温泉ソムリエ☆はむれっと 帰ってきたヤフオク日本一周

ハイエース車中泊で巡る温泉&一の宮の旅! 2012.4.25再出発!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

温泉仲間のぬまちゃん、イガティーさんと鉛温泉「藤三旅館」で待ち合わせ。
ぬまちゃんとは温泉ソムリエ仲間、イガティーさんとは「日本秘湯に入る会」でお友達になった。
今晩は3人でこの名湯に宿泊することになっている。
ひとまず駐車場に車を停めさせてもらい、ぬまちゃんの車で岩手の名湯めぐりに繰り出した。

ぬま「とりあえず腹が減ったっすねぇ。何か食いたいものありますか」
はむ「やっぱラーメンですかねぇ。ガッツリした二郎的なものが食いたいっすねぇ」
ぬま「あ、二郎系、岩手にもあるっすよ。じゃあそこ行きますか」

ってな感じで、「豪ーめん」というお店に。
そうそう。こういうのが食べたかったのよ。
イメージ 1

二郎系初体験のイガティーさんはだいぶ麺食らって…もとい面食らっていた。


たらふく食った後、ぬまちゃんとファミコン時代のクソゲーの話で盛り上がりつつ
(イガティーさん、おいてけぼりですみませんでした…)
向かった本日の第一湯目、滝ノ上温泉「滝峡荘」。
イメージ 2

名湯の誉れ高い温泉だが、僕は実は初入湯だ。
風格ある湯舟に注がれるは弱酸性の単純硫黄泉。
イメージ 3

微白濁、弱硫黄味、かすかに酸っぱい香りがした。
弱酸性の温泉は、全国でも稀少な一品。


温泉に入ったら冷たいものが食べたくなるのが人情というもの。
ぬま「いいところがありますよ」と連れてってくれたのが、
「松ぼっくり」というアイス屋さん。
大人気らしく、びっくりするくらい混んでいた。
イメージ 4

GWでもないし、都会でもないのに、続々駐車場に車が入ってきて、
お店はどんどん大混雑に。

県外ナンバーも多いけど、みんなネットで調べて来るんだろうか。
すごい時代になったもんだ。

そしてこれがみんながそこまでして食べたいジェラート。
イメージ 5

うん、確かにおいしいですな。


2湯目は玄武温泉「ショートホーン」。
今度は茶濁の温泉だ。
イメージ 6

鉄味、金気臭がして、ひと口に温泉と言っても、
さっきの滝ノ上温泉とは、全然違う。


続く第3湯目は、鶯宿温泉共同浴場。
ネットで調べると、元々は地元の人専用の浴場だったが、
近年になって一般にも開放しだしたらしい。
ここが非常な名湯だった。
イメージ 7

無色透明のアルカリ性単純温泉だが、硫黄味、硫黄臭がある。
分析値以上に硫黄の存在感があり、大満足の浴感。

無色透明ながらほのかに温泉を主張する奥ゆかしさ。
僕のいちばん好きなタイプの温泉である。


共同浴場らしく、湯温は熱い。
が、別府で1年間みっちり温泉道修行をやり、
別府八湯温泉道・第33代永世名人の称号をゲットした僕には、
十分入り慣れた温度である。
(偉そうに書いたけど、単に風呂めぐりする暇があっただけの話w)
イガティーさんは熱いお湯が苦手のようで、だいぶ慌てていた。
その姿に地元の同浴の方々が和んでいた。


4湯目。まりあっちさんに教えてもらった御所湖温泉「花の湯」。
イメージ 8

高アルカリの単純温泉で、かなり強いツルツル感がある。
無色透明、微硫黄臭、微硫黄味の個性。


ここまで入ったところで、夕方。良い時間になった。
あとは、全国的にもその名が知られた、お宿の名湯を楽しむのみ。

(つづく)

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事