ここから本文です
ぶーちゃんな日々
ひさしぶりの山は日光女峰山、雪に降られました。

書庫全体表示

11月5日(日) 天気:雪のち晴れ

イメージ 1
5日朝起きてみると、風が強く雪もちらついている。
小真名子山・大真名子山はあきらめ、
女峰山を往復して志津林道に下山することにする。

小屋内の男性パーティーはお食事中。
外のテントパーティーはすでにどちらかへ下山したようだ。

イメージ 2
今季初霜柱!

イメージ 3
女峰山に向かう。

イメージ 4
唐沢を横断する。

イメージ 5
横断した後にガレ場を登るところはちょっと緊張した。

イメージ 6
ふたたび樹林に入ると霧氷で真っ白な景色になる。

イメージ 7
うっすらと雪も積もっている。

イメージ 8
小屋から40分ほどで女峰山の頂上に着く。
景色は全く見えない。
人の気配もない。

イメージ 9
山頂の霧氷は大きい。

イメージ 10
写真を撮って早々に下山する。

小屋に戻ると誰もいなくなっていた。
男性パーティーは山頂に行かずに下山したようだ。
わたし達も荷物をまとめて小屋をあとにする。
小屋を出ると登って来た登山者がいて少し立ち話。
この日見かけた唯一の登山者だった。

イメージ 11
きのう下りてきた水場には氷の芸術ができていた。

イメージ 12
水場直下で唐沢をトラバースする。

イメージ 13
少し下って女峰山を振り返る。
山頂は雪雲の中に入っていて見えない。

イメージ 14
登山道は左に沢を見て下っていく。
沢には堰堤が連続していた。

イメージ 15
荒沢出合。
この標識には馬立となっているが・・・

イメージ 16
荒沢を渡って急登を15分、これがキツかった。

イメージ 17
林道に出る。
地図ではここが馬立となっている。
あとは林道をたどるだけだ。

イメージ 18
前日歩いた黒岩尾根が見える。
山頂はまだ雲の中。

イメージ 19
行くはずだった大真名子山。

イメージ 20
男体山はいつの間にか雲がなくなっていた。
荒沢出合の少し上では雲に隠れていたのに。

イメージ 21
志津乗越。
登山者を見かけることもなかった。

イメージ 22
きれいなカラマツ林が続く。
道は一面に松葉が散り敷いている。

イメージ 23
梵字飯場跡、車はここまでしか入れないようだ。
数台駐車されていたけれど、どこを登っているのだろうか?
行き会った登山者は本当に少なかった。

イメージ 24
さらに45分林道を歩いて三本松バス停に着く。
ちょうどすぐにバスが来て乗ることができた。
時間があるので日光駅近くで温泉に入って帰ろうと話していたのに、
道路が渋滞して温泉に入る時間はなくなってしまった。

6:00唐沢避難小屋―6:40〜45女峰山頂上―7:15〜45唐沢避難小屋―8:55〜9:10荒沢出合―10:45志津乗越―12:30梵字飯場跡―13:15三本松バス停

この記事に

  • いやぁー、山頂寒々しい光景ですね。

    もう、すっかり冬ですね。

    bunazuki

    2017/11/15(水) 午後 11:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > bunazukiさん
    雪が積もっていればそれなりの装備で山に行きますが、この季節は微妙ですね。
    でも雪が降るとやっぱりワクワクします。
    早く積もってほしいです。

    nincabe

    2017/11/16(木) 午後 6:45

    返信する
  • 顔アイコン

    相当冷え込んだのですね。山頂からの景色はお預けとなりましたが、成長した霧氷や氷の芸術も見れて、静かな初冬の山も好ましいですね♪
    今頃はもう降り積もっているのでしょうか。

    山で会えたら

    2017/11/18(土) 午後 5:07

    返信する
  • 顔アイコン

    > 山で会えたらさん
    5日は晴れると思ったのですが、午前中はだめだったようです。
    霧氷が見られただけでも良かったです。気温高くて雨だったらもっとがっかりしたでしょう。
    まだそんなには積もっていないでしょうが、きのう辺りはまた降ったかもしれないですね。

    nincabe

    2017/11/19(日) 午後 9:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事