白亜紀を眺めて

どなたでもコメント歓迎します(^_^)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

黒松内の化石いろいろ

皆さん、こんにちは〜。

またまたの雨でウンザリです。
何もできなくて時間があるので、ブログをアップします〜。

今日は、いつか出そう…とずっと思っていた、
黒松内の微小化石を記事にます。
だいたい選別が終わって、こんな感じです。

イメージ 1


大きいものは別にしてありますが、
小さいものはだいたいこれです。
種類と数はありそうですね。
ここは貝類ばかりで、腕足類やその他の化石は分けてあります。

その中から少しいいものを(^ ^)。

イメージ 2

特に左上がかっこいい!
名前はなんだろう?
右上が、ツノオリイレガイ、左下がエビスガイ系で、
右下はエゾバイ系でしょうか?

腕足類やその他の化石は、ケースに収めています。

イメージ 3

腕足類は大量\(^-^)/
4種類ぐらいあります。

その他の化石の大型系は、ケースにいれています。

イメージ 4


その中のカシパンウニの大・中・小・極小!
様々な成長段階がわかりますね〜。

イメージ 5


さあ、大雑把に紹介してきましたが、
今日はここから2つほど。。。

まずは、魚の耳石です。
どうやら黒松内では見たことのない方も多いようですが、
僕は5つ見つけました。
どれも特徴が似ています。

イメージ 6

イメージ 7


これは別物かな?

イメージ 8


種類はわかりますか?

お次はカニの爪です。
カニ爪は欲しかったので、見つかって良かったです\(^-^)/

イメージ 9

種類もいくつかありそうですね。
ゴツゴツしているのと、ツルツルしているのがあります。

さて今日はここまで。
次回、また黒松内の化石の続きにしようと思います。
では!

この記事に

開く コメント(3)[NEW]

皆さん、こんばんは〜。

時間を見つけては、ちょくちょくクリーニングしています。

前回載せたスナモグリです。
黒爪はいい〜。

イメージ 1


ここからが本題の化石です。
GWの巡検で採集した、初めてのニッポニテスの破片です。
もとはこういう状態でした。

イメージ 2

イメージ 3


どこまで続いているかがわかるぐらい進めました。

あまり期待していませんでしたが、
意外と続いていました!

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9


大雑把にいえば、2〜3ターンでしょうか。
一部ポッキリ折れていますが…。
それでもしっかりうねっていて、
ニッポらしいです(^ ^)!

イメージ 10

崖の下の割あとから割り出したものですが、
自分で採集した思い入れのある標本です。
あまり白亜紀を歩いていない割に、
破片でももう採集できたことが嬉しいです〜!

次は、今日クリーニング中に現れた、
謎化石についてです。
イノセラムスの横についていて、ふと気になったので、
クリーニングは打ち切り、家に帰ってから観察です。
この黒光した、節のあるような物体です。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13


僕の初見の予想では、大胆にも「昆虫」の化石です!!
それとも甲殻類?または植物?の線で考えても良いと思います。
とても小さく、mm単位の化石です。
この節のある形と、黒光していることが、
昆虫?と思わせる要因です。
甲殻類にも見えるのですが…。
部分化石であることが痛いです。

皆さんは、どう思いますか??

もしレアなものだったら〜\(^-^)/

では!

この記事に

開く コメント(14)[NEW]

皆さん、こんにちは。

昨日にやっと大ごとが終わりまして、
少し落ち着くかな…?と思います。

昨日と先週の土曜日に、スカラリのクリーニングをしてきたので、
また記事にしますね。

まず先週の土曜日の段階。
before

イメージ 1


after

イメージ 2

イメージ 3


大してスカラリ自体はいじっていません。
「線引き」です(笑)
クリーニング跡を綺麗にすることで、化石も引き立ちますよね。
もちろん、割り出したあとが一番美しいですが…。
皆さんのクリーニングも、いろいろ参考にしました。

そして昨日は、残った泣き別れのパーツを、
分離させる作業です。
なんとか全部分離でき、こうなりました。

イメージ 4

イメージ 5


前回の記事と比べて変わったのは、2箇所ですね。

イメージ 6


これで、存在するすべてのパーツの接着が完了!
あとは、細かいところの仕上げのみです。

ところで皆さんにお聞きしたいのですが、
こういう隙間、どうしていますか?
小さい隙間ですが、どう対処すれば良いのでしょうか…?
アドバイスお願いしますm(_ _)m


スカラリの他にも、このスナモグリをクリーニングしました。

イメージ 7


これもまだ終わってはいません。
先日採集した、黒爪でカッコいいものです\(^-^)/

イメージ 8



おまけは、先日近所の川の新しいポイントで釣ったウグイです。

イメージ 9

赤腹のウグイは初めてでした。嬉しい〜!
後日にはもう一匹釣りました。

と思ったら、友達が釣っていたものはこのサイズ!

イメージ 10

やりますなぁ〜。過去最高サイズです。

では!

この記事に

開く コメント(8)

皆さん、こんにちは〜。

最近は忙しくて、なかなか更新できないでいます。
先週の土曜日から今週の月曜日までは、東北へいってきました。
もちろん、化石要素は一切ありませんが…(笑)。
それで、火曜日〜水曜日が振替休日になり、
珍しく平日が空きました。

そこで、火曜日にもとろんさんと巡検に行ってきましたので、
それについて書きます。

今回は、去年同様夕張へ行きました。
去年は、新地開拓とスナモグリを求めて行きましたが、
今年も新地の要素をいれていきます。

最初に向かったのが、ベアーの沢。
幌内層が露出していますが、お互い初めて行くところです。
とりあえず、良さげな部分を探し、ひたすら歩きます。
う〜ん、こういう感じ好き〜。

イメージ 1

イメージ 2


どんどん下って行きます。
幌内層は露出しているのですが、護岸も激しく、
少ないノジュールもスカのみ。

イメージ 3

イメージ 4


いわゆる、「無い幌内層」に当たってしまったようです。

それでも、一個だけ擦れた巻貝の一部を発見しました。
わかりますか(^ ^;)?

イメージ 5


この沢での収穫はこれだけですが、何より、無いことがわかったのも、一つの収穫かもしれません。
こうして、良い場所を探して行くのです。

気を取り直して、お次はダイスキノ川です。
去年も行きましたが、更なる発見と、下流からベターっと歩いて調査することが目的です。
もとろんさんも、かなり久しぶりにこの部分を歩くようです。

因みに、ここではかなり上流から、白亜紀の石が転がってくることがあります。
両方狙えるなんて、お得!

早速、もとろんさんが何かを持ってきました。

イメージ 6

おぉ!アンモナイトの断面が見えます。
そして大きい〜。

割ってみると、あらあらあら…。
アンモナイトが溢れるように出てきました。

イメージ 7

普通種ばかりですが、盆栽クリーニングにしたら、結構良さそうです。
面倒くさいですが(笑)。
ゴードリ・ダメシ・プゾ・テトラ・ネオフィロ・ポリプチなどなど…。
テキサとか混ざっていないかな?

ここのポイントは、去年も触れた場所です。
何かがありそうな予感。。。

イメージ 9


まずは、黒爪の立派なスナモグリを採集です。嬉しい〜\(^-^)/

イメージ 8


ここからが目玉です。
僕はこの岩が気になって、突ついてみることにしました。

イメージ 11


その間、もとろんさんは生のオウナガイのラインを見つけて、
化学合成群集があることがわかりました。
僕もみっけ。

イメージ 10


先ほどの岩及びラインから、こんなものが出てきたのです!

イメージ 12


僕のリュックの上に並べて、少し話をしていましたが、
もしかして、これはシロウリガイ!?
まだ確実ではありませんが、どうやらそのようです。
三笠の幌内層からも、とても似たような化学合成群集の母岩があります。
それを夕張の幌内層からも、見つけることができました。
これはラッキーです(^ ^)!
どうやら密集はあまりしていなく、オウナガイと共に点在しているようです。

イメージ 13

イメージ 14


家に持ち帰って見てみると、特徴的な靭帯を観察できました。

この露頭で、すっかり長いこととどまっていましたが、
さらに上流へと歩いて行きます。

途中では、スナモグリが5つぐらい入った大ノジュールを見つけましたが、
割っている途中でどんどん崩壊、
レスキューできたのは、この小さいものだけです。

イメージ 15


アオダイショウもいました!

イメージ 16

もとろんさんが捕まえてくれました。

これ以上収穫がなかなか無く、気持ちも折れかけてきていましたが、
途中の露頭に埋まっていたノジュールを割ると、
保存の良いマコマ(シラトリガイ)が出てきました!

イメージ 17

イメージ 18

これには、僕ももとろんさんも歓声です。
さらにスナモグリも出てきて…。

イメージ 19

しかし、これ以上は出てきませんでした。
やはり、目立った露頭がない分も、厳しいようです。

晴天の下、たくさん歩いた一日でした!
また、夕張で新しい発見があって、充実した一日でした。
もとろんさん、急なお誘いに対応していただき、本当にありがとうございました(^ ^)。
またご一緒よろしくお願いします〜。

<おまけ>
今回の発見。

シロウリガイ?

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

この記事に

開く コメント(10)

皆さん、こんにちは〜。

土日に雨が降っていて、いや〜な週末です。
本日もクリーニングをしようと思っていたのですが、雨でできなさそうなので、途中までのぶんをアップします。

このスカラリテスは、僕がリヌパルスを採集した時にapogon2さんから現地で頂いたものです。
最初はこの状態。

イメージ 1

分離が悪く、一部が反対側に持っていかれたようで、なかなか大変そうなクリーニングです。
ですが、良い経験です。
頑張ってクリーニングすることにしました。
今まで3回をかけて進めてきました。僕にしては珍しい!

1回目

イメージ 8

イメージ 9


2回目

イメージ 7


一昨日のクリーニングでは、反対側の母岩に持っていかれた方を分離させて接着。
これが難しい!
こんな感じになりました。
殻は飛ばしまくりですが...。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


新しく接着した部分は、ここです。

イメージ 5

点線は、これから分離させてつける予定の部分です。

このスカラリテス、少しずれているのかもしれませんが、少し立体的に巻いています。

イメージ 6


1.8周ぐらい巻いています。
巻いているものは初めてなので、嬉しい〜*\(^o^)/*

あとは、接着した部分の母岩を整えて、接着して完成です。
もう少し頑張りますね〜。

この記事に

開く コメント(24)

全24ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事