ここから本文です

書庫全体表示

白石〜堂平反復ライド

チームのメンバーが定峰峠を走るらしい
そんな情報を手に入れた当日の出来事

ちょうど私も登りの練習がしたかったとこだ。
よし一緒に登りに行くか!そう思った当日の朝、思ったよりも早く目が覚める。
コレは涼しいうちに登ってしまったほうがいいな。

イメージ 1
というわけで、みんなより一足先に定峰峠に着いてしまったのである。

イメージ 2
予定では白石峠に行くとか言っていた。
なのでさっさと登ってしまう。
さすがに涼しいうちなので快適に登ることができた。

イメージ 3
そして堂平山天文台、最終目的地はココだとか言っていたな。
なんだかんだで麓の集合時間前には着いてしまった。
みんなが来るまで待つとしよう。
そしてご覧のようにここは雲の中、夏なのに肌寒さも覚えるくらいだ。

イメージ 4
お腹が減ったので持参したパンとおにぎりを頬張る。
食べているうちに飲み物が無くなった。
いったん白石峠に降りてみると、有名な移動販売が来ていたので飲み物を購入

イメージ 5
近くにこんなのが掲示されていた。
白石峠を速く登るとアイスをもらえるらしい。
定峰峠から来た私には関係も無いし、そもそもこんな速く登ることすらできない。
脚に自信のある人は挑戦してみるといい。

イメージ 6
メンバーの到着を待ちながら再び堂平山に向かう。
やはり上のほうは雲の中だ。
白石峠は暑いくらいなのに何だこの差は
たった数十メートルの標高差にこれほど違いがあるとは。

イメージ 7
そして再び堂平山
多少の晴れ間も見えたが、束の間のことですぐに雲の中に入ってしまう
登り終えたばかりには体のクールダウンができてちょうどいいが
ずっといるとちょっと寒い
そして、メンバーを待つこと2時間くらい・・・一向に来ない。
スマホを取り出し連絡を取ろうとすると、なんと圏外

もしかして、もしかして・・・
電波の入る定峰峠まで降りてみる。
うーん、やはり
1時間以上前に中断し引き返すとのメールが来ていた。
うわ、マイッタ!どうりで来ないわけだ。
電波圏外に気づくのが遅かった・・・
堂平山最大滞在タイム記録があればアイスが貰えたかもしれないぞw

イメージ 8
そんなわけでメンバーに会えず昼食となる。
が・・・一人のメンバーを拘束しランチにご招待

イメージ 9
定番補給【豚丼】だ。
頑張った後の肉は美味い!

イメージ 10
デザートには定番補給その2としてココだ。

イメージ 11
かき氷大 250円

イメージ 12
かき氷が大きすぎるので、いろどりシロップを全て堪能できた。

そんな感じで久しぶりに山登りの練習ができたライドとなりました。

走行距離 100km
獲得標高 1148m






この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事