秋月歴思堂 店主のつぶやき

「秋月忍衆 黒鷹」も宜しくお願いします。

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
1月8日、肥前夢街道にて、九州忍者保存協会が発足。
 
新たな一歩を歩き始めた。
 
忍者と言えば、伊賀や甲賀などが光を浴びているが、
 
九州の忍者はまさにその正反対である。
 
そんな中、今回の九州忍者保存協会の発足において、
 
九州の忍者にも光が当たり始めたであろう。
 
今後とも九州の忍者が協力し、活動の輪を広げながら九州忍者保存協会
 
が発展して行くことを切に願うものである。
 
イメージ 1イメージ 2
イメージ 3
我が家のご先祖様が眠るお寺「浄土真宗 本願寺派 法輪山 西念寺」では
 
12月31日に除夜会(じょやえ)を行っている。
 
秋月には4ヶ寺が梵鐘を持っており、除夜になるといっせいにつき始める。
 
我が西念寺でも、竹灯篭を並べ、境内を電飾で飾り、賑やかに行っている。
 
イメージ 1
      イメージ 2
 
毎年人気の牡丹鍋もふるまい、来て頂いた方に鐘を突いた後の冷えた体を温めてもらっているが、
 
なかなか好評である。しかし、もっと多くの方に鐘をついて頂きたいので、来年はポスターでも作成して
 
みるかな・・・と一人気合の入っていた自分でした(^0^)v
 
 
 
 
昨年の12月21日の夕刻すぎ、
 
秋月の長屋門内にてヒミツの会議が執り行われた。
 
(日記にうpした時点でヒミツではないけど(笑)。)
 
それは、我ら「秋月忍衆 黒鷹」が、九州忍者保存協会に加盟するというものだった。
 
こちらとしてもありがたい話であるので、九忍会の会長他3名(雑でスミマセン。)と
 
長屋門でお会いし、話し合いをいたしたでござる。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写真左から、九忍会会長の剣 源蔵様、そして中心が拙者で、
 
写真右が、筑前忍八剣衆の修羅王丸様。あと2名はこの時カメラマンになっていました。
 
いろんな意味で本当の忍者を知って頂きたい。そう願いながら、今月の8日に行われる
 
九忍会の発足式に挑みたいでござる。
 
 

秋の秋月

昨年の秋に我が先輩(秋月風我人)方の展示会にて忍者に変装。
 
展示されていた甲冑の横に腰掛け、じ〜っとしていると、観光客は
 
人形だと思って通り過ぎたり、写真を撮ったり、近寄ったり・・・。
 
その時に動くと、相手がビックリして笑いが起こる。
 
拙者の唯一の至福の時だ(笑)。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子どもにも人気である。手を振ると必ず返してくれるからカワイイ・・・が、
 
近くに来ると泣きだす。ムムム・・・無念。
 
しかし、海外からの観光客には人気である。
 
拙者の写真を取られた外人さんのオクニハ、「中国」、「台湾」、「韓国」、
 
「アメリカ」、「ロシア」と様々で、忍者好きの国の方たちだな〜と一人思った。

秋の秋月

昨年の秋月の紅葉は残念でした。
 
天候があまり良くないというか気候そのものがおかしい年だったため、
 
紅葉の葉も乾燥してしまいよくなかった。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
我が諸先輩方(秋月風我人)の作品展にも、
 
拙者の生け花を展示させてもらったでござるよ。3作品でござる。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ドウダンツツジの紅葉の前にモミジを生けた作品を配置し、奥にアンスやオンシ
 
着色流木を生けた作品、左側手前にドラセナとガーベラの作品を配置。
 
賑やかな作品になりました。
 
次回はもっと大きい作品に挑戦させて頂きたいです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事