明日葉茶の効能について

明日葉茶の原料となる明日葉はセリ科の多年草で、伊豆半島、房総半島、紀伊半島などで見られる日本特有の植物。学名は「アンゼリカ」。エンジェル(天使)からきています。明日葉の花が、天使のリングに似た咲き方をするので、その名が付きました。とても素敵な名前ですね。夏から秋にかけて白い花を咲かせます。明日葉は非常に強壮な草で、今日刈り取っても翌日には若葉が出てきます。このことから和名の明日葉という名前がつきました。その葉は大きくて、高さは1mを超えるまでに成長するものもあります。寒さには少し弱いので、冬でも比較的暖かい場所を選んで自生しています。八丈草、明日草などとも呼ばれています。若葉は食用になりますが、その中にはカルシウムやカリウム、ビタミンB2、鉄などが豊富に含まれています。食物繊維も多く、高い栄養価があることがわかっています。抗菌作用がある「クすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事