ここから本文です
ぶーちゃんな日々
引っ越し前に記事の整理をしています。

書庫全体表示

4月13日(土) 天気:快晴

小笠原に来て4日目、ようやく快晴になった。
この日は南崎の小富士に登った後、帰りの船に乗る。

イメージ 1
ナンプーの朝食。
和食か洋食を選べてわたしは洋食を選択。

小富士もSさんにガイドしていただく。
登山口までの足が確保できれば誰でも簡単に行けるようだが。
港の観光案内所でSさんと待ち合わせ、車で登山口に連れて行ってもらう。

イメージ 2
母島の交通標識にはヤドカリ注意がある。

イメージ 3
都道最南端が登山口。

イメージ 4
きのうと同じく、靴裏に殺菌剤をスプレーしてから入る。

イメージ 5
乳房山同様ここにも小鳥の水場がある。
写真はペットボトルに水をためる装置。
木の幹にロープが巻かれ、先端がペットボトルの口に入れてある。
降った雨が木の幹からロープを伝わってペットボトルにたまる仕組み。
水の少ない島ならではの工夫だ。

イメージ 6
ジャングルの中を行く。
ほとんど平坦。

イメージ 7
30分弱でスリバチ展望台。

イメージ 8
昔はここで子ども達が滑って遊んだそう。
昔よりも急になってしまったので今は危険。

イメージ 9
周囲はタコノキの森になる。

イメージ 10
またハハジマメグロに会えた。

イメージ 11
さらに20分で南崎と小富士の分岐。

イメージ 12
ようやく登りになり、急な階段が続き、最後に小さなハシゴを登る。

イメージ 13
階段を上がると素晴らしい景色が広がる。

イメージ 14
小富士の先端まで行く。
ここは日本で1番南にある故郷富士、標高は86m。

イメージ 15
南側、鰹鳥島(一番手前)の景色。
遠くの島は姉島。

イメージ 16
西側眼下には南崎のビーチ。
遠くの島は向島。

イメージ 17
北には沖港、乳房山も見える。
ようやく群青色の海が見られた!
最後に小富士に来てよかった!
いつまでも眺めていたいけれど、船の時間があるのでもどる。

イメージ 18
分岐から南崎に寄り道。

イメージ 19
南崎のビーチから小富士。

イメージ 20
南崎のビーチの景色。

イメージ 21
きのう乳房山ではつぼみしか見られなかった
シマギョクシンカが咲いているところも案内してもらった。

イメージ 22
シマギョクシンカの花。

沖港まで戻り、登山証明書をいただいた。
こうして2日間の母島登山が無事に終わり、ははじま丸に乗った。

8:20都道最南端―9:30〜40小富士―10:50都道最南端

イメージ 23

イメージ 24

  • 天候に恵まれるとすごくいい景色が見られるのですね‼

    ちー

    2019/5/1(水) 午後 7:12

    返信する
  • 顔アイコン

    やはり青空だと海の色、波の白、黒い岩等がひと際映えて美しいですね。
    ヤドカリ標識が微笑ましいです

    はなゴン

    2019/5/2(木) 午後 9:25

    返信する
  • 顔アイコン

    > ちーさん
    山でも海でも天気によって景色が全く違いますね。
    ガイドさんに言わせると本当のボニンブルー(小笠原の海の青さのこと)はもっときれいだそうです。

    nincabe

    2019/5/8(水) 午後 6:22

    返信する
  • 顔アイコン

    > はなゴンさん
    最後の日だけでも晴れてくれて本当に良かったです。
    小富士は1時間くらいで登れて登山というほどの山ではないのですが、小笠原でここが1番印象に残りました。

    nincabe

    2019/5/8(水) 午後 6:30

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事