反日勢力を斬る(2)

反日の中韓とそれに呼応する国内の反日メディアを斬る 安倍首相ガンバレ!

韓国

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

逆切れの文在寅哀れ

韓国を擁護する平井久志共同通信記者

韓国をホワイト国から除外するという日本政府の閣議決定に対して「今こそ韓国に謝ろう」の著者・百田尚樹氏はツイッターで喜びを爆発させた。

「やったで!韓国、ホワイト国除外決定!
さあ、韓国がどんな報復措置を取ってくるか、楽しみ。
頑張れ、韓国。底力を見せろ!
2019年8月2日は、日韓関係のターニングポイントになるだけでなく、日本という国家にとっても大きなターニングポイントの日となる気がする。
というのも、戦後、日本が外国に対して決然とした態度を取った初めての日となったからだ」
(2019/8/2 10:38)


文在寅は午後2時の緊急会議で、口汚く日本を罵った

文在寅
「私達は二度と日本には負けない。


(という事は一度は負けたという事?日本は韓国と戦争してないし)

加害者である日本が盗人猛々しく、逆に大口を叩く状況を決して座視しない
今後広がる事態の責任は全面的に日本政府にあることを警告する。
不当な経済報復措置に対して我々も相応の措置を断固取る。
日本も大きな被害を受けるだろう。
これから起こる事態の責任は全面的に日本政府にあることをはっきり警告する」


遂に汚いケツを捲くった。
支持率を維持するためとはいえ、日本政府の冷静な説明に対して何たる暴言。

いままで韓国を甘やかして来た日本にも責任の一端があるとはいえ、日韓関係がついに破局に至ったことはご同慶の至りである。

しかし前にもご紹介したように共同通信の平井久志客員論説委員の考えは違う。
アメリカの仲裁に従って日本は韓国と話合えというのだ。


TBS「Nスタ」(2019/8/2)
ホワイト国」除外 韓国はどう出る?


イメージ 1

平井久志
「日本の輸出企業にも影響が出る。韓国はホワイト国からAになるが、そこまで日本政府がやれるかどうか28日の品目の措置を見てみないと分からない。
重要なのはホワイト国は安保上の友好国という範疇だ。
韓国は友好国じゃないのかと受け取っちゃってる


(日本に散々友好国らしからぬ行為をして置きながら、「友好国ではないのか」とは笑える)

そのために普通の人達の国民感情だ、問題は。
ボクは10年以上韓国に暮らしたが、韓国の人は過去の問題と現在の問題を使い分けている人が多い。
ところが今回の事によって、我々のサムソンがSKが我々のLGがやられるぞといういう危機感に繋がった。
それが不買運動になっているので、健全だった韓国の市民感情が本当に反日になる危険性があるので、それをどうにかして止める必要があると考える。
ボクは韓国をホワイト国から除外するより(日本政府の言う)不適切なことを治す方が先だと思う。

(韓国は3年間も日本の呼びかけを無視して会談に応じなかった。どうやって治すことが出来るのか教えて欲しいものだ)

日韓はアメリカの提案に従って同じテーブルに乗るべきだ。
そうしないと、どんどんいろんな分野に波及していく。


観光業界は大きな打撃を受けるし、日中韓のFTAとか日中のFTAが動かなくなる。」


(日本に金を落とさないケチな韓国人観光客などに来てもらいたくない。
文在寅の親北的な政治姿勢と北朝鮮から侵入したスパイ活動(文は北朝鮮のスパイかもしれない)などの政治的な視点が欠落している。)


経産省、「ホワイト国」の通称を廃止 「グループA」に変更

経済産業省は2日、貿易管理上の優遇措置を適用する「ホワイト国」という通称を同日付で取りやめたと発表した。輸出管理の実態に応じて対象国を4グループに分類し、従来のホワイト国は一番上の「グループA」に改めた。28日付でホワイト国指定を除外される韓国は、Aに次ぐ「グループB」に入る。
*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
******************************  


武藤元駐韓大使が韓国のやり口を暴露

予定通り、今日の午前10時、韓国をホワイト国から除外する閣議決定が行われた。
NHKニュースは速報で流したが、解説者の一人がアメリカが調停に乗り出す可能性があると韓国が喜ぶようなコメントをしていた。
さすがNHK。

メディアや評論家は令和新選組の
山本太郎を持ち上げる一方で、「NHKをぶっ潰せ」のN国党の立花隆志党首(元NHK職員で元千葉県船橋市議員)を批判している。
国民の金をふんだくるNHKの殿様商売と反日姿勢に反対するブログ主としては、N党の旗揚げに大賛成だ。

当ブログで度々槍玉に挙げている紗鴎一歩という元新聞記者(毎日新聞とも言われている)は産経新聞をこきおろしている。
スクランブル放送に反対するNHKを産経新聞社説「公共放送として襟を正せ」(7月28日)が「皆様のNHKとは思えない」と批判した事を非難しているのだ。


President Online(2019/8/1)
N国党に乗じてNHKを批判する産経新聞のレベル


立花氏が党員の多数派工作をしていることを・・・

「共産党の小池晃書記局長までもが「議会制民主主義以前の問題だ。衆院が全会一致で『議員の職に能(あた)わず』と糾弾決議するような人物を勧誘して入党させる。政党としての見識が根本的に問われる」と国会で記者団に語っていた。まさにその通りだ。」

と批判。
朝日新聞や共産党が批判しているということは、立花氏が正しいことをやっているという証拠だ。

話がそれたが、今朝のテレ朝「ワイド!スクランブル」は早速ホワイト国削除のニュースを伝えていた。

イメージ 1



世耕経産大臣
「本日の閣議決定に置きまして、輸出貿易管理令の改正が決定されました。
7月1日に発表した通り、別表第3の国(ホワイト国)からアジアで唯一の該当国であった韓国が除外されたことになります。
あくまでも今回の閣議決定は韓国の輸出管理瀬制度や運用に不十分な点があることなど踏まえた輸出管理を適切に実施するための運用見直しであり、元々、日韓関係に影響を与えるなどということはまったく我々は意図しておりませんし、ましてや何かに対する対抗措置といった種類のものでもないわけであります」


イメージ 3

皆様にお願いした経産省のパブコメへの投稿も功を奏したと言える。
マイナーなブログではあるがいささかの役には立ったかなと思い、ご協力頂いた方達に御礼を申し上げたい。


文在寅は今日の午後2時から緊急会議を開き、声明を発表するという。
何を今頃になってジタバタしているのだ。
韓国をアジアのなかで唯一のホワイト国として特別待遇したことに甘え切って、日本を舐めてかかった文在寅の自己責任である。
特例から外されたといって官民揃ってこれだけ大騒ぎするのは、よほどいままで甘い汁を吸って悪い事をしてきたのではないか。

番組で
武藤正敏
・元駐韓特命全権大使のコメントは韓国の国民性を知り尽くした人間として真に説得力があった。

イメージ 2

武藤
「日韓どちらも譲らないと言っているから、これはもうどうしようもない」

「今年前半だけで、韓国に進出する外国企業が半分になったとか、6割になったとか言われる中、こういうメリットがなくなると、ますます韓国に進出し、投資する意欲が無くなってくるから、いろんな意味でデメリットは発生する」

「いままで韓国とは随分交渉して来た。その時のやり方は常に『自分達は日本にこういう事を要求している』と事前にリークする。
韓国の世論がそれを後押しした段階で日本に対して『自分達の世論はこういう事を言ってるから折り合えない』と言ってくる。それが韓国の交渉パターンだ。
こういう交渉のやり方では、今後の日韓関係は成り立たないし、韓国側の反日キャンペーンそういう事をやったらケシカランという声は起こらないから、どんどん盛り上がって行く。
今回のローソクデモも北朝鮮側の親北朝鮮の学生の連合体が加わったり、北朝鮮に近い人がどんどん加わっている。
だから、エスカレートする。
でも、これで日本が降りたら、いつまで経っても日本は降りるだろうという風潮がまますます広がるので、毅然として対応するしかない。
こうやって日韓関係を悪くすれば必ず韓国に跳ね返ってくる。
韓国はそういう事を理解しなければならない


韓国のやり方がよく分かる。

「いままで日本はこれほど韓国に強く出たことはない。だから戸惑っているという所もある。
日本ケシカランという雰囲気になっている。
北朝鮮系のグループが前に出て来たということは、これから激しくなるという兆候だと思うが、これだけやってもメリットが無いという事を悟って貰わないと、いつまでもこれは続くと思う」

小松 靖(サブキャスター)
「日本製品の不買行為は天に唾する行為だ」


小松クン GJ !
*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
******************************  

日本も韓国も米国の仲介を待つとは情けないと星 浩

悪化する日韓関係に「胸を痛める」TBSは政治の世界ではギクシャクしているが日本の若者たちは韓国が大好きだと強調していた。
また、星 浩は日本も韓国もアメリカの仲介を待っているとは情けないとフェイクコメントをした。
日本はアメリカの仲介など待ってはいない。


TBS「News23」(2019/7/31)
ギクシャク日韓 若者との "温度差"


ナレーション
「この暑さにもかかわらず、東京の新大久保には多くの若者が集まっていました。
今人気のB級グルメ、K-popアイドルのグッズショップや韓国コスメ店には多くの女性達が詰めかけていました。
韓流ドラマに始まった韓国ブームですが、今や人気は俳優やアイドルのみならず、グルメや化粧品、音楽など幅広いジャンルに及んでいます」


イメージ 1


売り上げは落ちていないという店員。

新大久保の若者達のインタビュー(局の意図的な編集)を見て情けなくなる。
韓国では反日教育を受けた若者達が、日本大使館に乱入したり、反日デモをしたりしているというのに。


ナレーション
「一方で、政治レベルでは対立が続く日韓関係。日本の若者たちはどう思っているのでしょうか?」


イメージ 2

大学生
「政治的に悪化していても、だからといって、そういう文化も嫌いになるわけじゃない」


日本人なら韓国の文化を好きになる前に日本の文化を学べ。

専門学生
「あまり気にしてないですね。アイドルを追っているだけだから」

ナレーション
「関係悪化もどこ吹く風」


若者は韓国が大好きという世論調査

イメージ 3

去年のデータとは古い。
若者は韓国が大好きという世論調査結果だけに焦点を当て、日本人の58%が親しみを感じないという事実を隠している。
その後の韓国の日本に対する振る舞いに日本人の反韓意識は更に高まっている筈だ。


韓日議連の連中が輸出管理の適正化やホワイト国からの除外を止めてくれと韓国からやって来たが、日韓議連は話に乗らず、物別れ。
予定していた共同声明は見送られた。

韓国の「地方政府連合」は「輸出規制措置を直ちに撤回しろ!」と叫び、日本製品の不買運動と日本への旅行ボイコットに積極的に参加すると宣言した。


ナレーション
「日本と韓国を結ぶ直行便も相次いで欠航が予定されていて、大韓航空は釜山-札幌便を運休。
日韓の交流事業にも次々と影響が出ています」

●来月開催予定だった日韓小学生ハンドボール大会が中止。
●松江市の中学の相互派遣事業も取りやめ。


しかし韓国ソウル市内の音楽スクールでは日本の若者がK-POPアイドルを目指して猛訓練とVTRを流す。

まことに嘆かわしい。

韓国芸能界の数々の事件は日本にも漏れ伝わっているというのに。

しかしアメリカのポンペオ長官が仲介に乗り出したと期待を高めるTBS。
ロイター通信のガセネタを紹介。


星 浩(キャスター)
「アメリカの政府高官によると、アメリカ側はホワイトから外す事をちょっと待ったらどうかと提案してくる可能性がある。
2日には日米韓の外相会談もあるので、その動向を見るのか、それとも予定通りホワイト国から外すのか、これはもう安倍総理の最終判断になると思う」

小川彩佳
「VTRにもあったように若い方の間では音楽やファッションなどを通じて非常に友好な、かってないほどの関係が繋がっている。
政治はそういう動きを後押しして欲しいと思いますけどねえ」


馬鹿言っちゃいけない。
日本のバカな若者が韓国の三流文化に毒されているだけの話だ。



「お互いに批判だけじゃなくて、出口を探ってもらいたいと思いますけど、こういう時に、日本と韓国の問題をアメリカの仲介頼みと言うのは、これは日本も韓国もちょっと情けない限りという気がしますね」


日本はアメリカに仲介など頼んでいない。
それを言うなら告げ口外交が得意の韓国だろう。

明日、日本政府は粛々と韓国をホワイト国から除外する閣議決定をする。
*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
******************************  

日韓議連外交は時間の無駄だ

今日韓国から議員団が来日した。
現在、設定中の3品目輸出手続き正常化の廃止を求めるとともに、明後日、閣議決定される予定のホワイト国からの韓国除外を阻止しようとする意図をもった議員団である。
二階幹事長が出席するというガセネタ流れたが、どうやら出席しなかった模様だ。


イメージ 1

額賀福志郎日韓議連会長が対応した
河村建夫事長や立憲民主党の白眞勲幹事の姿が見える。

案の定、韓国側はホワイト国除外の撤回を求めたが、「それは政府のやることだ」と逃げたようだ。

室谷克実氏
「韓国議員団が日本に来て、日韓議連関係者らと一緒に酒を飲み交わせば、安倍首相の決意が変わると考えているとすれば、甘すぎる。文議長としては『韓国国会も状況改善に動いている』と国内にアピールしたいだけで、何か物事が進展するとは思っていないはずだ。何も譲歩を引き出せなければ、帰国後に『日本は冷たい』『ひどい国だ』などと韓国世論に説明し、さらに反日を煽るつもりなのだろう。日本の政治家らに手を回すのは彼らのよくやる手口だが、
断固とした対応を取る安倍政権には通用しないと理解すべきだ


「ホワイト国解除」は安倍首相からトランプ大統領に根回し済みだと今迄思っていたが、ここに来てポンペオ長官の動きが怪しい。

Jcasニュース(2019/7/31)
韓国の揺さぶりが効いた? 「米国が仲介」報道が出た背景


元徴用工らへの賠償を命じる判決や、韓国への「ホワイト国」解除をめぐる問題は、もはや日韓の2国間の問題ではなくなったようだ。
米国が日韓に対して、事態を悪化させないための時間稼ぎをする「据え置き協定」の提案をしたという報道があったのに続いて(日本政府は否定)、米国のポンペオ国務長官は日米韓の外相会談を開いて「(日韓)両国にとって良い状況が見つかる手助け」をしたい考えだ。ここでポンペオ氏が口にしたのが、北朝鮮の非核化の問題だ。韓国側で日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すべきだという議論が起こっていることに警戒感を強めている可能性もある。

イメージ 2


協定で「二国間の溝が解決できるわけではないが」...

米国が日韓の「仲介」を試みる動きが加速している。ロイター通信は7月31日未明(日本時間)、米政府高官の話として、

「米国が日韓に対して、交渉の時間をかせぐために深刻な外交問題について『据え置き協定(standstill agreement)』の署名を検討するように求めた」

などと報じた。この高官は、協定の狙いを

「据え置き協定で二国間の溝が解決できるわけではないが、話し合いの時間を設けることで、さらなる措置を一定期間防ぐことはできる」

などと説明したという。
これに加えて、米国のポンペオ外相は8月初旬にバンコクで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議で、河野太郎外相、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と個別に会談した上で、3者会談を開きたい考えだ。ポンペオ氏は7月31日にバンコクに向かう機内で開いた記者会見で、3者会談で「前進するための道筋が見つかるように促す」と説明。
その意義を北朝鮮問題とからめながら「これは重要なことだと考えている。両国とも米国の偉大なパートナーで、両国とも北朝鮮の非核化に向けた努力のために、米国と緊密に連携している。両国にとって良い状況が見つかる手助けができれば、それは米国にとっても重要で、両国お互いにとってもそうだ」
と話した。仮に3か国間の会談が行われれば、ロイターが報じたような「据え置き協定」が議題になる可能性もある。


韓国を通して第三国に化学兵器になる素材を流出させてもいいとアメリカは考えているのか。

ポンペオ長官の言う通りにすれば、安倍首相はヘタレとして完全に支持基盤を失うだろう。

4万件を越えるパブコメの9割がホワイト国除外に賛成するなか、またもや韓国に屈するのか。

一方、文在寅も司法の判断を支持すると宣言した以上、今更韓国における日本企業の資産売却を阻止することは出来まい。
そんな事をしたらヘタレの文在寅と烙印を押されてたちまち豚箱入りだ。

両国とも後に引けない日韓をポンペオ長官がまとめることはできないだろう。
*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
******************************  

往生際の悪い韓国哀れ

外務省が徴用工問題は解決済みの資料公表

韓国は世界に向かって、ますますお馬鹿さんぶりを発揮して、その様子は怒りを通り越して哀れになって来る。

まず、日本の「貿易管理の適正化」は寝耳に水だったようだ。
それが事実だと分ると狂ったように反撃して来た。
イジメられたと世界中に言い触らした。
アメリカに泣きついた。
その狂態ぶりがますます韓国の弱みを露呈して、世界の笑いものになっているのに気が付かないのか?

韓国のホワイト国リストからの除外は8月2日に閣議決定すると公表されているのに、まだ一縷の望みを託している。

朝鮮日報(2019/7/30)
ホワイト国除外 8月2日決定の可能性「相当高い」=韓国外交部


【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は30日、日本が安全保障上の友好国として輸出上の手続きを簡素化する「ホワイト国」から韓国を除外するための政令改正を8月2日に閣議決定する可能性は「相当高い」との見方を示した。(以下略)

そして世界にその不当性を訴えると相変わらず息巻いている。

時事ドットコム(同上)
ホワイト国除外中止を要求=国際社会に不当性説明−韓国外相


 【ソウル時事】韓国の康京和外相は30日、国会外交統一委員会で、日本政府による輸出管理強化措置への対応を報告し、「わが政府は、日本政府が既に実施している輸出規制措置を撤回し、(輸出先として信頼できる)『ホワイト国』からの韓国除外推進を中止するよう強く求めていく」と述べた。また、「これらの措置が両国関係に及ぼす否定的な影響について厳重に警告していく」と強調した。
 康外相はさらに「国際社会に日本の措置の不当性を引き続き説明し、わが国に有利な世論をつくり、日本が立場を変えるよう、積極的な働き掛けを続けていく」と語った。


ソウルの各国大使館職員を集めて日本は不当だと説明し協力を求めた。

聯合ニュース(同上)
在ソウルの各国大使館に日本輸出規制の不当性説明 韓国政府


韓国外交部は30日、ソウルの同部庁舎で各国の在韓大使館職員を対象に説明会を開き、日本政府が半導体などの材料3品目の対韓輸出規制を強化し、輸出手続き簡素化などで優遇する「ホワイト国」からの韓国除外を推進していることの不当性を説明した。
(中略)
説明会には日本を除く米国、英国、スイス、イタリア、オーストラリアなど、四つの国際的な輸出管理の枠組みに参加している国の在韓大使館や欧州連合(EU)代表部が参加した。

呼びつけられた各国大使館の職員にとっては随分迷惑な話だ。

韓国は今日、日本に議員団を送り込み日韓議連と会合する。
ホワイト国除外は止めてくれと懇願しに来日するのかと思いきや、そうではなく、「止めろ」と「伝達」に来るらしい。
閣議決定が予定されているのだから「来ても無駄だ」と断ればいいのに、それを受け入れる日韓議連は国民の批判を免れないだろう。


聯合ニュース(同上)
韓国国会代表団 日本に輸出規制撤回・ホワイト国除外不可を伝達へ


【ソウル聯合ニュース】31日から日本を訪問する韓国の国会議員団は30日に開いた専門家懇談会で、日本に対し、対韓輸出規制を撤回するよう要求するとともに、輸出手続き簡素化などで優遇する「ホワイト国」から韓国を絶対に除外してはならないとの立場を伝達する方針をまとめた。国会の韓ミン洙(ハン・ミンス)報道官が会見で伝えた。
は代表団について「韓日両国の問題を外交的に解決しなければならないという考えを強く伝達する。両国の外交で解決されなければならない雰囲気を作り、架け橋の役割とモメンタム(勢い)を作る触媒の役割を果たすことができるだろう」と話した。
(中略)
31日午前に出国し、同日午後に超党派の日韓議員連盟の額賀福志郎会長との面談と昼食会に臨む。また公明党の山口那津男代表とも面談する。1日には国民民主党の玉木雄一郎代表、野党第1党である立憲民主党の福山哲郎幹事長と面談する。

産経新聞が1965年に締結された日韓請求権の交渉記録が公表されたと報じた。

産経新聞(2019/7/29)
徴用工問題「支払いは韓国政府」で合意 外務省、日韓協定交渉の資料公表


外務省は29日、いわゆる徴用工問題をめぐり、1965(昭和40)年に締結された日韓請求権協定の交渉過程で、韓国政府が日本側に示した「対日請求要綱」を公表した。要綱には元徴用工らへの補償請求が明記され、この要綱をすべて受け入れる形で計5億ドルの資金供与と請求権問題の「完全かつ最終的」な解決をうたった請求権協定が締結された。
 対日請求要綱は8項目で構成され、その中に「被徴用韓人の未収金、補償金及びその他の請求権の弁済を請求する」と記載されている。要綱と併せて公表された交渉議事録によると、1961(昭和36)年5月の交渉で日本側代表が「個人に対して支払ってほしいということか」と尋ねると、韓国側は「国として請求して、国内での支払いは国内措置として必要な範囲でとる」と回答した
 韓国側が政府への支払いを求めたことを受け、日本政府は韓国政府に無償で3億ドル、有償で2億ドルを供与し、請求権に関する問題が「完全かつ最終的に解決されたこと」を確認する請求権協定を締結した。
 しかし、韓国最高裁は昨年、日本企業に元徴用工らへの損害賠償を命じた判決を確定させた。日本政府は「国際法違反」として韓国政府に早期の対応を求めている。


いわゆる徴用工問題はこの時すでに解決済みであることは周知の事実だが、それでも日本に対する個人の請求権は残っていると言い募る青木理センセやリベラル左翼はこれをどう説明するのか。
*****************************  
 リックをお願いします! 
       ⇓         
http://ponko69.blog118.fc2.com/『FC2ブログランキング』    
******************************  


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事