反日勢力を斬る(2)

反日の中韓とそれに呼応する国内の反日メディアを斬る 安倍首相ガンバレ!

全体表示

[ リスト ]

北への宥和政策は日本の危機

トランプ大統領が米朝首脳会談の中止を宣言したのは北朝鮮の不誠実な対応があったためだ。

ペンス副大統領が21日、「北朝鮮は非核化に応じなければリビアの二の舞になる」と発言したのに対し、北朝鮮の崔善姫外務次官が24日、ペンス副大統領を「愚鈍な間抜け」と罵倒した。

さらに・・・

「我々と会談の場で会うか、核対核の対決の場で会うかアメリカの決心と行動にかかっている」

空威張りを見せた。

外交儀礼をわきまえぬ非常識な発言だが、勿論、崔次官自身の言葉ではなく独裁者の金正恩が言わせたのである。
その上、シンガポールでの両国の担当者会議にも無断欠席してなしのつぶてではトランプ大統領が怒って見せたのも当然である。

その強硬な姿勢に慌てふためいたのが金正恩。
突然軟化して韓国に助けを求める南北首脳会談を開いた。
まだ朝鮮戦争の停戦状態にある二国が二ヶ月も経ずして会談を開くなど異例中の異例である。
金正恩が如何に狼狽しているかが分かる。

揺さぶりに成功したトランプ大統領は舞い上がったのか、今度はまた米朝首脳会談を開く可能性を示唆した。
明らかにアメリカペースで事は運んでいる。

しかし日本としては手放しで喜べない。
中途半端な妥協は過去の対北朝鮮外交の失敗の繰り返しになるからである。

TBS「サンモニ」(2018/5/27)
突然の南北首脳会談
"米朝会談" の行方は?

イメージ 1

関口 宏(司会)
「やっぱり文さんはイライラしながら(北朝鮮に)行った。金正恩さんはなんだか今は迷っている。そういう感じなのかな?」


金正恩は「迷っている」なんて状態ではないだろう。
何とかしてアメリカを騙して生き延びたい一心であるというのが正しい。
どうしても金正恩の肩を持ちたい関口の気持ちが透けて見える。

寺島実郎
「トランプ大統領は個人的にはこの会談をやりたいと思っている。
中間選挙への計算、さらにヒロイズムというか、自分が仕切ってやったんだという流れを作るのが常套手段だから。
ただこの一連の流れの背後の中に、トランブ自身が言っているが、中国の陰というか北朝鮮を突き動かしているという。
北朝鮮の背後に中国が不気味にほくそ笑んでいる。
中国は和戦両用で、仮に会談が行なわれて北朝鮮の段階的非核化で在韓米軍の縮小が一歩進めば、中国の朝鮮半島における影響力を拡大できるという思惑がある。
仮に会談が行なわれなくても、失敗でも、窮鳥懐にというわけで北朝鮮はますます中国に頼ってサバイバルしなければならなくなる。
中国の陰がこの問題に大きく存在していることを指摘して置きたい。
朝鮮半島の事は朝鮮半島でと言い続けているのはアメリカだけではなくて中国に対する緊張感も持っているんだということを我々の意識の中に置いとくべきだと思う」


そんな事は言われなくても誰でも分かっている(笑)

大宅映子(評論家)
「金正恩さんもトランプさんも会いたいなら、なんであんなにクソミソに非難しあうのか。
いくら取引だディールだと言ったってあまりにもだ。
付いてけない。手の平返しの二人に世界中が翻弄されている」

岡本行夫(外交評論家)
「首脳会談と言うのは長い厳しい折衝の出口に、金正恩委員長に対するご褒美として設定されるべきを、
もう最初から入り口に置いちゃったわけですよね。
でも金正恩というのは敵ながら、と言うのもなんだけどアッパレと言うべきか、舌を巻くような外交政策をずっとして来て、いま彼の周りの状況は去年、彼がアメリカから軍事攻撃を受けるのではないかと恐れていた時と比べて劇的な変化を遂げている。
文在寅大統領に抱きついて、今や文在寅大統領はもしアメリカが軍事攻撃を北朝鮮にしようとしたら後ろからトランプ大統領を羽交い絞めにしても止める

中国が保護者として完全に付いた。
世界中に自分達が核兵器開発を止めますとか核ミサイルを止めますと言うことによって祝賀モードになって、ノーベル平和賞じゃないかという話まで世の中に出て来てる。
アメリカは今度の会談に失敗しても軍事攻撃を取りにくい雰囲気になっている

一方、トランプさんは予測不能だ。
あの人は基本的に不動産屋なんで、不動産は一件一件違う。
今度はトランプさんは失敗できないから、
日本のことは二の次で、とにかく一応表面的に北朝鮮が腹が痛まないことだけを集めて、これで合意だという事になると、日本の要求はどうなるのかそれが一番心配だ」


岡本氏のコメントは的を射ている。
サンモニのなかでマトモなコメンテーターは岡本氏ぐらいしかいない。
番組の意向を「忖度」しながら自分の考えを控えめにコメントしている。
それとも放送法第2条に触れないようにするためのデコイか、アリバイ作りか。
TBSは放送法など屁とも思っていないだろうが・・・。

目加田説子(中央大学教授)
「私も岡本さんが今言ったように金正恩は凄い外交能力に長けた人ではないかと凄く思う

半年前までは首脳会談すらして来なかった、国際社会の中で孤立した存在だったのに、本当にここ数ヶ月の間に対中も南北も6月12日に行なわれれば歴史的な会談ということで、一気に表舞台に出てきたなということがすごく印象に残っている。
これから一波乱も二波乱もあると思うが、米朝首脳会談がもしうまく行かなかったとしても、文大統領と直接会えるということは凄いことだと思う。
そこに期待したいと思う」


金正恩の評価がムチャクチャ高いが、一説では実はボンクラで周囲のスタッフが優秀なためだとも言われている。
いずれにしても、金正恩の成果というより危険なミサイル実験で焙りだされてきたというのが現実だろう。

松原耕二(BS-TBS「週刊報道LIFE」キャスター編集長)
「あんなに慌てふためいた北朝鮮を見て凄く新鮮な思いをした。
みなさんスケジュールを考えている。
韓国は12日の次の日に統一地方選挙がある。
文在寅さんは支持率が物凄く高いけれど国会では少数与党のわけだ。12日が上手く行けば追風になる。
北朝鮮としては韓国に政治的に安定してもらい、トランプさんにも中間選挙を乗り越えてもらって任期がまだある二人と交渉したいと思っている。
トランプさんも長距離ICBMが来ないとなると中間選挙で有利になる。
中国も北朝鮮が親米にならなくてこちらサイドに居てくれればいいかなということになるから、やらないことは無い。
スタートラインに立つことが大事だ」


金正恩にとって何をしでかすか分からない共和党のトランプ大統領は苦手だろう。
中間選挙で大敗して親中派の民主党政権になった方がいい筈だ。

関口
「ねえ。やってみましょうよね。やってみなきゃ始まらないよ。ねえ。そんな感じか致します」


対話路線を強調するパヨク連中は米朝首脳会談の実現に必死である。
しかし米朝首脳会談の成功はトランプ大統領の譲歩を意味しており、日本に取っては悪夢である。
金正恩政権が存続していては日本は拉致被害者は取り返せないし、ノドンミサイル攻撃の悪夢は続く。
*****************************************
金正恩体制の破壊しか解決策は無いと思う方はリックよろしく!

https://politics.blogmura.com/ 『にほんブログ村』政治ブログ
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』
***************************************** 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

米朝首脳会談。
対等なわけないし....

空爆か全面降伏か?
好きなほうを選べ。
となる。
時間稼ぎはさせない。
クリントンとかオバマじゃないし.....

米朝首脳会談は、現代版ハルノートになるのだろうね。
(-。-)y-゜゜゜

2018/5/28(月) 午後 7:42 kyogoku 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事