ninzyaの星見

星と聖書のつながりをテーマに天体写真に向かっています

星雲・銀河

すべて表示

白鳥座のSh2-115

8月初めに撮影していた白鳥座の散光星雲(Sh2-115)を漸く、処理することができました。 初めての撮影対象で、どのように写るかまったく不明でしたが、 この大きな星雲の中にある、小さな惑星状星雲 (Abell71) に魅せられて撮影してみました。 この日だけで撮影を終えたかったので、明るい光学系を選び、月が沈むまで、Hαを撮影、 その後、SⅡ、そして最後にOⅢの順としました。 幸い、風も、雲もなく、予定通りの撮影を終えることができました。 ところが、処理をしてみると、SⅡ画像に月明かりが原因と考えられるがガブリ出て、それを 取り除くのに苦労しました。 また、今回の光学系では、Hα画像の星像が他の画像に比べて小さく、そのために、 星像に激しい色むすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

星ナビ 2018年11月号 掲載

2018/10/5(金) 午前 9:28

星ナビ9月号、10月号に続いて、11月号に、白鳥座のペリカン星雲を掲載して頂きました。 ブロードバンド画像では、赤一色の星雲ですが、ナローバンド画像では、紺色と橙色からなる 海外の作品を見つけたので、初めての撮影対象でしたが、興味を持って撮影してみました。 構図としては、ペリカンの頭部を狙いましたが、色の境界が山の稜線のように見えることから ...すべて表示すべて表示

9月の中旬に撮影したジャコビニ・チンナー彗星を、漸く処理しています。 今回は、平谷峠に遠征に行った時に撮影した画像を掲載します。 ぎょしゃ座の散光星雲に接近した時ですが、撮影の時期が遅く、 既にだいぶ星雲からは離れていましたが、それでもなんとか撮影ができました。 当日は、午後10時に着いて、星が見えていたのですが、 途端に ...すべて表示すべて表示

9月に入って、いよいよジャコビニ・チンナー彗星が撮影できると期待したのですが、 天気が悪く、思うようにはいきません。 何度か遠征をしたのですが、思ったほどの写りとはならず、これが最後のチャンスと 17日の夜、あららぎ高原に出かけました。 到着すると、既に何台かの車があったのですが、みな、早々に帰り、 結局、撮影は私だけでした。 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事