反日勢力を斬る(2)

反日の中韓とそれに呼応する国内の反日メディアを斬る 安倍首相ガンバレ!

全体表示

[ リスト ]

 
イメージ 1
 
毎度おなじみの反日テレビ局の反日番組「サンデーモーニング」が堂々と放送法違反をしていた。

 言論の自由、思想信条の自由をみずから謳いながら、一方では正論である言論を封殺し、思想信条の自由を奪うコメントに終始していた。
まず集団的自衛権に関する安倍首相の対応を批判し、次に百田尚樹氏、長谷川名誉教授の批判に移って行った。

TBS「サンデーモーニング」(2014/2/9)
国会論戦 憲法96条、集団的自衛権
 
社民党の福島みずほ議員が党首を辞めてテレビへの露出度がゼロになったので、国会中継で存在感を示そうと、テーブルをドンドンと叩きながら内閣法制局の役人に大声で食って掛かる様は醜かった。

安倍総理はどう思うのかと矛先を向けると・・・・

安倍総理
「もう何回も何回も何回も何回も答弁しているとおりです」


と突っぱねたので、議場は笑い声につつまれた。

福島
「ひどいよ それは。それはひどいよ。それはひどいよ。不誠実ですよ」

関口宏(司会)
「やっぱ笑い話にしちゃいけませんよね。国会の中で笑いが起こったけど。それは駄目ですよ。大事なことだ、これは」

寺島実郎
「集団的自衛権なんですけどね。根底にある考え方を我々自身が自分に問うてみるべきであると。自分の国の青年を自分の国を守ると言う目的以外の不必要な戦争で死なせないことが政治家とか大人の世代のある種の責任だと思いますね。しかもこれは戦後日本のある面では覚悟でもあったし、それから第一次大戦から今年でちょうど100年ですけども、まさに集団的自衛権を根拠に第一次世界大戦に突っ込んでいったことが、その後の日本の迷走につながったという教訓もあるわけですよ。そういうなかで集団的自衛権というのは熟慮しなけりゃいけない。まさにその根底にある、本当にアメリカが日本に集団的自衛権を求めているのかと。冷戦期の時代と違って、特に昨今の日本と中国の揉め事の中で、アメリカの本音の中に、今迄は我々は米国の戦争に巻き込まれないようにということで集団的自衛権を議論していたキライがあるんだけども、アメリカの中に日本の戦争にアメリカが巻き込まれないために日本が寄り掛かってくる集団的自衛権に対して慎重と出なきゃいけないという意見さえ出でいるくらいなんですね」


アメリカは中国を相手に日本と一緒に戦争したくないと思っているといういつもの持論。
しかし、アメリカがやられている時に同盟国の日本は手を拱いて傍観しているだけでいいのか。
集団的自衛権にアメリカは慎重だと言う根拠も示さないでお馴染みの漫談を披露。

関口
「へえーっ」

寺島
「日本が世界を見た時に、いまNATOを見てもどこを見ても自分の国の熟慮の上でもって行動しようということで、どっかとの集団的自衛権という冷戦の時代の発想と違ってるんですよ。そういうところをよーく考えて、この事は日本が今血相変えて議論しなけりゃいけない方向感なのかということをやっぱり考えるべきですね」


今は第二次冷戦時代と言って良い。
中国の軍事的な脅迫に晒されながらまだ呑気な事を言っている。
あるいは脆弱な日本の防衛体制を望む中国の回し者的な発言と勘繰りたくなる。

岸井成格(毎日新聞特別編集委員)
「関口さんがいったように、(安倍総理は)あそこで突っぱねて笑いを取るような場合ではないわけですよ、実際は。
つまり一番弱みを突かれたところでああいうパフォーマンスをやったということなんですよね。そこが問題なんです。つまり、集団的自衛権を認めてもらいたいという総理の方向がある。で、内閣法制局は行使は認められないと解釈して来ましたと言ったんだから、福島さんはじゃあそれでいいんですね、それについて総理はどう答えるのかと聞いた。
そしたら何回も何回も突っぱねた。みん笑った。おかしいですよ。これは一番大事なやりとりですからね」


弱みと言うより、不毛な論戦を挑む瑞穂氏をもう相手にする気はないというメッセージである。

安倍首相の腹は決まっている。
最近の安倍首相の答弁には余裕が感じられる。
民主党の有田ヨシフ議員が百田尚樹氏がこう言っている、長谷川先生がこう書いていると絡んできても、「聞いてないから答えようがない」「読んでないから答えようがない」とうまくかわしていた。

正面からぶつかるような内容でもないし(つまりそれらの発言や文章は正論で間違っていないということで)時間とエネルギーの無駄だと承知している証拠である。

***********************************
クリックをお願い致します。 
『にほんブログ村』政治ブログランキング
『FC2ブログランキング』 
**********************************

この記事に

閉じる コメント(8)

顔アイコン

TBS、関口、その他コメンテイター、彼らをいつまでも、のさばらしていては日本の為になりません。小生には名案はありませんが、何とかならないものかと思っています。

新しい「正道を行くテレビ局」でも出来ないのでしょうか? 何方かが作るというのであれば、貧者の一灯は考えますが・・・!

2014/2/9(日) 午後 8:25 [ 行雲流水 ] 返信する

顔アイコン

安倍総理の答弁は余裕でしたね。
それに引き替え瑞穂のおばちゃんは品の無いこと。
まあ、不逞鮮人だから仕方ないけど。
早くこのおばちゃんと河野洋平を吊し上げないといかん。

2014/2/9(日) 午後 9:01 サム 返信する

アバター

今の日本は民主主義とか思想の自由などの陳腐で厄介な概念ばかりをこねまわしてはいられない時代です。
こういう理念を俎板にのせて政治議論をすることも本来は勿論大事なことでしょう。
しかしその前に社民党の福島のような下らないゴミをきちんと捨ててからにしないと意味がありません。

2014/2/10(月) 午前 0:49 [ エイミ ] 返信する

私も観ていました

この番組はスポーツコーナーだけにすれば良いんです

こんな偏狭放送をいつまでやらせるのか

コメンテーターは真っ赤っ赤な奴ばかり

それらが平然とバカみたいな話をし、みんなが同意していく

それで百田氏の前後を撮らず『クズ』発言から始める

やらせ番組の選挙妨害番組の典型じゃないですか

日本の保守層はなにもやらないのでしょうか

2014/2/10(月) 午前 8:29 [ GreenHornet ] 返信する

アメリカがやられている時に同盟国の日本は手を拱いて傍観しているだけでいいのか。

なんて何を前提にしているのかわからない話をしても全くの無意味。
日米は同盟関係にない。あれはただの修辞であって日本は米国の保護国に過ぎない。

同盟を言うなら、ちゃんと集団的自衛権を理解し、日米安保を相互防衛条約に改訂する事から始めるよう主張すべき。

大体、日本周辺での事態なら、集団的自衛権以前に、日本が攻撃されているだろうから個別的自衛権で対処が出来る。
訓練中ならば、自衛権ではなく、正当防衛でしかない。そんなものは集団的自衛権など関係無く武器使用基準の話になる。

戦争協力で日本を離れ、戦場周辺に付き従って居るなら、同行している行為が集団的自衛権行使であって、攻撃の有無は関係ない。これも、攻撃対処は武器使用基準の話だ。

抽象的な例示で誤解や錯誤を拡大して、本来やるべき議論から解離した神学論争をやっているのだから、可笑しい。

国連決議による軍事行動も集団的自衛権ではない。PKOや湾岸戦争の様な多国籍軍にも集団的自衛権は関係無い。

2014/2/10(月) 午前 9:48 [ ぬくぬく ] 返信する

顔アイコン

もうアメリカから守ってもらうだけの時代ではないでしょう。
そもそもテレビ局が一方的な視点だけの人間だけを集めて放送を行っていることに違和感を覚えますね。
本当に張さんのスポーツだけは見れる番組ですね。

2014/2/10(月) 午後 3:36 [ msi**8237*10* ] 返信する

顔アイコン

読んでも意味が解からない、

2014/2/11(火) 午前 2:43 [ njw*k7*1 ] 返信する

顔アイコン


本当にみんな日本人なのか疑問。こんなに一生懸命な安倍さんを口を極めて罵っている。みんな住み易い日本に住みたいとは思わないのか。幸せになりたいとは思わないのか?前政権の朝鮮政権がそんなの良かったのか?人もどき共の番組。

2014/2/15(土) 午後 10:34 [ yuy*k*gum*808 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事