反日勢力を斬る(2)

反日の中韓とそれに呼応する国内の反日メディアを斬る 安倍首相ガンバレ!

全体表示

[ リスト ]


迷惑な隣人・韓国

辺野古の青い海が土砂で濁ったと琉球新報がセンチメンタルに嘆いて見せている。
土砂を投入するから青い海が濁るのは当たり前。
中国に攻め込まれて赤い血の海になるよりいいだろう。

琉球新報(2018/12/21)
辺野古の青い海が濁った 土砂投入1週間


イメージ 1

「ハワイの県系4世が発起した米国ホワイトハウスの請願サイで行われている新基地工事の一時停止を求めるネット署名活動は、目標の10万筆を突破した」

ハワイ住んでいる男に沖縄の現実など分るものか。
辺野古が新基地だというのもフェイクニュースだ。


イメージ 2

日本でもローラとかいう政治にド素人のタレントがホワイトハウスに嘆願書を出すからとインスタで署名を呼び掛けて炎上している。

玉城デニー沖縄知事は来年3月に「辺野古基地の是非を問う県民投票」をすると言っているが、肝心の辺野古基地の地元の宜野湾市その他2市が反対している。


産経ニュース(同上)
辺野古移設の県民投票 宜野湾沖縄両市が非協力へ

 米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設計画の賛否を問う県民投票(来年2月24日投開票)に関し、飛行場を抱える宜野湾(ぎのわん)市と県内第2都市の沖縄市が投開票事務に協力しない公算が大きくなった。両市議会は20日、関連経費を盛り込んだ平成30年度補正予算案を否決し、両市長は県民投票に消極的な考えを示した。他の市町村議会でも否決が相次いでおり、有権者の約4割が県民投票に参加しない可能性がある。


琉球新報はうるま市も否決したと報じている。

琉球新報(同上)
名護市辺野古の埋め立ての賛否を問う県民投票で20日、米軍普天間飛行場を抱える宜野湾市と沖縄市、うるま市の3市議会で投票事務経費を盛り込んだ補正予算案の採決が行われ、いずれも賛成少数で否決された。


沖縄の民意を無視するのかと安倍政権を批判する玉城デニーは嘘つきである。

次は韓国がらみの三題噺。
まず最初は韓国が日本を敵国視しているという証拠。


産経ニュース(同上)
「極めて危険」韓国軍レーダー照射を岩屋防衛相が批判



イメージ 3
                    しょぼい韓国駆逐艦

韓国海軍の艦艇が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制用のレーダーを照射した問題で、岩屋毅防衛相は21日夜、防衛省で緊急の記者会見を開き、「レーダー照射は、不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だ」と批判した。さらに「日韓防衛当局の連携は北朝鮮問題などで重要であるにもかかわらず、今回のような事案が発生したことは遺憾だ」とも述べた。
 火器管制用レーダーはミサイルを発射する際に対象を捕捉するために使われるもので、照射は攻撃を前提とする行為。日本側は21日、外交ルートで韓国側に厳重に抗議し、再発防止を求めた。
防衛省によると、20日午後3時頃、韓国海軍「クァンゲト・デワン」級駆逐艦が警戒監視活動に当たっていた海自第4航空団所属のP1哨戒機にレーダーを照射した。場所は日本の排他的経済水域(EEZ)内の能登半島沖海上だった。P1は退避行動を取り、駆逐艦に意図を尋ねたが、応答はなかった。
 火器管制用レーダーの照射は、平成25年1月に中国海軍から自衛隊機に行われた事案があるが、韓国軍からの照射は初めて。


レーダー照射はアメリカ映画「トップガン」(古い!)でも出てくる「ロックオン」というやつだ。

(私事ながら、最近アマゾンで
「アレクサ」「fire tv stick 4K」を買い求めてプライムビデオで「宮本武蔵」や「バックトゥーザフューチャー」「トップガン」などの昔懐かしい映画を楽しんでいる)

ロシアや支那ならともかく、友好国同士ではあり得ない軍事行動だ。
いや、南朝鮮が友好国でないことの証左である。

次はいわゆる徴用工(正しくは朝鮮人戦時労働者)問題。
司法の判断には逆らえないと賠償命令を出した最高裁判決を支持した文在寅大統領。
その後一向に行動を起こさずダンマリを続けている。
業を煮やした遺族が韓国政府に補償金を払えと提訴した。
それが正しい手順だ。
日本に払えというのは大間違い。


産経ニュース(2018/12/20)
徴用工への賠償は国内問題に 対応迫られる韓国政府


【ソウル=名村隆寛】戦時中に日本企業に徴用されたと主張する韓国人と遺族が、韓国政府に補償金の支払いを求めた提訴は、1965年の日韓請求権協定で日本政府から3億ドルの無償資金を受け取った韓国政府に補償責任があると主張している。
(中略)
今回、提訴を進めた「アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会」は日韓関係悪化にも触れ「韓国政府が請求権協定に対し必要な対策を発表するときが来た」とし、韓国政府に日韓合意への過程の明示を求めている。(以下略)


「日韓合意への過程の明示を求める」などと今頃何を言っているのか。
韓国人はやはり歴史を勉強していないのか。

最後はいよいよ文在寅大統領のレイムダック化が始まったという嬉しいお話。


産経ニュース(2018/12/21)
文在寅韓国大統領「不支持」が「支持」上回る 政権発足後初


 【ソウル=名村隆寛】下落傾向が続いている韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率で、ついに「不支持」が「支持」を上回った。
 世論調査会社「韓国ギャラップ」が21日に発表した今月第3週(18〜20日、有権者1002人対象)の調査結果によると、文氏の支持率は45%で、前週と変わらず過去最低だった。一方、不支持は2ポイント上がり46%で昨年5月の政権発足以来、最高となり、初めて支持と不支持が逆転した
。(以下略)

不支持の最大理由は経済の悪化だというが、それにも増して外交の失敗だろう。
北朝鮮にベッタリで経済制裁の約束違反でトランプ大統領の信頼を失っている。
文が金と相通じれば韓国に駐留中の米軍が危ない。
存在意義もなくなる。
それでは引き上げて朝鮮半島全体を赤化してもいいのか。
中国に乗っ取られていいのか。
そうも行くまい。

そしてアメリカ・・・


イメージ 4


トランプ政権の「狂犬」と呼ばれたマチス国防長官が来年2月に辞任する。
トランプ大統領がシリアやアフガニスタンからの米軍撤収に反対したためだ。
実に惜しい。
このままではトランプ大統領は裸の王様になりはしないか。
トランプ大統領が日本から米軍を引き揚げてグアムに後退するといつ言い出してもおかしくない。

日本では防衛費増大に反対などと学者サン達が言っているようだが
中国の回し者か?

東京新聞(同上)
防衛費増大に抗議声明 大学教授ら「人権規約に反する」


イメージ 5
申惠ボン

 米国製兵器の輸入拡大で防衛費が毎年増加している問題で、申惠ボン(しんへぼん)青山学院大教授(国際人権法)らが二十日、東京・丸の内の日本外国特派員協会で会見し「政府が米国などから莫大(ばくだい)な額の兵器を買い込む一方で、生活保護費や年金の切り下げ、貧弱な教育予算を放置することは、憲法の平和主義、人権保障だけでなく、国際人権規約に反する」との抗議声明を発表した。 
 声明は申さんら十八人の大学教員や弁護士が呼び掛け、東京大大学院の高橋哲哉教授(哲学)、小林節慶応大名誉教授(憲法学)、伊藤真弁護士ら約二百十人が賛同者に名を連ねた。
(以下略)

申惠ボンセンセは慰安婦問題にも絡んでいる韓国人。

小林節高橋哲哉などのお馴染のパヨク学者たちが反対している。

日本が真っ当な国になるためには、このような反日学者たちを一掃しなければならない。
それを得々として伝える東京新聞も含めて。
*********************************
誰が日本の敵か良く分かる思う方はクリックよろしく! 
        ⇓          
https://politics.blogmura.com/ 『にほんブログ村』政治ブログ
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』
**********************************


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事