反日勢力を斬る(2)

反日の中韓とそれに呼応する国内の反日メディアを斬る 安倍首相ガンバレ!

全体表示

[ リスト ]

難破魚船の救助ではくて脱北者の拿捕だった?

防衛省は今日、韓国のレーダー放射について完全な反論をホームページに掲載し、韓国の嘘を完膚なきまでに打ちのめした。
その上で、嘘つき韓国をこれ以上相手にするのは止めたと宣言した。

産経ニュース(2019/1/21)
「韓国との協議、もはや困難」防衛省がレーダー問題で最終見解 「音」も公開


 防衛省は21日夕、韓国海軍艦艇による海上自衛隊機への火器管制レーダー照射問題に関する「最終見解」を公表し、防衛省のホームページ(HP)に掲載した。これまでの韓国側の対応について「客観的かつ中立的な事実認定に応じる姿勢が見られないため、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らない」と強調。その上で「本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難」だとして、協議を打ち切る方針を示した
 また、火器管制レーダーの探知音も初めて公表した。一般的な捜索用レーダーの探知音もあわせて公表し、両レーダーの音の違いを明らかにした。
 「最終見解」では、韓国側が説明を二転三転させ、データに基づく検証の呼びかけにも応じていない状況を詳述し「一連の韓国側の対応ぶりや、これまでの韓国側の主張が一貫しておらず信頼性に欠けるものであることを踏まえると、韓国側が事実とは全く異なる主張を繰り返している」と結論付けた。
 その上で「改めて強く抗議するとともに、この事実を認め、再発防止を徹底するよう強く求める」とした。日韓・日米韓の防衛協力の重要性も強調し、引き続き協力継続へ「真摯に努力していく」とも記した。
 韓国側は「海自機が低空で脅威飛行した」「通信が聞き取れなかった」などと主張しているが、こうした個別の論点についても改めて反証を示した。
 最終見解とあわせて「補足説明資料」も公表し、火器管制レーダーの特性や、照射を受けた海自哨戒機の飛行経路などを図示して解説した。

防衛省のホームページに詳細が載っている。

防衛省(同上)
韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について


韓国側に、相互主義に基づく客観的かつ中立的な事実認定に応じる姿勢が見られないため、レーダー照射の有無について、これ以上実務者協議を継続しても、真実の究明に至らないと考えられることから、本件事案に関する協議を韓国側と続けていくことはもはや困難であると判断いたします。

イメージ 1



火器管制用レーダー探知音は緊急事態を示す耳障りな警報音であり、韓国側の主張する探索用レーダーの探知音はアンテナの回転による断続音なのでまったく違う。

韓国側の主張する「韓国駆逐艦に脅威を与えるような飛行」も完全否定された。

となれば、韓国側の言う「人道主義的救助作戦」は真っ赤な嘘である。

フジテレビ「報道プライムサンデー」(20109/1/20)


イメージ 2



荒木和博(拓大教授)
「遭難している船なんていくらでもあるのに、なんであの船のために海洋警察最大の警備艦と海軍の駆逐艦で出て行く必要があるのだろうと、その組み合わせにすごく違和感がある」

しかもこの北朝鮮の船には無線アンテナとみられる設備がある。
いままで瀬取りの疑いが噂されていたが、これは北朝鮮のスパイ船だろう。

山田吉彦東海大学教授は北朝鮮からの重要な脱北者が乗っていたのではないかと推測している。
金正恩の依頼を受けた文在寅がこのような小船を救助するためではなく拿捕するために最大の警備艦と駆逐艦を派遣した。
そこへ日本の哨戒機が飛来してきたのでレーザー照射で威嚇した。

真相は恐らくこういう事だろう。

荒天でもないのに、難破船をレーダーで捜索していたと嘘を付き、海自の哨戒機が脅して来たと嘘をつき、日本に謝れと言う韓国の姿を日本人はしっかりと直視すべきである。

しかし白髭のおじさんの締めのコメントは酷かった。

イメージ 3


鎌田 實
「ちょっと怖いですよね。しかし、中国、ロシア、北朝鮮を文脈で考えていく時、日本と韓国はもっと仲良くしないといけないので、やはり日本の政治力が、外交力がこのところ弱っていることが大きな問題のような気がするので、もうちょっと民間のつながりみたいなものも大事かのなと。
なんか嫌いというのでぶっつかり合っちゃってる。これはとても平和を守っていくのに怖い状況になっている」


こういう御仁が居るから韓国に舐められるのである。
*****************************
韓国には経済制裁しかないと思う方リックよろしく! 
        ⇓          
https://politics.blogmura.com/ 『にほんブログ村』政治ブログ
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
 *****************************


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事