九谷焼百話

吉田屋、宮本屋、松山、明治の名人たち……そして、扱いが難しいですが古九谷。多彩で奥が深い、九谷の魅力を見つめたいと思います。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

1660年ごろを最後に、加賀藩(と大聖寺藩)は
有田に特注ができなくなりました。
一方で九谷村の窯は、すでに稼働していました。


そこでは素地作りだけでなく“五色”による
絵付けの試みも、独自に進められていたと思われます。
今も数少ないながら残る「九谷素地、九谷絵付け」の
古九谷が生み出されたのは、このころでしょう。

しかし第一六二話でも触れたように、
九谷窯の素地作りはあまりうまく行かず、
製品に使える白磁の量は限られていました。
一号窯が使われなくなったという1670年ごろまでには
九谷素地による古九谷製作は断念されたと考えます。
以後、素地は全て有田製になりました。

なお、九谷窯に隣接する九谷A遺跡の上絵窯
試験製造用に過ぎず、本格的な絵付けを行う上絵窯は
大聖寺城下にあったと思います。
実際そういう伝承もあります。
有田素地をわざわざ山奥に運ぶメリットはなく、
上絵窯だけなら街中の方が当然便利です。

1660年代、70年代、80年代は
過ぎ去った桃山の豪放さが残りつつ、
近づく元禄の華やかさも薫ってくる、
そんな時代でした。

そうした時代相を色濃く現し、
中国陶磁の直接的な影響を脱した色絵磁器が、
“奇跡の五色”を使って
作られたのではないでしょうか。

イメージ 1
1667年発行の「新撰御ひいながた」と青手古九谷 (第一六〇話参照)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

佐賀藩にとって色絵磁器は、
幕府への献上や海外貿易のためのものでしたが、
加賀藩は自分たちが欲しかったのだと思います。
最上手古九谷は松ヶ谷と違って
江戸城から出ずに加賀や大聖寺の藩邸跡から出ます。
輸出にほとんど使われず、主な伝世地は地元北陸です。

贈答には使ったでしょうが、それは藩内での下賜が
多かったのではないでしょうか。
だからあまり外には広がりませんでした。

1640年代に有田への委託生産から始めた
「奇跡の五色プロジェクト」ですが、
自前でも作りたくなったのは当然の流れでしょう。
1650年代に有田にならって窯を九谷に築き、
試験的な製造を始めます。

ほどなく重大な転機が訪れました。
1659年、有田が本格的な海外輸出に舵を切ります。
色絵磁器の絵付けは赤絵町に集約され、
生産方針が大きく変わったのです。

イメージ 1
色調を穏やかにした初期輸出色絵
画像:東京国立博物館 http://webarchives.tnm.jp/

結果として加賀藩は
特注品を作ってもらえなくなったと考えます。
グローバル商品にシフトしたい有田にとって、
輸出に向く穏やかな色調に生産ラインを
統一した方が効率的だったのでしょう。

自ら主導したスタイルでなかったからこそ、
有田はあっさりと“五色”を
捨て去れたのではないでしょうか。


一方、“五色”にこだわる加賀は
自前の九谷窯に注力せざるを得なくなりました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

色だけでなく絵付けについても、
加賀藩は注文を出していたでしょう。
日本画の絵師の筆か、と思わせる作品が時折あります。
加賀の古九谷は「中国色絵風を脱し日本的な絵付けを」
というコンセプトで始めたのではないかと思います。

イメージ 3

一方、受注生産を引き受けていた佐賀藩側でも、
五色を独自に活用した作品群を生み出しました。
一つが幕府への贈答などに使われた松ヶ谷です。
同じ色を使っても、古九谷とは大きく違う作風でした。

イメージ 1

次のような雰囲気の作品も、
佐賀藩(あるいは有田の窯元)のプロデュース
ではないかと思います。

イメージ 2

赤を基調とし、
一般的な草花文などを配した穏やかな作風で、
後の柿右衛門の土台となっていく作品群です。

色絵磁器を作る目的や美的感覚は、
加賀藩と佐賀藩ではっきり異なっていました。
佐賀藩も五色を使ってみたものの、
恐らく「しっくり来なかった」のだと思います。

だから松ヶ谷は(極めて独創的な作品群でしたが)
短期間で作られなくなりました。
柿右衛門系統は色調を明るめに変えていきました。

“奇跡の五色”は加賀の美意識にこそ合致し、
生かすことのできた色だったのです。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 2

初期段階の“奇跡の五色”でしょうか。
まだ泡立ったりして絵具として安定していませんが、
すでに色調はほとんど完成しています。

五色は有田でおそらく祥瑞手に続いて開発が始まり、
1650年代前半までに完成しました。
では、開発の「言い出しっぺ」は誰だったのか?

もちろん第一に佐賀藩(鍋島家)が考えられます。
完成した色を実際に松ヶ谷作品に用い、
江戸幕府への献上品としています。
しかし古九谷については、五色グループでない祥瑞手を
除いて、鍋島家が活用した形跡は見当たりません。

そこで「加賀藩(前田家)が依頼した」と
仮定したらどうでしょうか。
鍋島家(親戚筋です)をきちんと通し、
多額の開発費用を引き受け、その成果(色)は
有田でも自由に利用してよいという条件ならば、
十分あり得るのではないでしょうか。

単に出資するだけでなく、温和な中国の五彩と異なる
強い色調を指示し、出来上がったのが“奇跡の五色”。

そう考える方が、最上手の色絵古九谷が大名屋敷では
加賀藩、大聖寺藩邸跡からしか出土しないことや、
古九谷伝世品が加賀周辺に多く伝わったことへの
説明がつきます。

明るく穏やかな色彩を展開する伊万里の伝統の中で、
古九谷の強い色が異質であることの謎も解けます。

有名な柿右衛門家文書には、正保四(1647)年に初代が
初めて色絵磁器(祥瑞手?)を売った相手が
加賀藩の御買物師だったと記され、バイヤーとしての
存在の大きさが知られています。

加賀藩が古九谷生産のパトロンだった可能性は、
荒川正明氏や大橋康二氏など複数の有田側論者も
言及しています。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

“奇跡の五色”を切り口に、20話以上を費やして
古九谷問題の現状を見てきました。
最新の発掘や研究の成果も踏まえて導き出した
重要なポイントを、ここで整理してみます。


イメージ 1

「古九谷は全て伊万里」説が成り立つには
全て1660年前後以前に作られている必要がありますが、
実際にはそれ以後の雰囲気をまとう伝世品も多いことは
第一五七話以降で触れた通りです。

では結局、古九谷とは何だったのか。
五色はなぜ有田と九谷をまたがって存在したのか。
伝世品はどうして加賀周辺に集中して残ったのか。

史料や物証はまだ足りませんが、
仮説なら何とか立てられそうです。


新しい証拠が出ればあっさり覆るかも知れません。
それは覚悟の上で、これまでの考察をベースに
仮想ストーリーの一例を提示してみたいと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事