にんにき大王の日々雑感

ブログまめに更新できる人は尊敬します・・・

全体表示

[ リスト ]

DXもFPも決済に使うのはPaypal。

どっちで買う時にも追跡番号つく金額までアイテム集めるので、個別の金額は大したことなくても、クレジットカードの毎月の締めまでに積み上がった金額は結構行っちゃったりします。

で、このところ、paypalに使っているカードの請求金額を毎月どきどきしながら確認する事態に。


あまり心臓によろしくない


しかも、カード請求金額が気になって躊躇しているうちに品切れになったり、どうもこの、買い物から決済までのタイムラグが最近えらくうっとうしい。

で、思い立ったのが、リアルタイムに口座から決済される「デビッドカード」をつかうこと。これをPaypalの決済用カードにすることによってほぼリアルタイムに代金の決済が可能になる。買った分は即口座から引き落とし。あとでまとめてドン、はなくなりますね。

これはいい、ということで早速手続き開始。

ところでこのブログ、海外通販記事取り扱うようになってから多くの方に閲覧頂いて感謝しきり。
反面、ご質問も多く、私自身あまり克明に記録していなかったPaypal登録関連。今回、カード追加にあたってはリベンジの意味も込めてしっかりと記録しましたよ、ええw

多分最初に登録する時と同じようなルーチンも多いと思うので、初めてPaypalに登録するという方も参考にして頂ければと思います。

で、ずっと英語ページにつながっていたPaypal。・・・今気がついたら右上に言語選択があるんですね。これを知らずにこのところずっと英文ページで手続きしていました。なんという悲劇w

イメージ 1

・・・というわけでこの手続きも英文ページでやってました。可能な限り日本語ページに差し替えましたが、実手続きしないと見られないページは英文のままです。ごめんなさい。

・・・とにかく気を取り直して続けます(汗

まずはPaypalのサイトにアクセスして、ログインして下さい。
https://www.paypal.com/j1/

マイアカウントのページが展開したら、上部にあるメニューの「個人設定」→「クレジットカードの登録または編集」と選択します。


イメージ 2


すると現在登録されているカードが表示されます。初めて登録する方はたぶんここにカード情報が何も表示されていない状態で手続きを進めることになる・・・はずです。
なお、ここに表示されている「主に設定」は、追加登録したカードを主カードに設定したため出ているものなので、ここまでの手順で進めてきた方の画面には表示されていないと思います。


イメージ 3


下にある「カードを追加」をクリックします。

するとカード情報を入力するページに遷移しますので、変更したいカードの情報を該当部分に入力していきます。初めて登録する方も多分同じ手順ではないかと。ちなみに画像の番号はダミーですw
また、以前住所を日本語で入力して面倒だったので、今回下画面で住所を英語表記で登録してみました。


イメージ 4


全部間違いなく入力したら、一番下にある「カードを追加」を押します。

※ここからは実手続きした時の英文ページです。見にくかったらすいません(汗

すると先ほど登録したカードの情報と、「登録するとこのカードに200円チャージするよ」という文章が表示されます。


イメージ 5


質問が多いこの200円チャージ、少し補足しておきますね。

Paypalはこのルーチンでカードを登録するとすぐに使えるようにはなりますが、利用上限が設定されています。カードにより金額に差があるようですが、概ね累計で6〜12万円までの利用制限があり、「拡張登録」という手続きをしないと累計でその金額に達した時点で利用できなくなるみたいです。

で、この「拡張登録」の手続きに必要なのが、この200円チャージです。簡単に言うと登録したカードにPaypalが200円請求を立てて、そのカードの請求明細に記載されたPaypal発行の数字4ケタのコードを、Paypalのサイトにログインして入力することにより手続きが完了する、というものです。要するに、アカウント作った人がちゃんと管理しているカードなのかどうか確認する、という意味合いなんでしょうね。ちなみに請求された200円は拡張登録の手続きが済むとPaypal口座にプールされ、次回以降の利用時に現金と同じように使えます。
Paypalの利用明細ではなく、「クレジットカードの方の利用明細」という点に留意して下さい。Paypalにログインしてもどこにもそんなコードはありませんのでご注意のほど。
Webで利用明細が確認できるカードならともかく、郵送でしか明細がわからないクレジットカードを使った場合には、その明細が郵送されてくるまで発行されたコードはわかりません。

で、話を元に戻して、下にある「Save and Continue」を押すとカードが登録されます。日本語サイトではどんな表示なのでしょうか・・・「登録して続ける」あたりでしょうか?

すると、カードの登録完了画面になります。例の200円チャージの解説が書いてありますが、日本語だともう少し分かりやすいんでしょうねえ。


イメージ 6


で、ここまで手続きが済んだら、「マイアカウント」に戻ってみましょう。

右側に「To do list」という項目が表示され、例の4ケタの拡張コードを入力するように促すメッセージと、そのページへのリンクが表示されています。


イメージ 7


あとは拡張コードが手にはいるまでしばし待機、という感じですね。

長くなったので今日はここまで。次回は拡張コードが手に入ってから先の手続きについて解説します。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

リアルタイムで決済できるからデビットカードを
お選びになったということですが
クレジットよりデビットの方が為替手数料が高くないですか?
例えば、楽天の場合クレジットは1.7%でデビットは3%ぐらいだと
思います。
しかも、ポイントもクレジットの方が0.5%多いですし
年会費も掛かからないです。

2013/10/15(火) 午後 3:07 [ Obladi ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事