L-IIで、オリオン座を撮影してみました。

35mmの画角でのオリオン座ですが、冬の銀河に寄り沿うようにあり、バラやコーン、カモメも同時に写ります。
良いフラットが作成できなかったので、処理には難渋しました。比較的低空になるので、傾斜カブリや、散在する分子雲などで、背景がムラムラとなりやすかったです。あまり、強い処理もできず、この辺というところで留めています。
イメージ 1
撮影データ:Canon EOS6D (HKIR改造) ISO1600 オートWB
EF35mm/F1.4L-II  絞りF2.5 2min  x20 (total 40min)
K-ASTEC GF-50 ノ-タッチガイド
気温3℃
CS6でRAW現像後TIFF変換→SI8でコンポジット&カブリ補正→CS6で合成後強調と補正処理

開く コメント(6)

部分日食

今日は部分日食がありました。日曜午前で、まったりしていたので、撮影してみました。

イメージ 1
寒いと嫌だったので、庭に面した窓から撮影です。
私が初めて買った望遠鏡であるTAKAHASHIのV-1赤道儀です。65㎜で焦点距離700mmの無理のないスペックのレンズです。手持ちパーツで直焦点撮影してみました。
最初は比較的晴れていたのですが、後半は雲が多くて撮影できませんでした。
イメージ 2

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事