全体表示

[ リスト ]

Devi Ever US

イメージ 1


Devi Ever US


同志!素晴らしいニュースです!

西側の資本主義者の手により祖国が偉大となりました。
“USA”の威厳はまだ高いのです。

Devi Ever USは独特のタイトなゲート感を持つファズペダルです。70年代のリズムファズサウンドからインスパイアを受けたもので、音の急激な減衰により、ユニークなサウンドを作ります。
Torn's Peaker のマッシブなトーンにゲートをかけたようなサウンドで、まるでハイゲインアンプにファズをかけたときのようなサウンドです。クラシックファズとチューブアンプを組み合わせたようなリッチなトーンですが、王道ではなくどこか噛みあわせがずれて偶然生まれたようなサウンドです。

ジリっとしたトーンで、歪みも激しすぎず、独特の雰囲気を持ちながら扱いやすさもあるペダルです。

●コントロール
VOLUME:音量を調整します。
MAGNITUDE:歪みの強さを調整します。

●ジャック
フットスイッチ側から見て、手前側がインプット、奥がアウトプットです。


USはスタンダードなセンターマイナスDC9Vアダプターで駆動します。
電池はお使いになれません。

※デザインは予告無く変更される場合があります。



Devi Ever

こんにちは、私はデヴィ・エヴァーです。
そして、devi everは私のことだけでなく、会社名でもあります。

かつて私は、Effector 13のペダルを販売していました。
エフェクターの販売を始めたのは2003年頃からです。2007年に、Effector 13の名前といくつかのペダルの権利を、元Z.Vex社の社員が立ち上げたことでも有名なOoh La La Manufactureingに販売しました。

2009年に、全てのエフェクターの権利を買い戻し、全てのペダルはdevi ever : fxとして販売することになりました。その後、一部のジョイスティック搭載ペダルについては、Dwarfcraftに権利を譲りました。

その後、2012年に改めてそれらのペダルの権利も買い戻しました。
2014年にはdevi ever : fxの権利をDwarfcraftに売却しましたが、再度私の元に戻ってきました。私が製作したペダルがいろいろな名前で売られているのは、こういった経緯によるものです。

長年にわたり、私はNine Inch Nails、Depeche Mode、ZZ Top、Nels Cline、Wilco、The Black Keys、SonyのPlaystation Music Groupそして My Bloody Valentineなど、数々の素晴らしいミュージシャンたちと、様々な開発をしてきました。

devi ever : fxに関心を持っていただいてありがとうございました。
これから、あなたの生活に何か「ファズ」を加えることが出来ることをを楽しみにしています。

−devi ever

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事