反日勢力を斬る(2)

反日の中韓とそれに呼応する国内の反日メディアを斬る 安倍首相ガンバレ!

全体表示

[ リスト ]

日本は世界のサッカーを敵に回したと

 もう終わってしまった事をクドクド言いたくないが、朝日新聞の古い記事をたまたま読んで腹が立ったので一言。
朝日の記者がポーランド戦でのパス回しで得た決勝トーナメントへの切符を「サッカー籤に当たったようなもの」と腐したのだ。
西野監督は最後までゴールを目指せというサッカーの規範を破ったというのである。


⇒朝日新聞デジタル(2018/6/30)
「規範」守らぬ西野監督 世界のサッカーを敵に回した
忠鉢信一記者の目


0―1で負けていたポーランド戦の終盤、日本は勝利を目指すことを放棄して、パス回しをして試合を終えました。コロンビアがセネガルに勝ったことで、日本は2大会ぶりに決勝トーナメントへ進出できたのですが、西野朗監督の判断について賛否両論がわき起こっています。
西野監督本人や選手も含めた賛成派の人たちは、決勝トーナメントに進むことがチームの目的で、そのために必要なことをした、と主張します。しかし日本は試合の途中で敗戦を受け入れたのですから、決勝トーナメントに進めたのは、同時進行だった別会場の試合でコロンビアがセネガルに勝ったおかげです。確率だ、読みだ、と言ったところで、「サッカーくじ」を当てたようなもの。決勝トーナメント進出のために最善を尽くしたとは言えません
賛成派と反対派の意見が一致するのは、見ていてつまらなかった、負けて「勝ち進む」のは煮え切らない、といった感情です。同じ感情が、賛成派にも反対派にも起きるところに、モヤモヤの根本がありそうです。
 日本サッカー協会(JFA)は、それを「大切に思うこと」という言葉で表しています。サッカーそのものやサッカーを愛する人を「大切に思うこと」は、サッカーの価値が社会で認められ、サッカーを発展させていくには、欠かせないことだという考えです。
 具体的にどうすることなのか。「JFAサッカー行動規範」が明確です。その一番初めに「最善の努力」という項目があります。
 「1 最善の努力 どんな状況でも、勝利のため、またひとつのゴールのために、最後まで全力を尽くしてプレーする」
 W杯の決勝トーナメントに進むためならば、勝利のために、ひとつのゴールのために、最後まで全力を尽くしてプレーしなくてもよい、という行動規範はありません
 国際サッカー連盟(FIFA)にも、「フットボール行動規範」があります。FIFAはこの行動規範でスポーツのモラルと基本的な倫理を示し、いかなる重圧や影響のもとでもこれを支持し、そのために戦うと宣言しています。一番初めに「勝つためにプレーする」という項目があります。
 「1 勝つためにプレーする 勝利はあらゆる試合のプレーする目的です。負けを目指してはいけません。もしも勝つためにプレーしないのならば、あなたは相手をだまし、見ている人を欺き、そして自分自身にうそをついています。強い相手にあきらめず、弱い相手に手加減してはなりません。全力を出さないことは、相手への侮辱です。試合終了の笛が鳴るまで、勝つためにプレーしなさい」
 テレビでは賛成派の解説者やコメンテーターが口々に、目的を果たせばどんな方法でも良い、と力説しています。川淵三郎JFA相談役まで「名監督誕生」とツイッターで褒めています。一方で外国から批判を浴びているのは、ポーランド戦の終盤がつまらなかったからでなく、勝利を目指さずに決勝トーナメントに進もうとしたことがフェアプレーでないからです。「フェアで強い日本を目指す」と宣言しているJFAは、西野監督にJFAとFIFAの行動規範の順守と、世界標準のフェアプレーを求めないのでしょうか。
 日本は世界のサッカーを敵に回してしまったのかもしれません。勝って自分たちの正しさを証明する、という使命感を持つのは悪くないことかもしれませんが、相手は優勝も狙えると評される強豪ベルギー。負ければ非難されるかもしれないという不安は、本来ならばないはずの重荷です。


勝率が同じ場合は違反カードの数で決定するフェアプレーというルールがあったから利用したまでの話であり、それが悪いというのならルールを変えればいいではないか。
「世界のサッカーを敵に回してしまった」日本がベルギー戦で健闘したが、「よくやった」という忠鉢信一記者の記事は見つからない。

やっぱり「朝日新聞と反対のことをすれば間違いない」という永遠の法則が実証された。
「攻めるは最大の防御なり」という言葉はあるものの、ベルギーから2点の先制点を挙げたあと、守備固めをすれば日本は勝ったかも知れないと素人なりに考えてみたりする。
しかし、ポーランド戦での日本の戦い方を批判されたばっかりに、玉砕してしまったのではないかと。
*****************************************
クリックよろしく!

https://politics.blogmura.com/ 『にほんブログ村』政治ブログ
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』
***************************************** 

この記事に

閉じる コメント(6)

馬鹿な新聞社らしい意見です。

2018/7/4(水) 午後 1:19 MACH 返信する

顔アイコン

こんにちは。
別のエントリーでもコメントしたように
時間切れ廃案を狙って審議拒否で逃げ回る野党には批判しないがサッカーはきれいごとで批判する。
審議拒否はルール違反、サッカーはルール内。
にわかサッカー評論家のパヨクコメンテーターや野党といい、ほんとダブルスタンダードが大好きだ。

2018/7/4(水) 午後 2:47 [ asa**jp ] 返信する

顔アイコン

フェイクニュース専門紙アカヒはジャーナリズムの「規範」を守らぬから
日本で一番信用されていないと世界中に知れ渡っているらしいwwwww

2018/7/4(水) 午後 3:02 [ yst***** ] 返信する

顔アイコン

確かにポーランド戦終盤の10分はアサヒの記者以外にも悪く言う者どもがおりました。しかし確実に決勝トーナメントへ行く方法として西野監督が採用した戦術でルール違反でない以上、見る方が「オモシロくない」だけのハナシ。「どんなにみじめな勝利でも敗北よりはマシ」(あの時日本は負けましたがね)と、かのウエリントン将軍も仰ったとか。結果としてFIFAランク61位の日本が決勝トーナメントに進むことができたのですから、とやかく言われる筋合いなど全くありません。今回のワールドカップでは予選リーグの3試合よりも決勝トーナメント1試合の方が見る側もイロイロと感じるところがありました。決勝に進めなければ気付かなかったことと西野監督さん以下選手の方々には感謝しております。

2018/7/4(水) 午後 3:05 [ ogu*ita* ] 返信する

顔アイコン

なんで朝日は、サムライブルーを貶(けな)すのですかねぇ・・真意が不明ですよね。勝ったベルギーの監督ですら「時間稼ぎ」などたんなる戦術のひとつで問題ない、とはっきり言明しているのにイングランドだってブラジル戦でパス回しの時間稼ぎ戦法を当たり前のようにやってましたよ^^ニッポンのメディアって建前と本音が違っていてスポーツにまで武士道精神の潔さを押し付ける見当違いコメントを平気で報道する似非きれいごと押し付け精神の売り込みには、もううんざりですよねーー:

2018/7/4(水) 午後 8:09 [ fis*92*4* ] 返信する

顔アイコン

朝日新聞及び同系の報道機関は、日本人の顔しているが日本の企業では無いと理解すれば、全て納得が行くと思いますね。 じゃあ、どうすれば良いかと言うと、相手が企業形態を取っているので、買わない・見ない・聞かないです。 これは単に商売だけの話ではありません。 戦いなのです。 最大・最善の究極の武器は兵糧攻めなのです。 飛び道具だけでは無いのです。

2018/7/7(土) 午後 1:12 [ bel*tre**73 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事