ここから本文です
ぶーちゃんな日々
引っ越し前に記事の整理をしています。

書庫全体表示

メンバー:H 天気:晴れ

今年のGWは10連休といってもそんな長い山に行ける体力はもうないし、
前半はお天気もはっきりしない予報だったので日帰りハイキングに行くことにする。

2年前に『大菩薩嶺』の登山地図を買い替えたところ、
笹子峠周辺に以前は載っていなかった登山道がずいぶんと増えていた。
古い地図には山の名前さえ載っていないマイナーな山だが、ちょっと気になっていた。
どんな山かはわからないけれど、春らしい景色が見られればいいなぁと出かける。

イメージ 1
甲斐大和駅から出発する。

たくさんの登山者が下車したのでどこの山へ行くのかと思えば、
ここから大菩薩の上日川峠行きのバスが出るんだね。
駅から歩きだす人はわたし達の他にいなかった。

最初は登山地図ではわかりにくく、駅にあったパンフを参考にした。
駒飼宿を通り、笹子峠を目指して車道を歩く。

イメージ 2
山にはまだサクラが咲き、芽吹きの緑が初々しい。
こういう色合いが見たかったんだ。

イメージ 3
駅から1時間15分歩いたところで峠道(登山道)に入る。
地図には清水橋とあるが、橋に名前はなかった。

イメージ 4
ようやく舗装道から開放される。

イメージ 5
途中の小沢に架かる橋は木が腐って折れそうで怖かった。
あまり歩く人もいなくて整備はされていない感じの道だ。

イメージ 6
芽吹きの林の中を登る。
この辺りでは後方樹間に白い八ヶ岳が垣間見えた。

イメージ 7
峠道に入って40分くらいで一旦車道に出て旧笹子トンネルを見る。
車道を横断して峠道を笹子峠へ行く。
この辺りで後ろから単独男性に追い抜かれ、前方からきた男女ペアとすれ違う。

イメージ 8
笹子峠。

さっき追い抜いて行った男性は笹子雁ヶ腹摺山に向かったのか、もういない。
わたし達が進むカヤノキビラノ頭への道はしばらく人が歩いた形跡がない。

イメージ 9
急な斜面をマメザクラやミツバツツジの花に慰められつつ登る。
15分ほど急登が続き、あとは軽いアップダウンを繰り返し登って行く。

イメージ 10
峠から30分で中尾根ノ頭の標識がある小ピークに着く。
写真右のピークがカヤノキビラノ頭らしい。

地図を見ると中尾根ノ頭までが50分、
そこからカヤノキビラノ頭までが40分となっている。
あと40分でカヤノキビラノ頭か、
それにしては遠いなと思いながら歩いているとベンチのある小ピークに着いた。
どうもこちらが地図上の中尾根ノ頭で
さっきのはその手前にある1278mピークらしい。
よくよく地図を見るとこのことも小さい字で書いてあった。

イメージ 11
中尾根ノ頭からの下りでは、
右側が崩壊して登山道が狭くなっているところがあった。
濡れたり凍結しているときは注意がいる。

この日もまだ少し霜柱が残っていた。
山はまだまだ寒いのだ。
また同じような崩壊地がカヤノキビラノ頭までの間にもう1か所あった。

イメージ 12
カヤノキビラノ頭に到着。
アップダウンが多く、かなり疲れた。

周囲はカラマツ林で南に富士山が見えるが、
木がジャマになって写真がうまく撮れなかった。
ここでカップラーメンのお昼を食べる。

イメージ 13
カヤノキビラノ頭にあった地図。
まだ新しい。
このあと大洞山、ボッコノ頭、大沢山を経由して笹子駅に下る。

イメージ 14
カヤノキビラノ頭をあとにする。
大洞山を過ぎた所で単独男性とすれ違う。
笹子峠付近以外であった唯一の登山者。
このコースは本当に人が少ない。

イメージ 15
前方樹間から富士山。

イメージ 16
大洞山から下ったところにある摺針峠。
ここから笹子駅までの道もあるようだ。
疲れたのでここから下ってもいいかな、とちらっと思ったけど‥

イメージ 17
右手には南アルプスが見えるが、
これも木にジャマされなかなか写真に撮れるところは少ない。

イメージ 18
ボッコノ頭はカヤノキビラノ頭から1時間20分。

イメージ 19
ボッコノ頭からは方向が変わり東に向かう。

イメージ 20
大沢山からは北東へ尾根を下る。
分岐にある古い道標には道跡不明瞭とあった。

イメージ 21
この尾根が長くて疲れた体にはつらかった。
でもツツジやサクラが咲き、とてもきれいだった。

イメージ 22
鉄塔のところで休憩。

イメージ 23
サクラと芽吹き、きれいな尾根。

イメージ 24
新緑の林。

イメージ 25
最後は稲村神社の裏に下る。
ここにもまだサクラが残っていた。

あとは車道を30分笹子駅まで歩いた。

8:45甲斐大和駅―10:00〜10清水橋―11:05〜10笹子峠―12:35〜13:05カヤノキビラノ頭―14:25〜40ボッコノ頭―15:25〜35大沢山―17:10〜20稲村神社―17:45笹子駅

  • 顔アイコン

    笹子周辺にこんな山があったんですね。これはかなりマイナーな域に入るところでしょう。全く知りませんでした。
    静かな早春が堪能できる山行になりましたね。

    はなゴン

    2019/5/9(木) 午後 9:14

    返信する
  • 顔アイコン

    > はなゴンさん
    わたしも以前は笹子周辺は滝子山や清八峠辺りばかりに目が行っていました。
    ヤマレコには冬の記録がいくつかあっただけで冬枯れの写真ばかりで植生が分からなかったのですが、尾根上などツツジの木が多かったのでもう少ししたら花が咲いていいかもしれません。

    nincabe

    2019/5/10(金) 午後 0:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事