反日勢力を斬る(2)

反日の中韓とそれに呼応する国内の反日メディアを斬る 安倍首相ガンバレ!

全体表示

[ リスト ]

垣間見えた日本の伝統的な家族制度の美しさ

イメージ 1

お笑いの山里亮太(42歳)と女優の蒼井優(33歳)が結婚会見をして世間を驚かせた。
かつてシズちゃん、こと山崎静代と南海キャンデーズのコンビだった山里はお笑いのセンスがあるとは言え、まさか今売れっ子の美人女優と結婚するとは。

しかし笑いを交えた会見で明らかにされた結婚までの経緯は感動的とさえ言えた。
二人は結婚指輪を交換していない。
蒼井の方から断ったという。


イメージ 2

山里が蒼井の両親と会って一人娘との結婚を承諾してくれと申し出た時、それを聞いた両親が涙したとか。

山里亮太
「ブサイクだって言われて、色々な人に気持ち悪いとか嫌われていたりとか、炎上だとか色々あったけど、そんな世界が大好きで一生懸命頑張って真面目に生きてたら、こんな素敵なゴールを一個用意して頂けるんだと」


蒼井優が涙を浮かべ隣でキューピット役のシズちゃんも涙を流している。

山里と蒼井の父の挨拶を巡る寸劇も話しては面白かった


蒼井
「私は山里さんのお父様とお母さま、私にとっては義理の父と母になって下さったお二方のことが凄く好きで、山里家の一員になれるってことに何かもうひとつ心強さというか、結婚ってこういうことなんだって思いました」


蒼井は結婚は家と家が結ばれることだという日本の伝統的な家族制度を受け入れている。

いままでこのような爽やかな芸能人の婚約発表や結婚報告記者会見は見たことがない。

ところが今の若者はどうだろう。
核家族化したせいとは言え、両親、子供、孫、曾孫の関係が揺らいでいる。
「結婚とは家と家の結婚を意味する」と言ったら大いに反発を買うだろう。

戦後は皇室でさえ「開かれた皇室」とマスメディアに持て囃されて、自由恋愛をしている。
眞子内親王も愚にもつかない若者に惹かれて自分を失っている。

英国の皇室も解放され過ぎて地に墜ちた。
しかし、あれはキングとクイーンの話。
日本の場合はエンペラー一族である。格が違う。

日本の伝統的な戸籍制度をサヨクは破壊しようとしている。
民法は、遺産相続で正嫡子と婚外子を平等に配分するよう改悪されたのはその一例である。

話がそれたが、日本の伝統的な家族制度の良さを再認識するような結婚発表記者会見だった。

ふたりの未来に幸あれ!

*****************************  
リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
****************************** 


閉じる コメント(2)

顔アイコン

おはようございます。本当に心温まる結婚会見でしたね

私は。。。古い人間なのかも。。。
日本の家族制度復活を強く望みます^^

2019/6/7(金) 午前 7:47 [ neosout&abemaria ]

顔アイコン

このニュースは素敵なお話だと思います。

2019/6/7(金) 午前 11:22 [ say*ku*ash*n*38 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事