最近の話題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
西日本の大雨は大変な状況のところがいくつもあり、被災された方々には、お見舞い申し上げます。当地も昨夜はかなりの雨となりましたが、線状降水帯には入らなかったようで、近くの水路の水かさが上昇した程度でした。

さて、今月のフォトコンは、残念ながら撃沈しました。南天撮影第一弾で、77EDIIでのLMCと90㎜で撮影した南十字からηカリーナを送ったのですが、強調しないでも綺麗だったので、ストレートに投稿しました。それが悪かったのか?
最近のフォトコンは、レベルアップして、並の作品では入選が難しくなっていると感じます。入選が目的で撮影したり、南天にまで行っているわけではありませんが、少し寂しく感じるのは仕方ありませんね。

本日は、自宅でのんびりと9月の遠征準備をしたり、次回応募のプリントをしたりしています。Pro-10Sのプリントですが、まあまあいい感じにプリントできています。と思ったら、インクが無くなり、買い置きのカートリッジに交換したのですが、手持ちの予備もなくなってしまい、一色足りません。

インクカートリッジの注文ですが、前回アマゾンで頼んだキタムラネットショップのものは表示がありません。大変高い値段が表示されています。安いのは互換インクばかりです。アマゾンからは、インクを買うのはやめることにしました。しかし、Pro-10SのインクはPGI-73はポピュラーではないようで、田舎では入手が難しいです。キャノンのオンラインショップのほうが安く、価格COMではもっと安い店もあります。送料込みでの値段で考えてみる必要があります。

写真なしでは寂しいので、5月遠征の際に試しで撮影したM8とM20をアップします。M8の中心部は、明るいので処理が難しいです。多段階露光などをしないと構造が出てこないです。9月はまだ撮影できるので、どうするか考え中です。
イメージ 1
撮影データ: BORG77EDII+F4DG (330mm/F4.3)
Canon EOS6D(SEO SP4) HEUIB-II Filter使用 ISO1600 6min  x8(Total 48min)
GP2赤道儀(BLDドライブAGS-1S改) M-GEN Kowa 75mmでデイザーガイド
RAP2でダーク&FLAT→CS6でRAW現像後TIFF→SI8でコンポジット&カブリ補正→CS6で仕上げ
台風21号が接近しているさ中の先週土/日に、香川のまんのう天文台にて、四国星空研究会のミーティングがありました。悪天候の中、四国内外から10名の参加者があり、オーストラリア遠征や北米日食の報告、RC鏡であるGS-200RCの光軸調整などの発表がありました。皆さんの発表は大変興味深くて面白く、刺激となりました。
悪天候であり、カメラも持って行かなかったので、今回の会の写真は撮影していなかったので、文章だけで申しわけありません。

姫路のTさんが、持って来られたGSO(GSと同じ)200RC鏡の光軸調整は、特に興味ある話でした。光軸のあったRC鏡の星像にびっくりでした。ただ、光軸調整のためには、Howie Glatterのレーザーコリメータと高橋のセンタリングスコープを使うとの事。その他、あれこれと工夫をされて、5年で完璧なものにしていったとの事でした。RC鏡自体の潜在能力は高いようですが、調整ができずに宝の持ち腐れ状態が多いとのご指摘で、私の胸にぐさりと刺さりました(汗)。分解するのも、少しコツがいるようです。また、パーツの中で劣化する部分があり、Oリングも5年でダメになるので、モノタロウで同じものを買い付け替えたとか、イモネジもボールスクリューを使うとか、色々とノウハウを紹介していただきました。我が身を振り返ると、退職して時間ができてからでないと、GS-200RCに向き合うことはできそうもありません。

また、APS-サイズのASIの冷却カメラとSS-oneのCMOS Captureを持って来られており、拝見いたしましたが、大変良さげで物欲をそそられました。ZWOのカメラは価格的にも、びっくりするほどの値段ではないので、少しグラグラきました。

夜は、雨音のふりしきるキャビンでの二次会となりました。少し台風の事は心配でしたが、アメダスの方でも時間雨量が大したことなかったので、まず大丈夫ということで、深夜まで話は尽きませんでした。
夜が明けて、解散となるころには風雨ともきつくなってきました。山道を下っていきましたが、落ち葉が多くて、路面が落ち葉で覆われたような状態でした。

お世話になった、Yさん、天文台のY山さん、ありがとうございました。また、機会があれば情報交換の場を持ちたいです。

日曜のお昼には家に帰り着いたのですが、それから風雨がきつくなり、どこへもいけません。少し機材を調整しました。カメラレンズのツイン撮影用のシステムを自由度の高いものにするため、レボルビング装置をもう一つ導入しました。大きな眼鏡の様になりました。LBプレートの在庫が無い様で、とりあえずZプレートを買いましたが、スライドプレートにはうまくつなげませんでした。
イメージ 1
これで、APO SonnarとSamyangのツインを撮る予定です。NIKON用のレンズをもう一本買いたいところですが、来年の遠征費用を工面するため、少し考え中です。
新月期になりましたが、晴れる予報が出てきません。今年の西日本の夏は、暑いだけで星を撮影することのできる夜は、大変少なかったです。

来年の事を考えて、機材の整理をしようと、久しくお蔵入りであった、冷却40Dを取り出して、ヤフオクに出品しました。久しぶりの電源ONのときは元気よく目覚めたのですが、昨日電源を入れると、うんともすんとも言いいません。電池の問題かと思い、電源を変えてみましたが、ダメです。電池ボックスをブロワーで吹いて、電池を入れ替えたりもしたのですが、ダメでした。ネットで調べると、40Dにはこの症状が良く起きるとのことでした。基盤交換が必要との事。既にメーカーでの修理保証の期間は過ぎており、キムチ改造なので、まず直すことは不可能と思います。
ヤフオク出品を取り消しました。取消料を取られました。
イメージ 1
残念なことに、デジタルカメラは、壊れると、ただのゴミと化します。

その点、アナログな望遠鏡は長持ちです。

来年の事

なかなか来年の日食ツアーの料金の発表がなかったのですが、どうも高騰しているようです。
星ナビ協賛は、748,000円〜928,000円とか、天文ガイド協賛のほうは未だ不明。

安いので、1960ドルなんてのがあったのですが、現在キャンセル待ちとか?
3分の皆既日食に対して、少し高すぎじゃないでしょうか?個人で、米国往復の飛行機とレンタカー、モーテルを押さえて行くほうが良いかもしれません。皆既食は、米国の広い範囲であり、特に空の暗さとは関係なく、晴天率が重要になります。米国の西部の砂漠地帯なら、晴天率も治安も問題ないでしょう。皆既帯近くのメジャーな空港までの飛行機を早めにキープすると良いと思います。FBでも、その方法を取られている方がおられました。

私ですが、当初日食に行くつもりでしたが、3分に対しての代価が少し高いなと感じています。また、今年のNZ遠征の写真を見て、南半球への思いが強くなってしまいました。
今月号の最優秀作品は、大学時代の天文学研究会の後輩の作品になります。この作品はチラゴーで撮影されたものですが、昨年この天文研のメーリングリストから、オーストラリア(チラゴー)遠征ツアーの案内があったのですが、その時期はたぶん忙しくて無理と判断し、泣く泣くあきらめました。しかし、ここまで日本の天気が悪いと、仕事を少しセーブしてでも、出かける気になりました。うれしいことに、来年も行くとの案内をもらいました。ということで、来年はアメリカではなく、オーストラリアのチラゴーに行くことにしました。

今月の天文ガイドの記事にもありましたが、大変良い空が待っているようです。
南緯17度ということで、さっそく一つ目の機材を調達しました。もっていく赤道儀は一つはK-ASTECのGF-50にしています。これに組み合わせるXY50のオプションに15度プレートがあり、これを調達いたしました。ポタ赤の精密な極軸合わせには大変便利なものです。
イメージ 1

もう一つは、小さめの赤道儀にしようと思っています。不慣れな空なので、自動導入ができるものが良いと考えています。晴れないのと、忙しいのとで、実戦投入できていませんが、SS-One改造したV-1赤道儀を考えています。三脚については、重さを計算して、できるだけ軽いものでいくつもりです。
天気の悪い秋分の日の、来年の事を考えてあれこれと妄想しています。

東京出張で見た乗り物

先週末は東京出張でした。

東京都庁の前の京王プラザホテルが会場でしたが、新宿駅を降りて、都庁方面に行くのは、これで2回目でした。高層ビル街で、どちらに何があるのか迷子になりそうでした。豊洲問題で揺れている都庁とおもいますが、丹下健三設計のこのビルは、恰好いいのか、いかめしいのか?
イメージ 1

無事に仕事を終えて、羽田から帰りましたが、羽田空港でNSXが展示されていました。
イメージ 2
これもかっこいい車なんでしょうけれど、初代NSXに比べると、少しいかめしい感じを受けました。庶民には手の出ない価格です。

飛行機に無事乗って、滑走路に向かう途中で、久しぶりに見るジャンボジェット747です。尾翼に日の丸がついています。政府専用機のようです。初めて見ました。このどちらかに乗って安部さんは、NYへ行ったのだろうと思います。Wikipediaによると、1991年に導入されて、2019年に退く予定で、後継機は777との事です。
イメージ 3

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事