全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

Mamiya APO Sekor Z 250mm/F4.5

タイトルのレンズのテストをすることができました。1月3日の夜は、良く晴れる予定であったのですが、小屋に行きSetupを済ますと、雲がわいてきました。とりあえず、雲間のオリオンでレンズテストをすることができました。4日は仕事はじめで、無理せずに撤収しました。その後良く晴れたかもしれません。

まず、レンズの構成から

イメージ 1
ヤフオクで、外観美品、レンズに写りに影響しないカビありとのことでした。送料入れて25800円のレンズでした。表示どおり、大変綺麗な外観で、明かりに透かすと中玉に小さなカビが点在していましたが、私的にはなんの問題もありませんでした。このレンズは、シャッターがついているのですが、フォーカス機構がありません。フォーカス機構のついたFotodioxのRB67/RZ67 Mount Lens to Canon EOSアダプターを米国から直接購入。$179.95+送料$22.33=$202.28で、PayPal決済で、購入時のレートで23601円でした。

レンズが重量級であったので、固定バンドを考えました。ネット検索をすると、「天文はかせ序二段」でVixen 90mmの鏡筒バンドが使えるとのことで、大阪KYOEIから、ビクセンのポルタ用の90㎜のバンドが¥2160だったのでポチしました。
マウントアダプター側に三脚座があるのですが、ここはヘリコイドで動くので固定できず使えません。バランス的に前側にもう一つバンドをと思い、手持ちパーツを探すとK-ASTECのTB80ASがあり、これがぴったりでした。フードも、ニコンのHN-13にステップダウンリングを介して77mmのフィルターねじに装着できました。手持ちパーツもありましたが、なんだかんだ合わせて、5万円強かかりました。

テストの結果です。カラーバランスのみの調整です。
イメージ 2
Mamiya APO Sekor Z 250mm/F4.5
Canon EOS6D(HKIR改造) Filterなし ISO800 5min
ATLUX赤道儀(AGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでガイド
気温2℃

PIXEL等倍画像です
イメージ 3

結果は調整のほうが不十分な割には、なかなか良い結果になってくれました。少し左上の星に流れがありますが、調整不足のためと思います。中判のレンズなので、周辺減光は大変少ないようです。

開く コメント(6)

新年明けましておめでとうございます。

昨年末は、風邪で体が思うようにならず、色々なところに迷惑をかけてしまいました。お正月は、なんとか体調も戻り、年末年始の家族との時間を過ごすことができました。今日から普段の夫婦二人の生活に戻ることができました。

お正月に貼るような良い写真もないので、昨年末にできなかった2018年の機材の回顧をしてみます。

遠征用 Protex CR5000:海外遠征の際に機材を運搬するためのケースでした。今のところ、機材の損傷はありません。

SIGMA 70mm?F2.8DG Macro Art:良いレンズを入手できたと思っています。まだ十分活用には至っていません。

Feathertouch Focuserの強化パーツ:BORGのオプションパーツにFethertouchフォーカサーがあるのですが、鏡筒との接続部が肉薄で頼りなかったので、COSMO工房さんにお願いして肉厚の強化型【9795】を作成。これで、安定感が増した感じです。BORGでも在庫限りとなっていますが、特注パーツのほうjが絶対に良いですし、安く入手できました。COSMO工房のAさんには、いつ色々なお願いを聞いてもらえて、この場で感謝したいと思います。
イメージ 1

SAWT300:海外遠征用にポタ赤を増やしました。オプションのリモートコントローラーやダブル雲台ベースも購入。

HKIR 6D: 6D mark IIにするかどうか迷ったのですが、6Dが大幅に安くなったのと、Mark IIのノイズ性能がもう一つ評判が良くなかったこと、HKIR改造に興味があったので6Dを新品で購入してすぐに改造に出しました。私には4台目の6Dになってしまう。

Mamiya 250mm/F4.5 APO + Fotodiox EOS Adaptor:天リフで話題となったレンズで、興味がありました。ヤフオクで、安いレンズをぽちしてしまいました。フォーカスとマウント変換のAdaptorは、アメリカのFotodioxのサイトでポチしました(内外価格差が大きいため)。まだ、テストには至っていません。250㎜程度の焦点では、BORG55FLやVIXENのFL55、WOのRed catなど話題となるものもありますが、お安くなりそうなこれにしてしまいました。
イメージ 2
これで250mmのレンズとBORG60ED+C0.72Xの255mmで、ツイン撮影もできそうです。

STC Astro Duo-Narrowband filter:これも、年末の体調不良でテストできないまま年明けとなってしまいました。

最後にSS-one Polar 2用、Pole Master用アダプター:私のSS One Polar 2はタカハシ専用であったのですが、他にも使いたいので、Pole Master用のアダプターをCOSMO工房さんにお願いしました。
イメージ 3

天文機材をいじることは、大変楽しいし、それが結果として見えてくるとなおうれしいです。
今年も天候と健康に恵まれて、いっぱい撮影したいと願っています。撮影できたら、ぼつぼつアップしていいきますので、今年もよろしくお願いします。

開く コメント(10)

毎年、年の瀬に今年の反省を書いています。

 今年は、60歳という年齢もあり、4月から働き方改革を実行した。役職をはずれて、自由な時間が増える予定であったのですが、思うほどは時間は増えなかった。とりあえず、来てくださいねとお呼びがかかるのは良いこととして、頑張ろうと納得させている。個人的には、4月からは夫婦二人の生活に戻った。10月には、2人目の孫ができ、もう一人の息子も既に入籍を済ませ、来年結婚式を予定している。
 しかしながら、悠々自適のリタイア生活になるのは、まだまだ先の話になりそうです。実際のところ外で仕事をしているほうが、精神的に安定しているし、ボケ防止になるし、家内からもうるさがられなくて良い。どこで、仕事と趣味の折り合いをつけていくかが、これからの問題と思います。

毎年お決まりのせりふになりますが、お天気の悪さにずっと悩まされた一年でした。
よく晴れた夜と、不都合が重なることも多かったように感じます。12月には、2度も本格的な風邪をひいてしまい、46Pは見ず仕舞いになりそうです。星については、あまり運のない一年であったと思う。

2回予定していたオーストラリア遠征でしたが、5月のバランディーン遠征は、天気にも恵まれて良い遠征となった。ここで撮影した写真が天文誌に入選させていただいた。

天文ガイド9月号でのNGC6188
イメージ 1

星ナビ9月号の「さそり座南部の散光星雲」
イメージ 2

星ナビ10月号の「へびつかい座の暗黒星雲」
イメージ 3

それぞれ納得のできる作品で、入選してよかったです。

一方9月に予定していたチラゴー遠征は台風による関空の浸水や連絡橋の破損により、2つある荷物のうち1個を空港へ宅急便で送付していましたが、強烈台風のため宙ぶらりん状態となってしまう。直前になってアナウンスされた、振り替えの成田便を利用することもできず、断念となってしまう。その後の秋の天気も、あまり良い日は少なく、11月前半に少し晴れて撮影できたくらいである。非常に消化不良の不満足な一年となってしまいました。

今年はエルニーニョが発生しているようで、来年のお天気はどうなるかです。とりあえず、4月、6月に2回のオーストラリア遠征を予定しています。

開く コメント(4)

12月に2度も風邪になり

今月初めと、先週末の連休の2度風邪をひいてしまいました。どちらも鼻水をたらした孫と遊んで数日後に発症しました。孫からもらったものであれば、仕方ないと思いつつ、今月は何もできないまま過ぎてしましました。

天文のほうは、FBやブログの写真を拝見するばかりでした。

オーディオのマニアではないのですが、家にあるアンプを15年ぶりにオーバーホールに出しました。1987年製のサンスイのアンプで、重さは20kg以上あります。一度目のオーバーホールのときは、メーカ―がありましたが、2度目はメーカー自体がなくなり、ネットで調べて、一番良さそうなところにお願いしました。とりあえず直り、ガリもなくなり、バランスも良くなりいい音を出すようになりました。

次にネットワークワークオーデイオを価格COMで人気ナンバーワンであったものをポチしました。
こちらも、パイオニアとオンキョーが合併して、ブランドは残っているものの会社構成が昔とは違っていました。価格COMの口コミやネットでの評価を見ながら決めたのですが、レンズに比べるとずいぶん安いと思う値段でした。
今は病気で寝ていても、スマホやiPadでポチすれば、翌日にはものが届く良い時代です。ハイレゾ音源やFLACがどうのこうのということですが、とりあえずPCにあるiTuneのMP3データをハードディスクに移動して、スマホでコントロールというスタイルで、良い音が鳴りました。もう少し元気があれば、CDデータを高音質でリッピングしたほうが、さらに良い音がなるのでしょうけれど、既に高音の聞こえない耳鳴りのするわが耳では、違いもわかりそうもないので、今の音源をもう少し検索しやすくして使う予定。ちまたでは、クイーンのボヘミアンラプソディーが話題となっていますが、その時代のクイーンには、それほど共感はしませんでした。今聞くと、懐かしいと感じてしまいます。音楽とはよくいったもので、音を楽しむことで、気分が軽くなります。今月のフラストレーションは、この2つで少し解消できたようです。

開く コメント(8)

P話題のQuad BP filterとLPS-V4の透過率の特性をそれぞれ、HPから拝借して、Wave Lengthを上下で合わせて比較しました。

イメージ 1

LPS-V4のほうは、下の帯域が少し広く、逆にQuad BPのほうは上の帯域が広く、SIIまでを含んでいることがわかります。これで、どれくらいの画像の差ができるのか?です。
私は、LPS-V4があるので、導入はしないつもりです。

2018.12.12追記
天文リフの山口さんが、フィルターの違いを詳細に比較してくれています。上記に書いた様に、少しの差があるのですが、実写ではLPS-V4のほうが赤色域が狭い分、Rチャンネルののノイズが多くなるとの事。一方、QBPフィルターでは、Gチャンネルの幅を狭くしているのだけれど、デジカメはG画素のベイヤーセンサーの数が多い分、ノイズに有利で巧みな設定と解説していました。似て非なるフィルターの様です。ぴんたん師匠の作品をみると欲しくなりますね。

開く コメント(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事