反日勢力を斬る(2)

反日の中韓とそれに呼応する国内の反日メディアを斬る 安倍首相ガンバレ!

韓国

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全126ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

明日はいよいよ参院選

韓国の康京和外相が10日、ポンペオ米国務長官に泣きついたことは既報の通り。
そして今度はついに音を上げた文在寅がトランプ大統領に泣きついた。
トランプ大統領としては頼りにされて悪い気はしない。
しかし、安倍首相とは既に打合せ済みだ。
両首脳は北朝鮮に媚びる文在寅の危険性を共有している。


産経ニュース(2019/7/20)
日韓双方とも求めるなら仲介も 韓国大統領が要請 トランプ氏は及び腰


【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は19日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から、輸出管理をめぐる日本との対立に関して仲介を頼まれたことを明らかにした。「もし日韓双方が私に求めるのであれば関与するだろう」と述べたが、すでに北朝鮮問題など多くの懸案を抱える中での介入には及び腰な構えをみせ、まずは日韓で解決に当たるのが望ましいとの立場を示した。
 トランプ氏が日韓の仲介について公的な場で発言したのは初めて。トランプ氏はホワイトハウスで、報道陣の質問に対し「現在、日韓間に摩擦がある。実際に韓国大統領から(仲介に向けて)関与できないか頼まれた」と話した。文氏には「いくつのことに関わらないといけないのか」と返答したという。
 その上でトランプ氏は、すでに米政府は朝鮮半島問題をはじめ「多くのことに関わっている」と指摘。さらに日韓に介入するのは「フルタイムの仕事のようなものだ」として、乗り気でない様子をのぞかせた。


しかし朝日新聞は文在寅がトランプ氏に「哀訴」したのは6月30日だという韓国報道官の言葉を紹介している。

この(トランプ氏の)発言について韓国大統領府の報道官は20日、「(ソウルで6月30日にあった)米韓首脳会談で、大統領が『最近の両国間の対立について関心を持ってほしい』と述べたことがある」と明らかにした。会談は日本政府が韓国への半導体材料の輸出規制を発表する前日だったが、日本が元この発言について韓国大統領府の報道官は20日、「(ソウルで6月30日にあった)米韓首脳会談で、大統領が『最近の両国間の対立について関心を持ってほしい』と述べたことがある」と明らかにした。会談は日本政府が韓国への半導体材料の輸出規制を発表する前日だったが、日本が元徴用工訴訟に関して「経済報復」する可能性が報じられており、「葛藤の解決に向けた外交努力の一環として言及した」という。

「日本が元徴用工訴訟に関して『経済報復』する可能性が報じられており」?

嘘をつけ!
韓国にとっては、まさに「寝耳に水」であり、虚を突かれて今や「上や下への大騒ぎ」ではないか。
「韓国人は息を吐くように嘘を付く」を絵に描いたようなものだ。
それをシラーっと記事にする朝日も朝日だ。

トランプ大統領は「日韓が共に私に望むならば・・・」と仲介の前提条件を付けている。
安倍首相はトランプ大統領に仲介を望むはずがない。

「韓国与党は日本の輸出管理の強化に対して立ち上げた「日本の経済報復対策特別委員会」を「日本の経済侵略対策特別委員会に変更した。」
(JIJI.COM)

自分で勝手にエスカレートしている。
安全保障上の理由で輸出管理を強化しただけで、「経済報復」か。

朝日新聞といえば、明日の参院選挙を控えて
今日の社説で・・・

「参院選 憲法の論戦 議論か否かの強引さ」と題して、相変わらず「アベガー」病を発症している。

「『憲法について議論をする政党を選ぶのか、しない政党を選ぶのか。それを決める選挙だ。』
  安倍首相は党首討論会や街頭演説でこう繰り返している。議論が国会議員の大事な仕事であるのは間違いないが、首相のこの論法をそのまま受け入れることはできない。
 この1年あまり、衆参両院の憲法審査会で自民党の改憲案を説明する機会が得られなかったことを首相は問題視している。
 だが、公明党の山口那津男代表が指摘するように、憲法の議論を全く否定している政党はない。憲法審が自民の思い通りに開かれなかったのは事実だが、それは首相が批判するように野党に一方的に責任があるとは言えない。」

「そもそも『議論するか、しないか』と、声高に叫ぶ資格が首相にあるのか。」

「議論の土俵づくりを妨げているのは、むしろ首相自身ではないか。」


憲法審査会への出席を拒否し、議論すらしようとしない野党を擁護して何とする。
明日の参院選は安倍首相の悲願あり、日本人の悲願でもある
憲法改正のに少しでも近づくために自民党に投票するしかない。
*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
****************************** 


軌道修正したテレ朝「ワイド!スクランブル」

テレ朝「ワイド!スクランブル」で17日、親韓反日左派の青木理が「1965年の日韓基本条約と請求権協定は無効だ、日本は個人賠償に応ずべきだ」と発言したのは過去記事の通り。

テレ朝は懲りもせず18日には韓国人の
金慶珠東海大教授を投入して反日プロパガンだと韓国の正当性を主張させた。

金慶珠(東海大教授)
「日本の切るカードは非常に荒っぽい」


そして今日の同番組は武藤正敏(元駐韓大使)をメイン解説者にし、黒鉄ヒロシをコメンテータに加えて軌道修正を計った。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(2019/7/19)
日韓関係悪化揺れる" 韓国国内
"反日 高まる一方…批判の声も


 韓国の新聞の中では保守派とされる"中央日報" と "朝鮮日報" が文在寅政権を批判したとして、報道官が名指しで反論、批判した。

日本で菅官房長官が「朝日新聞」「毎日新聞」「東京新聞」と沖縄二紙を「安倍政権を批判した」として名指しで批判したら大騒ぎになるだろう。

17日の同番組が中央日報日本語版を紹介するなかで、韓国を批判する記事のアンケートに「腹立つ」より「すっきりする」が多いと指摘していたが、それもその筈で、日本語版を読むのはブログ主も含めて日本人だからだ。

昨日、朝日新聞が韓国の匿名記事で「日本の薩長同盟のように韓国と日本は対話で問題を解決せよ。高杉晋作も安倍晋三も「晋」が名前に入っているという詭弁を紹介した。


黒鉄ヒロシ
トンチンカンもいい加減にしてくれ。
何も分かっていない。例えとしても間違っている。デタラメもいい所だ。」

中野信子(心理学者)
「韓国は他国に支配されたりしたので、正攻法でやれば負けてしまうと。昨日言った事を今日変えたり、巧みに身をかわさなければ生き延びられなかったというジレンマがあるのだと思う。
良識ある韓国の民衆はそれで凄い苦しんでると思う。」


・・・とサイコパスの著者は韓国に理解を示した。

武藤正敏(元駐韓大使)
「みなさんのおっしゃる事は全て御尤もだ。
3点だけ言うと・・・
第一に、韓国は日本に「歴史を学べ」というが、韓国人の歴史認識はこんなもんだ。
第二に、薩長には幕府という仮想敵国があったが、いま韓国は北朝鮮という仮想敵国が無くなった。
第三に、坂本竜馬。韓国はアメリカに期待しているだろうが、日米間の連携が大事だから仲介してくれと言ったって、アメリカは中国の一帯一路に対峙してインド太平洋の包囲網を構築している。
韓国はどっちにも付いていないでフラフラするだけで、この時だけ日米韓だと言ったって、何を言ってるんだという感じだ。」


温厚な武藤氏にしては随分思い切った発言だ。

イメージ 1


黒鉄ヒロシ
「 "脱" はまだ戻る可能性があるから、断韓だ。」


ネットで既に動画が紹介されているが、駐日韓国大使を相手に河野太郎外相が「極めて無礼だ!」と噛みついた。

ZAKZAK(2019/7/19)
河野外相、駐日韓国大使に猛抗議! 徴用工解決策、勝手な説明に「極めて無礼」
韓国で徴用工“異常”判決


イメージ 2


河野太郎外相が激怒した−。いわゆる「元徴用工」の異常判決を受け、日本政府が要請した仲裁委員会開催について、韓国政府が期限内に回答しなかったため、河野氏は19日午前、南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を外務省に呼び付け、激しく抗議した。南氏が白々しく、日本がすでに拒否した解決策に言及しようとしたところ、河野氏から「憤怒」「激高」「激憤」といえる発言が飛び出した。
日本政府の強烈な怒りを韓国政府に明確に伝えるため、対談はテレビカメラを含めたメディアにも長時間公開された。
 河野氏はまず、韓国の対応について「非常に残念だ」と強調。「国際法違反の状態をこれ以上野放しにせず、直ちに是正措置を取ることを強く求める」として、日本企業に実害が出ない解決策を講じるよう求めた。
 これに対し、南氏は「本国に伝える。両国関係を損なわせずに訴訟が終結されるよう環境づくりに努力している」と答えた。
 ただ、南氏が日韓両国企業の出資を柱とする、常軌を逸した解決策を勝手に説明し始めたため、河野氏は話を遮り、次のように言い切った。
 「すでに受け入れられないと伝えている。知らないふりをして改めて提案するのは極めて無礼だ!」
 日本側は今後、国際司法裁判所(ICJ)への提訴に向けた検討を本格化させる。狂気の文在寅(ムン・ジェイン)政権が退陣しない限り、日韓関係の正常化はあり得ないようだ。(記事終わり)

武藤
「(普通は頭撮りで終わるので)こんな激しいやり取りが画面に出ることはない。」

柳澤秀夫(元NHK解説員)
「日本国民に見せるために撮らせたのではないか」


朝鮮日報と中央日報はカンカンに怒っている。

黒鉄ヒロシ
「経済は大事だとは思うが、日本が守って来たのはお金じゃなくて『義』だ。
アジアで唯一『義』を表に出して、戦ったのは日本だ。
それを後回しにすると韓国側からも理解してもらえないと思う。
(後回しにしてもしなくても、理解できないだろう)
韓国のトンチンカンは年季が入っていて、元寇の時も告げ口して日本を攻めようと。
じゃあ、おまえ船作れと言って虻蜂取らずになって沈没して行く笑えない喜劇の歴史をずうっと繰り返している。
秀吉の時も、行った秀吉も悪いと言えば悪いが、平和条約を結んだ途端に後ろから鉄砲を撃ちかけるとか、条約を分かってない。
その挙句、報復を受けたわけだ。
そういうトンチンカンの繰り返しで今日まで来ちゃって、福沢諭吉の脱亜論は有名だが、良く読めば涙を流してる。情けないと。
ここまで物心両面で良かろうと思って援助したら、さにあらず、酷かったと。
だからその国が亡びる事を○○と。ブラックユーモアに近い。
断腸の思いで言ってる。
でも脱亜ではもう収まらない。本性がやっと分ったんで。河野大臣があそこまでおっしゃるのはかなりの覚悟で、日本人全体が堪忍袋の緒が切れた。
今迄の対応もまずかったが。
だから断韓で一回切っちゃうと。
半島が大切と言っても、西郷さんの時と時代が違うので、さほどロシアの南下も怖くないだろうと。
対馬半島を国境線にして・・・」


大下容子MCが話を遮って武藤氏に振る。

武藤正敏(元駐韓大使)
「今の大統領はほんとに酷い。でも政府関係は大統領を変えるとすごく変わる。
韓国の国民は日本に対してそこそこ親近感をもってきている。
韓国はケシカランと、私もその通りだと思う。
安全保障の面でも、アメリカも韓国を切ってくるかもしれない。
そしたら日本は北朝鮮の脅威をまともに受けて、安全保障に問題がないとはあり得ない。
日本も韓国から利益を受けていることは間違いないんで、まあなるべく、客観的に見ることが大事ではないかと思う」


と軌道修正を図る。

柳澤秀夫(元NHK解説員)
「こういう時だからこそ外交力が問われる。外交はそのためにある。
だから『断韓』は分からないでもないが、そこで切ってしまったら・・・」


いかにも元NHK解説員らしい優等生的コメント。
その外交にいま問題があるのだ。

突如、エンディング曲が流れる。

黒鉄
「繰り返しになるんだ。一回切っちゃったら・・・」

大下容子MC
「有難うございました」


出典を失念したが、韓国の金融危機は日本が仕組んだとあった。
とんでもない。
金融危機で破産寸前の韓国を支えたのは日本だ。

韓国は日本への報復措置として日韓秘密軍事情報保護協定(GSOMIA)を締結しないとか言い出しているらしい。
これもとんでもないお門違いだ。
北朝鮮に限り無くすり寄って行く韓国に秘密軍事情報など渡せるものか。 
どうせ北朝鮮の動向を韓国から入手しても偽情報かもしれないし、日本の機密が漏洩するだけだ。
米国もカンカンに怒っている。

日本政府は7月一杯で韓国をホワイトリストから削除する。
次なる一手は国際通貨ではないウォンを日本の銀行が保証をすることを止めることだ。
韓国がもう一度通貨危機に陥っても、もう日本は知らぬ顔の半兵衛だ。
*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
****************************** 

朴正煕大統領は反日感情を乗り越えた

前記事で、朴正煕元大統領を批判し、日韓基本条約破棄を示唆したパヨク青木理の浅薄な愚論を紹介した。
一方で、昨日の産経ニュースが朴正煕元大統領を正当に評価している記事が載っているのでご紹介したい。
例によって長文コピぺご容赦。

産経ニュース(2019/7/17)
【河村直哉の時事論】韓国輸出管理 身勝手やめ大局観持つべし


もしみなさんがわたくしに『日本について…』と質問されれば、わたくしはためらうことなくわたくしの胸に鬱積(うっせき)している反日感情を烈(はげ)しく吐露することでありましょう」。これは反日にうつつを抜かす韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領の言葉ではない。その反日感情を乗り越えて日韓条約や日韓請求権協定を結んだ1965(昭和40)年当時の、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の演説の一部である。

身勝手な言い分

 まずもって、かつ、例によって、韓国は身勝手であるといっておく。日本政府による半導体素材の輸出管理の強化についてである。自由貿易の原則に外れるだの、なんだのかんだの、まことにかまびすしい。
 15日も文大統領は「両国関係発展の歴史に逆行する」などと日本を批判した。逆行しているのは韓国ではないか。
 日本の今回の措置は安全保障上の理由からである。自由貿易体制に背くものではない。安全保障上の懸念が生じれば、韓国がきちんと説明すべき話である。
 さらに国家間の約束を破り、信頼関係を壊しているのは韓国である。慰安婦財団の解散や朝鮮半島出身労働者問題など、慰安婦に関する日韓合意や、日韓請求権協定をほごにして平気な顔をしてきた。自衛隊機への火器管制レーダー照射の問題もある。そのような国と安全保障上の信頼関係を保つことは難しい。

進む分断と対立

 アメリカに訴える、の図に至っては、見苦しい。朴槿恵(パク・クネ)前大統領がことあるごとに外遊先で日本を批判した「告げ口外交」を思い出させる。それを恥ずかしいと思わないのだろう。
 左派・文政権下での反日政策は、もはや行き着く先が見えなくなっている。親日派が作った校歌を見直す動きが出るなど、親日清算もとどまるところを知らない。どこを反日の落としどころとするか、文氏自身にもわかっていないのだろう輸出管理が強化されたくらいで大騒ぎするなら、反日の行く先について少しは考えてみたらどうか。
以前も当欄で引用したが、再び引く。「日本と結託して私腹を肥やした親日勢力がアメリカと結託し国をたてたせいで、民族の正気がかすんだ」(李栄薫=イ・ヨンフン=氏「大韓民国の物語」)という韓国左派の歴史観は、自由(資本)主義国たる自国の否定となる。そして北朝鮮という、自由主義国と対立する共産主義国へと接近する。その結果、韓国という一つの自由主義国内部でも、日米韓という自由陣営でも、分断と対立が進んでしまうのである。
 実際に北朝鮮は今回の管理強化に関し、韓国の半導体業界が日本に依存するようになったのは「(韓国の)歴代保守政権の親日売国行為のため」と文政権に“頼もしい”援護射撃を放った。韓国内の保革の対立をあおろうとしている。

反日感情を乗り越えて

筆者は、韓国の良識的な保守派が声を上げてほしい、と書いてきた。今もそう考えている。反共は韓国保守の柱の一つのはずだからである。
 そこで冒頭に見た朴正煕元大統領の演説となる。引用した文章に続けて、朴元大統領はこうも述べている。「みなさんがわたくしに『親日か』、『反日か』ときかれるならば、わたくしの率直な感情から
から言下に『反日だ』と答えることでありましょう」

 そのように反日感情をあらわにしながら、こうもいう。

 「それにもかかわらず、そしてこの不幸な背景と難関をのりこえて、韓日国交の正常化を促進せねばならない韓国の意志にたいして、みなさんの深いご理解を期待するものであります。われわれは、より遠い将来のために、より大きな自由のために、より次元の高い自由陣営の結束のために、過去の感情に執着することなく、大局的見地において賢明な決断をくだしたいと考えるのであります」

演説は日韓条約などが調印される直前にアメリカでなされた。引用は「朴正煕選集3」によった。

ここに見られる大局観はなかなかのものだ。反日感情は当時も強く、日韓条約調印前、韓国内では大規模なデモが起こった。朴演説には、反日感情を乗り越えて自由主義国が結束していこうとする姿勢が明確に出ている。

共産主義への冷静な認識

朴元大統領は確たる反共の人だった。当時、自由主義国と共産主義国は正面から対立していた。朝鮮半島もこの対立に巻き込まれて分断されたのである。共産主義に対する朴元大統領の認識は鋭い。同じ演説から。

 「全体主義の挑発により、凄惨(せいさん)な事態が生れることを未然に防ぐためには、共産主義者がかかげるいわゆる協商ないし平和が、すべて偽装されたものであること、そしてそれが真の『目的』でなく、武力侵略をふくむ一切の侵略行為を可能ならしめるのに必要な『手段』であることを知らなければならないのであります」

日韓請求権協定で供与された資金などにより、韓国は漢江(ハンガン)の奇跡と呼ばれる経済成長を果たす。共産主義への冷静な認識と自由主義国としての国家戦略を持ったこのような韓国保守の系譜が、現在、文在寅政権下では親日清算の対象となっているということになる。

 北朝鮮はその国家思想において、古典的といってよいほど共産主義的である。そのことを忘れるべきではない。独裁制が敷かれ、人権や自由を抑圧する。そこで掲げられる平和は、朴元大統領がいうように「偽装されたもの」なのである。アメリカとのこれまでの非核化交渉で、核やミサイルを保持したままどれほど巧妙に立ち回ってきているか、思い起こせばよい。
文在寅氏には、おそらくそのような構図が見えていない。北朝鮮にいいように利用されてしまっている。やみくもな反日政策による日韓の対立は、北朝鮮に都合のよい事態なのである。
 朴元大統領を過剰に持ち上げるつもりもない。ただしその共産主義観、大局観は傾聴するに値する。反共とは単にイデオロギーの問題ではない。共産主義国の策謀を見抜き、自由・民主主義を守るということなのである。(編集委員兼論説委員 河村直哉)

朴正煕元大統領と日韓基本条約を妥協の産物だと否定する青木理の左傾化した浅薄なコメントと比べて何と洞察力と説得力に満ちた主張であろう。

*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
****************************** 

日本だけが蚊帳の外」と韓国擁護に必死

昨日のテレ朝「ワイド!スクランブル」で青木理がとんでもない発言をした。
日韓基本条約を破棄して安倍・文が話し合えと言うのだ。


テレ朝「ワイド!スクランブル」
対立「徴用工問題」資産売却へ
日韓それぞれの見解の違い


青木理
「輸出規制問題と徴用工問題が一緒くたになっている。世耕さんはそういう趣旨の事を言っている。
同じ趣旨の事を菅さんも言っている。
信頼関係が失われたのは元徴用工問題が原因だと言いながら、対抗措置ではないとか安全保障の問題だとか言っているが、そもそもそれが理由だという事を日本側が匂わせちゃった。
今になって、北朝鮮に横流ししてることが問題だと言っているが完全に後付けだ。
そもそもそれが理由なら最初からそう言えばよかった。
安全保障の問題だと言えばいいのに、散々ぱらそれを匂わせておいて、別ですよというのは韓国だけじゃなくて国際社会もあまり理解されないじゃないかなという気がする。
日本はWTOの準備を一所懸命しているのだと思う」

柳澤秀夫(元NHK解説員)
「世耕さんの7月3日のツイッターで確認したが、3つ目に旧朝鮮半島出身労働者についてはG20までに回答が示されず、その結果、信頼関係が失われたので今回の措置を取ると明確に書いている。
徴用工の問題と関係があると言っている。
だから今になって、その問題を切り離すと言われても、実は安全保障上の問題だと言っても、韓国側へのメッセージは日本政府の思ったように伝わっていないのではないか」

萩谷麻衣子
「多分、政治家の中では徴用工判決や慰安婦の問題とか、自衛隊レーダー照射問題はケシカランという思いが根にはあって、官庁の方はWTOに提訴された時に勝てる論理を立てなきゃいけけない。
根の所は徴用工の問題があると思う」

杉村太蔵
「文大統領は『日本経済に対して大きな影響がある』と大変なご心配を頂いたが、投資家の視点ではまったく当てはまらない。
対韓国の日本の貿易輸出入の総額は5%ぐらいだ。
いま完全に貿易交流が無くなったとしてもこの程度しか日本への影響はない」

青木理
「ただ、G20でトランプと習の関係はまづいよねと議長国としてアピールした後に外交問題と自由貿易を絡めているという日本の国際的な○○と、それから確か日韓の貿易高は減ってはいるけれど、しかし韓国の世界に置ける半導体シェアは高いし、ボクラが持っているスマホだったりかなり韓国の物を使っている事が多いので世界貿易にかなり影響がある。」


文在寅は
「韓国政府に対する重大な挑戦だ」
「結局日本経済に大きな被害が及ぶことを警告する」


と「宣戦布告」したと番組は解説。

イメージ 1
青木
「これは
韓国ばかり非難するワケに行かなくて
、売り言葉に買い言葉になって互いに強い言葉でお互いに当相手が悪いんだということになって段々取り返しがつかなくなってる。
韓国に対して『お前ら、北朝鮮に横流ししてるじゃないか』みたいな事言っちゃったら、今後、日韓で北朝鮮問題でいろいろ協力するというのをどんどん難しくしてしまう。
日本にとっての被害の方が大きい


北朝鮮に媚びる文在寅と協力しても意味はない。
文在寅の宣戦布告文を原文で読んだと青木センセは誇らし気に言っていたが、韓国語ペラペラの青木センセは日本人でありながら韓国の味方らしい。


青木
日本だけが蚊帳の外
になっている状況の中で米朝が動き出す。そこに韓国が付いていくという時に、じゃあ日本は誰の協力を得るの?またトランプさんにお願いするの?
そうじゃなくて韓国と協力しようという動きを止める方向に行っちゃう気がする」

青木
「日本人は分りにくいが、文在寅さんは朴槿恵さんの軍事独裁政権と戦う民間運動のらないと思うが、朴正煕さんは元々陸軍士官学校の出身で日本の保守政界と結びつきながら
日韓基本条約を成し遂げて民衆を物凄く弾圧した人だ

その時にお金を(日本から)貰ったんだけど開発に使っちゃって補償もしてないじゃないかと戦ったのが文在寅さん或いはその前の廬武鉉さんだ。
そうすると歴史を否定するのかというと、そういう時代のいろんな積み重なった人権弾圧や腐敗を清算しなくちゃいけないというのは支持層にとっては歴史の否定ではなくてむしろ世の中を良くする運動なんだという捉え方だ」

木下容子MC
「前向きに進めるために日韓基本条約、請求権協定を苦難の果てに作り上げたわけですよね」


大下容子MC GJ!

青木
「もちろんそうです。
これ言っちゃっていいのかな?
要するに、それは妥協の産物
だったわけだ。
韓国が軍部独裁政治から解放されてみると、その時の色々な矛盾が今吹き出している。
これは政治的な妥結なので、結局は最終的には文在寅さんと安倍さんがきちんと向きあって、政治的に妥結を乗り越えて行かないとたぶん妥結はできない。
ところが安倍さんは「韓国なんて嫌だ」、文在寅さんも「日本は○○だ」となっちゃったら、このままいくと永遠に交わらない。
両首脳は考え直して欲しいということだ」


国際条約は常に妥協の産物だ。

青木理にはヘイト用語かもしれないが「売国奴」の称号を進呈しよう。
*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
****************************** 

日本人は嫌韓を煽るなと

今回の日韓貿易問題で頻繁に登場する細川昌彦は元経産省の貿易管理部長であり、番組の反日的意向に一部迎合しながらも正論を述べていた。
朝日新聞系のテレ朝がどのような制作意図を持っているか実証するためにあえて文字起こししてみた。

テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」(2019/7/17)
泥沼 食い違う日韓 韓国では「日本で "冷遇" 報道も」


羽鳥慎一(MC)
「韓国から来た二人の担当者を迎えた日本の経産省の担当者のノータイのシャツ姿、名札も飲み物もない、椅子や机が無造作に放置、床にはゴミが落ちている・・・」

イメージ 1

細川昌彦(元経産省貿易管理部長)
「いや、「説明会」はこんなものだ、ワア酷いとは思わない」

と苦笑いしてコメント。

「輸出管理に関する事務的説明会」の張り紙はケシカランという韓国の報道をそのまま紹介して、あの張り紙は日本語ではなくて英語にすべきだとスタジオが愚論を展開。
なんで日本でやる会議で英語にするのかワケがワカラン。


イメージ 2

辺真一(コリアレポート編集長)
「韓国は冷遇されたと見る。これが日本のおもてなしかとみる人もいる。傍から見てもアンバランスだ。説明会となぜ書いたのか。
国際社会に訴えるためにも英語で書くべきだ


何も英語にする必要はない。韓国人は日本語が分るし、日本のプレス向けだ。

細川
いままで韓国は日本に馬鹿にされたという思いがある
。いちばん韓国に対しては注意すべきだ。そういう意味では配慮があっても良かったかなあと。
無用に韓国国民の反発を煽るのは私はよくないと思う


慰安婦問題日韓合意の一方的破棄と日本からの10億円供与による財団の通告なしの一方的解散、海自哨戒機に対するレーダー照射、1965年の日韓請求権協定違反の朝鮮人戦時労働者訴訟などと日本を馬鹿にしたのは韓国の方ではないか。


「巷間言われているように韓国が半導体の素材を第三国に流した、あるいは北朝鮮に流したという事ではありませんと、その一点については(日本側が)説明を受けたという形で、それなりの成果があったという受け止め方を(韓国側は)している」


括弧内はブログ主の想定だが、全体として意味不明。

韓国側の発表では北朝鮮と関係が深いイランその他の国に輸出しようとした案件を摘発したというではないか。
摘発したということはその数倍の摘発出来なかった案件があったという事を意味している。
日本政府の発表によれば、過去三年の間に安全保障に関わる品目の行方不明が激増したとしている。
しかも日本からの問い合わせにも一切返答して来なかったから不信感を強めたのだ。

浜田敬子(アエラ元編集長)
「本来の輸出管理の一環であると、禁輸ではなくて優遇措置の見直しというならば、もっと粛々とやれば良かったのに、一部の政治家の発言などで、これが非常に徴用工の問題と結びつけるような、報復的な意味を韓国に与えてしまったので、
日本側に責任がある


細川
「政治家の勇ましい発言のなかで、報道も禁輸だとか勇ましい報道になっちゃって、それがそのまま韓国側に伝わった。それで無用な反発を受けたという不幸なプロセスになった。
キッチリと向こうに伝わればこんな事にはならなかった。その原因は誰かのその発言ということもあるかも知れない」

細川センセ、甘い、甘い。そんな理性的な彼の人達ではない。
失言した政治家とは麻生財務相の事らしいが、日本の天皇陛下に謝罪を要求した韓国の政治家に比べれば、正論である。

浜田
「今迄韓国の人達が凄い親日になってたのに、(日本を)ボイコットすべきだという世論が盛り上がっている。
日本の措置は当然という日本側の世論を見ると、無用に世論が煽ってる感じがする


ハイハイ悪いのは全て日本です
朝日新聞社説「対韓輸出規制『報復』を即時撤回せよ」(7/3)と日本政府に命令しているし・・・

玉川徹
この国の外交はヘタクソだ
。鍛えられていない。WTOでは正しくても負けちゃうよ!
ジャケットぐらい着て行けばいいじゃない。掃除ぐらいしておけばいいじゃない!
なんでわざわざ馬鹿正直にそんな事やってるの」


「小泉首相が北朝鮮を訪問した時にニコッとも笑わない。昼食などのおもてなしに一切手を付けないで持参の手弁当を食べた。
弱気を見せちゃいけない、毅然と当たれと」

細川
「説明会というのを明確に映像にしておかないと、韓国側に俺達は協議したんだと宣伝に使われる。
過去我々はそういう苦い経験を一杯している

明確にしておかないといけないという意図がある」


細川氏が懇切丁寧に「不適切な事案」の意味と今回の日本の措置が正しいことを説明すると・・・

玉川
「どうなんですか?辺さん、分かんないよ、もう! 」


と辺に振って逃げる。
狡いぞ玉川!



「なるほど、その通りだと思う。要は日本の企業側に問題がある。
ここをキチッとすると・・・」


細川氏が反論しようとすると羽鳥が遮って辺にしゃべらせる。


「韓国はそのような受け止め方はしない」

浜田
「細川さんの言うのはその通りかもしれないけど、しかし、なぜ今このタイミングなのかと。
前後の政治家の発言・・・」

羽鳥
「そうですね! 」

浜田
「安倍首相も『原則の見直し』と明確に言っている。そうすると韓国側の受け止めは当然『報復だ』と受け止めるのは仕方ない。
それがWTOの場でも通用するのかなと」

玉川
「韓国は通用すると思っているのか?」


「まったく通用しない」

細川
韓国側の輸出管理者は去年、公取から出向したばかりであまり知らなかったらしい。
だからいちいち細かい事を説明しなきゃいけなかった


それが1時間の予定が5時間半もかかった理由かあ!

佳境に入ったところでいきなり次の話題へ。
細川氏の退場となった。
*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
****************************** 

全126ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事