ここから本文です
ぶーちゃんな日々
引っ越し前に記事の整理をしています。

書庫全体表示

5月4日(土) 天気:快晴、一時雪

朝食はチタンカップでお湯を沸かしてアルファ米とスープですませた。
小屋の朝食は夜と違って時間指定がないらしく、
皆さん食堂に並んで待っていた。

イメージ 1
山としては遅めの7時に蝶ヶ岳ヒュッテをあとにする。

イメージ 2
この辺りは登山道に雪はない。

イメージ 3
瞑想の丘の展望レリーフ。
ちょっとわかりにくい。

イメージ 4
30分弱で横尾への分岐。

常念岳へ向かう人よりここから下る人の方が多いみたい。
ザックのデポがあるのは横尾に下る前に蝶槍まで行く人がいるから。

イメージ 5
上高地方向の景色。
梓川が見える。

イメージ 6
蝶槍には人がいっぱい見える。

わたし達が蝶槍まで行ったときにはもう登山者は少なくなっていた。
特に標識などはなかった。

イメージ 7
蝶槍から先のルート。

登山道に雪が出てくる。
少し下ったところでアイゼンを付けた。
同時にポールからピッケルに持ち替えたのだが、
わたしは歩きづらくてしばらくしてまたポールに戻した。

イメージ 8
全面雪山に変わる。

イメージ 9
振り返って」蝶槍の下り。

イメージ 10
今度は登り。
アップダウンが多い。

イメージ 11
蝶槍から常念岳まではいくつかの小ピークを越えていく。

イメージ 12
ここは右の雪上のトレースを歩いてもいいし、左に夏道も出ている。

イメージ 13
雪上を歩いて小ピークの上に立つとその先に雪はなかった。
ここでアイゼンを外す。

イメージ 14
ガレガレの登山道は冬靴だと歩きにくい。

イメージ 15
すごい景色のところを歩いていたんだね。
歩いているときは必死だからあまり意識していなかったけれど。

イメージ 16
後方の景色も雄大!

イメージ 17
これが最後の登り…

イメージ 18
と思ってからが長い。

イメージ 19
ようやく山頂に着く。

イメージ 20
常念岳の頂上2857m

  • 顔アイコン

    雪が付くと景色もガラリと変わりますね。惹きつけられますよ〜
    稜線は思いのほか雪は少なくなっていたんですね。

    はなゴン

    2019/5/15(水) 午後 6:33

    返信する
  • 顔アイコン

    > はなゴンさん
    ですよね。白黒はっきりしてより立体感を感じます。
    GWごろだと日当たりのよい稜線は夏道になっているところが多いです。
    でもアイゼンも必要だし、面倒でもこまめに付けたり外したりしたほうがいいですね。

    nincabe

    2019/5/16(木) 午後 5:48

    返信する
  • 顔アイコン

    ホントにすごい景色!日本のアルプスも素晴しいですね。
    ガレガレの下りが怖いです。昔は下りは好きだったのになぁ。

    山で会えたら

    2019/5/28(火) 午前 9:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > 山で会えたらさん
    わたしも昔は下りの方が得意だったのですが、今は急なところは下りより登りに使いたいと思うようになりました。
    時間もかかるようになって、これも仕方ないことですね。

    nincabe

    2019/5/29(水) 午後 2:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事