ここから本文です
ぶーちゃんな日々
引っ越し前に記事の整理をしています。

書庫全体表示

山頂に行く前に蝶ヶ岳ヒュッテの受付をする。
狭い入り口はごった返しており、並んで待つ。

イメージ 1
ヒュッテのフロント。
写真は翌朝撮ったものなので静か。

わたし達は夕食のみ宿泊で一人8500円。
2食付きだと10000円、消費税10%になるといくらになるのかな?

イメージ 2
大混雑で靴をしまうところがないくらい。
夏と違って靴も大きいし、アイゼンもあるから。

イメージ 3
客室はこんな感じ。

ダブルサイズのお布団1枚にに2人か3人。
わたし達は単独の女性と3人だった。
夏のお盆時期はもっと混むのかもしれないけれど、
小屋泊まりの経験は少なく、こんなに混んでいるのは初めてだ。
ザックは部屋に入れられず、廊下に置く。

場所を確認したら、山頂へ行く。

イメージ 4
蝶ヶ岳の頂上。
ヒュッテから山頂へは5分もかからないくらい近い。

イメージ 5
山頂から西側、穂高から槍ヶ岳の眺め。

イメージ 6
北側には蝶ヶ岳ヒュッテと常念岳。

イメージ 7
槍ヶ岳にズーム。
写真をいっぱい撮ってヒュッテに戻る。

お茶でも飲んでゆっくりしようとして重大な忘れ物に気付く。
ガスは持ってきているのにコッヘル(鍋)がない。
Hはわたしが持っていると思い、わたしはHが持っていると思っていたのだ。

チタンのコップを持ってきていたので少量ずつではあるけれど、
なんとかお湯を沸かすことができてお茶を飲めた。
言わなくてもわかっていると思い込んで
トラブルが起きることが増えたような気がする。
山に限らず、気を付けなくては。

イメージ 8
蝶ヶ岳ヒュッテの夕食。
ごはんとお味噌汁はお替りできる。
この日は3回転でわたし達は3回目だった。
この時間はちょうど日が沈むタイミングだったのは残念だった。

イメージ 9
夕食後、外に出てみるとやはり日が沈んだあとだった。
ちょうど大キレットのところに沈んだのだろうか。

イメージ 10
穂高連峰

イメージ 11
槍ヶ岳

この日はすることもないので19時くらいから横になってはいたが、
案の定眠れず、寝返りばかりうって耐えていた。

部屋は人が多いせいか予想以上に暑く、
掛け布団をはいだり、着ていたダウンを脱いだり落ち着けなかった。
また入り口近くの場所だったので
夜中にトイレに行く人がいるのも睡眠の妨げになった。
夜半過ぎようやく気温が下がってきてウトウトしたが、
4時には起きだす人もいて結局ほとんど眠った気がしなかった。

4日は行動時間5時間程度で早起きする必要もないので
のんびりしていて起きだして外に出たときはすでに日が昇っていた。

イメージ 12
5月4日、ちょっとタイミングが遅かった日の出。

イメージ 13
モルゲンロートに染まる山々。

イメージ 14
左奥から御嶽山、乗鞍岳、霞沢岳、焼岳、明神岳かな。

イメージ 15
奥穂、涸沢岳、北穂。

イメージ 16
槍ヶ岳

イメージ 17
瞑想の丘からモルゲンロートを見る人々。

  • 顔アイコン

    蝶ヶ岳からは流石の展望です。登った甲斐がありますね。
    GWでもこんなに小屋混むんですね。私もそんなに大混雑の小屋は経験なかったのですが、昨秋の阿曽原小屋はこんな感じになりました。

    はなゴン

    2019/5/14(火) 午後 6:53

    返信する
  • 顔アイコン

    > はなゴンさん
    混んでいるとは覚悟していましたが、これほどとは思いませんでした。
    今までの小屋泊ではせいぜい布団2枚に3人くらいしか経験ありませんでした。
    蝶ヶ岳は雪山初心者でも行けるので人気なんですね。しかもヤマレコ5月のおすすめになっていましたし。

    nincabe

    2019/5/15(水) 午後 4:55

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事