九谷焼百話

吉田屋、宮本屋、松山、明治の名人たち……そして、扱いが難しいですが古九谷。多彩で奥が深い、九谷の魅力を見つめたいと思います。

最新記事

すべて表示

第一五二話 ◆ 色絵陶片は語る

九谷と有田の上絵窯跡周辺から出た色絵陶片は、 第一三一話 で紹介した加賀藩邸跡や大聖寺藩邸跡の 出土品のような、わかりやすいものではありません。 しかし双方とも、“奇跡の五色”らしき痕跡は見て取れます。 九谷 ...すべて表示すべて表示

第一五一話 ◆ 登り窯と上絵窯

2017/5/10(水) 午前 1:24

(登窯展示館 石川県小松市) 一般的に窯というと、このように斜面に作られて 素地を焼く登り窯が連想されるでしょう。上絵窯は、 それとは規模も構造も焼く温度も、全く異なります。 色絵磁器を作るには ...すべて表示すべて表示

古九谷論争は、一般的には1990年代初頭に 伊万里説で決着したと言われています。 しかしその後も研究や発掘は進み、有田でも九谷でも 次々と新しい事実が判明しています。 一番重要なのは、2000年代に入ってから双 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事