ここから本文です
音楽&ももクロ参戦日記(チャーリー@ドミノフ)
音楽とももいろクローバー関係はこちらへ。有安同盟2217もらいました

最近聞いたCD


最近聞いたCDを
イメージ 2
ブルーノ・マーズ「24K・マジック」、さすがグラミー賞です。
岡崎体育「OT WORKS」、MOMOTAROU、パピコ好きです。ライブ行きたい。
米津 玄師、「BOOTLEG」、想像以上に良かった、音が楽しい。ライブ行きたい。
Official髭男dism「エスカパレード」、これもいい。ライブ行きたい。
LiSA「Day&Way」、歌上手。
JUJU「BIG BAND JAZZ LIVE "So Delicious, So Good"」、俺ダメだった。JUJUは小編成の方が好きみたい。

翌日に借りたのがこれ。
イメージ 1
JUJU「I]、4曲目以降が好きかな。
松たか子「明日はどこから」、歌上手。
ミニー・リパートン 「永遠の詩/THE BEST OF MINNIE RIPERTON」、やばいレベルで歌が上手、音も当時なのに新鮮にさえ感じる、今回のヒット。
fox capture plan 「UИTITLƎD」、いつも通りにずっと流していたい音ですね。
H ZETTRIO「PIANO CRAZE “EXCITING FLIGHT盤”」、このJAZZバンドさんのライブが楽しそうですね。ちょっとハマるかも・・

今回借りたCDはかなり満足感高いです。
どの方のもライブに行きたいと思わせる内容、本当にすごい。
ベスト3は、米津 玄師、ミニー・リパートン、H ZETTRIOさんかな。

この記事に

開くトラックバック(0)

桃響導夢へ参戦

桃響導夢へ参戦してきました。
こちらも先に雑感とか書こうかな。先に言っておきます「個人の感想や妄想でそれぞれ差があります」と。

10周年の東京ドーム、1月の杏果さん急な卒業で「10周年は立てると思ってた、でも出来ない・・」という意味も含めて、この目で見てこようという気でしたので、抽選に入れて当選。
前日に入って、ゆっくりと思っていたら、BiSHの横アリがあるじゃん。つい入れたらチケ当選、充実した2日間かなあ・・と思っていたら、ももクロも前日に追加公演(汗)。
春の一大事で2日間は違う内容と言うし、ニッポン放送の吉田アナウンサーさんコラボのごぼうシートなる特典付きが急きょ決定て、BiSH干して応募&当選。
と言う事で東京ドーム2Daysの参戦が決まりました。

大方の予想では、1日目は今までのアリガトウ的な感じ?2日目はこれからの再出発的な内容になるのでは??という意見でしたので、自分も最後の緑装備にて初日を迎えようと決意。タンスの奥から緑ユニフォームを持参しました。2日目は箱の装備を準備します。

ライブ開始数日前には「緑排除」なる考えの方が出てきて、確かにメンバーの本心は4色を見たいかもしれないけど・・杏果も緑を離れたし・・と言う事も判らないではないけど、たとえ杏果が緑を嫌でも自分なりのももクロとの関わりの数年間という時間と、杏果ファン同士の思い出も含めてドーム初日は緑で行く理由があったと思います。今流行りの「忖度しろよ」と言われても、1日ぐらい好きな格好で行かせてくれや!って言うつもりでの初日ですね。

初日はごぼうシート、レフト側ポール付近の席でして、壁付近だったので実際にはスタンド3列目です。アリーナとかに比べれば残念ですが、スタンド席としてはかなり見やすいです。
1曲目は度肝を抜かれました、緑も過去の青と同じになりました(汗)そんな感じ。
ライブ自体は集大成っぽいライブでしたね。今回も双眼鏡持参ですが、一番大きい奴を持って行ったので離れているステージでもちょうど4人がピッタリ見えるサイズです、表情も見れて良かった。
もうこのサイズでは緊張感でアタフタする感じは無いですね、彼女達(笑)。完全に主役とモノノフと言う感じでホームゲーム。
移動するトロッコ上から「れにちゃん」からレスもらえました、双眼鏡でのぞいている僕を見て手で自分の顔を指し「私の顔、アップでよく見えてる?」か「私の顔きれいに大きく見てね」とかそんな感じのアクションしてくれた。前のカップルが手で丸とか作ってレス欲しがっていて、キター!って喜んでいたけど・・違うのだよ、こっちだよーって隣の人と(れにちゃんは探してくれるんですよ)。
あと、なんと!「いづみ」さんに握手してもらえた(笑)かなり嬉しい世代。
楽しく初日を終えました。

2日目はレフトスタンド側のポール付近。まさに前日の正反対です(笑)。
実はこの日がやはりメインだろう・・とは予想してまして、開始前のノフ知人と話していた事は
・ゲスト入れる?
・杏果曲を入れてくる
・ワーズ、ゴリパン、アリプレのどれかやるかも・・
・ワーズは他人の曲なので使いずらい。
との会話。
そして開演、まさにライブではあーりんちゃんがゴリパンを歌いましたね。
まあ、決意っぽい事も入れるだろうと思っていましたけど、舞台演出さんからの要望ではなく、たぶん運営さんがシナリオ用意して歌のパート割とかしたとは思うけど、誰がやるか?はどう決めたのかが気になるけど、これはファンタジーで流した方が良いよね(笑)ヒャダインが作った新しいZファンファーレ?もね、メンバーと話して作った感じでは無さそうだしね・・宮本さんオーダーだろうし。クロダイもね。
まあ最後の涙まで含めて、最高のステージでしたね。オッサン達が用意した舞台演出を越えて来ているから、すべて彼女たちのステージになってた。

・・雑感・・
今回気になったのは、今までは歌っていないメンバー同士はかなりアイコンタクトしてました、このドームではほぼ目線を合わせて笑顔を交換しては居ませんでした。双眼鏡ノフは見ていましたよ、悪い意味では無くて次の振りに入るための表情を作っていたように感じます、視線を下げてちゃんと演技してました。
ムービングステージでも、みんなにレスをするパートと、振りをちゃんと入れるパートが小節単位で決まっていたりと、ピシ!ってしてましたね。これが効いてる感じで4人のダンスの連動感が凄かったのですが、スクリーンでは歌っている1人アップが多くて、綺麗なフォーメーションや4人の表情が写ってなくて「もったいない!」と思いました。特に初日のHANABIの振りは綺麗でしたよ!
見ていて思ったのですが、これからは4色を分けるのでは無く全体の綺麗さに重点したら?って思いましたね。

音楽的な部分ですが、今回のDMBは個人的には・・・DMBBって感じでした。ダウンタウンももクロ(バック)バンド。彼女たちを支える感が強かった気がします。まあ東京ドームという箱の問題(反射音?、音量規制?)でそう聞こえたかもですけど。
正直。。バンドさん入ったら、セッション感とか欲しいんですよ。武部さんの頃って、バンドが歌も引っ張り上げる感もあってライブが楽しかった部分もあって、最近では昨年の春の一大事で、TAKUYAさんギターで、DMBメンバーも負けないぞ!っぽい演奏で良かった印象なんですよね・・ほんと音の出し方とか食い気味で来る感じとか(笑)。今回は主役の引き立てですかね(昨日のフォーク村の方が演奏は好きだったかも)。

あと、最高のエンタメですごいアイドルライブだったと思います、本当にそう思った。見に来ていた他のアイドルさんも刺激を受けたんじゃないかな?こんなのやりたいって。
逆に、杏果さんは卒業して良かったんじゃないかな?って、向かう方向が違うよね・・ってちょっと思いながら見ていました。

オッサンたちが「ももクロしか興味ない、アイドルじゃない、アーティストだよね」っていう方多いですけど、個人的にはクリエイティブという意味で使うアーティストに入れるのは違うかな?って。なんでも対応できるパフォーマー的かな。歌手と言う意味ではあってるけど、そうならばアイドルみんなアーティストだし。

ももクロは運営さん含めての「ももクロ」と言う印象が最近強くて、このライブでもプロレス的な雰囲気や、10周年を単にお祭りにせずに、一つの記憶に残る点にすることとかが物語っていますね、kwkmさんが秋元さんやヤスタカさんっぽく強くなってるのかな?
とは言え、メンバーがなんでも出来ると言うのが強みで、4人がオーダー以上の仕事をするから感動が生まれると思っています。

でもね・・ドーム見ながら。。杏果さんを素晴らしいステージで卒業させてあげられなかったのは何故なんだろう・・卒業ライブには大好きなバンド演奏を入れてあげたかった。。と思ったライブでもありました。杏果が「せめてお疲れ様って言ってほしい」と言う意味が重く頭に残ったままドームを後にしたのは確かです。

他のメンバーも今は抜ける気は無いだろうけど、この4人はもう変えられない。スタダからももクロ無くなったら事務所が成立しないレベルで負担割合は強烈ですよね、たぶん・・。どうにか分散させようとしていると事務所はあの手この手でやってるとは思うけど・・どうなんだろうね。

さてさて、チームももクロが、今後も何を提供してくれるのか?楽しみに感じるライブでした。
いっぱい書いちゃった(笑)言いたい方はうちの宿に来て話しましょう!!

さて、ライブ日記を!

千歳空港で、すでにノフ会?
イメージ 1
バニラのセールで取りました。3500円位で成田へ!
イメージ 2
ワーズの手袋を取った方に見せてもらいました。
これ、2018.1.21ですよ!
イメージ 3
推し事交換してた公園へ、皆さんありがとう。
そして、有安青果店の前掛けを10周年に連れてきました。
せんべぃさん、ドームへ連れてきちゃった。
前掛けは最後の現場になると思います。
イメージ 4
交換ノフさんと記念写真!
イメージ 5
すずたか氏発見!
イメージ 6
初日の感想戦。北海道?って思うくらいにドミノフさん多い。
イメージ 7
船盛のから揚げ食べるあーりん
イメージ 8
みなさん、人形持ってますな・・
イメージ 9
これが今回持参した双眼鏡、重たかったけど絶対にドームでは良かった!
イメージ 10
2日目に行った灯花さん。
イメージ 11
推され隊の写真とサイン。
イメージ 12
イメージ 13
これが導夢です。
イメージ 14
推し事の方々と写真撮影なう
イメージ 15
コスノフさんも撮影してた。
イメージ 16
2日目の感想戦、終電過ぎても飲んでた。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
雨の中。。宿へ。
イメージ 20
帰りも安いバニラです。
次はいつ参戦できるのかな・?
イメージ 21
沢山の推し事交換ありがとうございました!!
イメージ 22






この記事に

開くトラックバック(0)

Final、E3000ver杏果を

これってオーディオカテゴリのようだけど(笑)。やっぱりこのFinal杏果verのE3000を買う人はモノノフ程度でしょ(笑)
ちょっとオペアンプとかマニアックな事を書きますけど、オーディオファンさんも有安さんのライブ盤を見てCD聴いてもらえると嬉しいです。

このイヤホン、ウォークマンで聴いても本当に表現がいい(決してモニタ的に良い音とは言いませんが)。特にライブ盤での表現が一番いいような気がします。
そりゃFinalでも高価なHevenでも買えば杏果と一緒に幸せになれるかもしれませんが、それじゃあダメな気がするんです・・杏果verで聞く理由があるんです。
(他のイヤホンはKZ-ZST、KZ-ZS5、TRN-V20、PHILIPS-SHE9712等を聴いています。)

杏果の武道館ライブDVDの特典についてるライブCDをしょっちゅう聴いています。この音源を聴いてると、本当に現場に居る錯覚を覚えます。
(実は4月に配達されてきた物は、あまりに高域が籠った音でダメダメで聴いてなかったのですが、久しぶりに聴いたら片側の音が出なくて、先日ポシュレで交換してもらった物が良い音でした。最初から交換してもらえば良かった)
イメージ 3
ウォークマンで聴いている時はそれで良いけど、PCからの音楽を聴くときはUSB-DAC機能が付いたヘッドフォンアンプを利用します。
ある意味、これで聞く音楽が一番多いので、どうにか好みにしたい。
ヘッドフォンアンプ(ポタアン)のグレードアップと言えばオペアンプ交換(笑)
イメージ 1
早速ばらして、搭載オペアンプを抜いて8ピンソケットを装着!
実はここでトラブル。。交換したハズなんですが、何故か片側chが反応しない・・再度オペアンプをハンダ付けすると動く、なんで??
さすがに中華品、スルーホールが抜けてる?感じで表面のパターンにハンダが付かないというオチ(笑)。でもソケットは大きいので表面からハンダ付け出来ない。なのでギリギリまで上に上げた状態で隙間から上ハンダ付け。

無事にソケット化終了。
イメージ 2

さてさて、お待ちかねのオペアンプ交換。
標準はNJM4556ADD(50円程度)が搭載されていました、4558の改良版で音は悪くなく、このままでも十分満足な音です。

用意したのはOPA2604、OPA2134、NJM2114DD、MUSES8820D、

音質だけの評価では無く、あくまで杏果さんのライブ音源を楽しく聞けるオペアンプを選ぼう!という事で選定してみます。

以下交換した順番で(笑)

OPA2604(500円):ボーカルも演奏も聞きやすい、ホールライブの最前で聴いている感覚です。さすが4556とは違う、ただ最前過ぎるんです・・不自然な位に。普通の音源を聴くならこれかな?

MUSES8820D(400円):OPA2604に比べるとボーカル位置が下がる&ホールライブの20列目で聴いている感じで、全体の空気感(バンドさんのライブ感)はこちらの方が好き。ただもうちょっと高域のくっきり感があれば最高。

OPA2134(320円):MUSE8820と似た音域バランスに感じる。くっきり感はこちらが上で、海外の高級小型スピーカーのオーディオっぽいイメージ。どうだ解像度良いだろう!って言う感じ。イヤホンやスピーカーの違いを楽しむならこれで良いかと思う。ただホール感は薄い・・狭い訳じゃ無いけどね。うーん悩む、E3000の特徴差を感じるなら、このオペアンプにして違うイヤホンと差し替えるのも手ですな。

NJM2114DD(100円):安いけど、さらに安価な4556よりも明瞭感は出てボーカルや楽器は聞きとりやすい。ホール感はちょっと狭くなる。音がちょっと薄い以外は悪くはない。


悩んだ結果、8820にします音はアナログっぽい部分もありますが、ライブ会場に居るような雰囲気を選びました。OPA2134も音質だけなら良いです、この2つを交換しながら使うかな。杏果さん復活まで聴き続けるために・・
「色えんぴつ」・・この組み合わせで聴くと泣ける。






この記事に

開くトラックバック(0)

滋賀の東近江市、春の一大事へ参戦してきました!

先に感想を書いちゃいますね。
まず、暑かった!気温差にやられて倒れそうなレベル。実際に連日の熱中症で搬送者出たらしいです。それでも雨よりは良かったけど、もし雨だったらこの人数は大変だったはず。野球場のグラウンドはきっと田んぼと化していたと思いますので、次回の春の一大事は雨対策をしっかりやって欲しいです。(帰路の足洗い場の設置も)

見に来ている方が、ライブ自体が初めての方も多いようで、親子さん(小さな子供と大人も多かったけど、大学生の娘と親とかもかなり多かった)が目につきました。

そんな方々ですので、ライブ前の物販も多量に買いますから、オルスタの会場には手荷物が沢山(笑)リックも多い。開演前に疲れて座り込む人(高齢者に限らず)も多数です。フェスなどのオルスタ慣れしている方が、荷物置くなよ!かばん邪魔!とかいう人もちょっとは居ました(ダメな奴は意図的にかばん足で踏んでる気がしてた)だけど・・ほとんどの方々が優しく圧縮もせず、その場でマナーよく楽しんでいたと思います。
1日目は最後尾付近、2日目はサブステ最前という場所でしたが、周囲の人も楽しい方々で圧縮も無く、譲り合う感じで最高に楽しいライブになりました。

正直、オルスタの汗っぽい部分は「春の一大事」には似合わないと感じましたね。初心者多いし、ももクロちゃんの評判を考えたら地方での圧縮はダメだと思います。
周辺自治体も和やかな雰囲気だからこそ誘致して、市民の初見さんも楽しい!と思う事が一番では無いかと・・それが笑顔の連鎖と思いますね。

昨年の富士見市は生バンドの迫力があって、最後方でも楽しかったですけど、正直初日の遠い場所では音も悪くて、ライブの楽しさはちょっと低かったかなあ・・。音響は広い会場こそお金をかけて欲しいです。あまりに遠い両サイドは酷かったと思います。

杏果が抜けてからのライブは2回目の参戦です、青春青森に続いて。
4人もだいぶ慣れた感じですし、笑-笑の曲も歌いやすいから、青森の時のちょっと肩肘張った感じは無くなってました、ちゃんと笑顔送ってた(最前だったので、カメラ回ってる時はすげえ笑顔のプロだなとみてました)
ダンスの連動はあまりすげえとは思わなかったかな・・屋外で広かったから、位置取り(歩行のタイミングや場所)に気を使っていた感じです、練習場所が前日だけだったからかも。

レスはれにちゃん。初参戦の人と一緒に最前の柵に居たのですが、後方の人が見やすいようにと、極端にしゃがんで頭を柵付近まで下げて小さくペンラを振っていたら・・れにちゃんが俺らにレスくれたんです!!やっぱりれにちゃんすげえ!!
それにしてもみんなカワイイ娘にしか見えんな。

あと、水を売りに練り歩いていた元スタッフの「矢島さん」。矢島さんからだったら買うよ!って言ったら本当に持ってきた(笑)。恵庭のロケハンの時に、じゃがいものお土産渡して、金沢では2ショもらったし・・で購入(笑)

では日記

出発のニセコはまだ寒いです。羊蹄山も雪化粧。
イメージ 1
フェリーで新潟まで
イメージ 2
途中、春日山城に寄ったり
イメージ 3
郡上八幡城へ寄ったり
イメージ 4
今話題の「モネの池」へ寄ったりしました。
イメージ 5
黒丸PAへ到着・・すると、看板がお迎えしてくれました。
イメージ 6
PAのスタッフさんが、写真撮りますよ!ってノリノリ!
この場所では、前日のリハ音と会場がばっちり漏れてます(笑)
イメージ 7
近江八幡の知人宅へお世話になり、一緒にライブへ!
イメージ 8
懐かしい皆さんと写真撮ったり。
イメージ 9
ホッピーさんTシャツ購入。富士見市も「緑」使えなかったんだね。
イメージ 10
近くのファミリーレストランで、やや感想戦っぽいの。
イメージ 11
翌日はバイクで!隣が九州のバイク。
北海道と九州のバイクが並ぶ!
イメージ 12
ライダーノフさんたちと
イメージ 13
昨日よりも暑くは無い感じ。
イメージ 14
ライブ終了して、一昨日も行ったモノノフさん経営のもんじゃ「山吉」さんへ。
サイン書かれた車が止まってた!
イメージ 15
このお店で取材を受けまして・・・なんと関西のTVに出ちゃいました。
イメージ 20
イメージ 21
良い思い出(笑)
帰りは彦根城寄ったり(れにちゃんとギリギリ会えず)
イメージ 16
クラブハリエに寄ったり。
イメージ 17
舞鶴からフェリーで帰りました。
イメージ 18
イメージ 19

にほんブログ村 芸能ブログ ももいろクローバーZへ(文字をクリック)

この記事に

開くトラックバック(0)

あつのりんに夏には伝わっていた卒業。
だとすると事務所とはやはり春頃?交渉。
自分は夏バカは行ってないけど、自分の参戦はその後の仙台と武道館のソロコン、そしてover40、J-MERO、福井の青春ツアーとなる。
今思えばその前の、鳥取や島根、石川の青春ツアーもMCは簡素(笑)
でも東名阪のソロコン準備に気が行ってるだけだと思ってたので卒業感は判らず。

夏に卒業日程が決まったとすると、仙台と武道館の魂のライブは納得ですけど。
その後のライブは緑として歌とダンスを精一杯やった感じ感じかなぁ。J-meroはそんな感じだったし。

福井は最後の青春ツアー。だからGOUNNでれにちゃんは元気無い杏果を勇気つける感じだったのか…がんばって、がんばってと杏果に語りかけるれにちゃん‥あの映像も頭から離れない。
れにちゃんは感づいていたのか、ただ元気無い杏果へのレスだったのか(涙)

この記事に

開くトラックバック(0)

今回は短めに・・

文句言ってる人、「俺が見たかった5人のももクロを壊しやがって!」って言うのならまだ分かる。たぶん杏果も辛くても受け入れている部分はあるだろう。
自分は奇跡の5人には入って無かった・・と言うのが回答だと思う。

「4人が大変で辛いのにSNS出やがって」なんて意見を見るけど、メンバーそんな感じの事言った?文章でもライブでも??
そんなケツの穴が小さい人間じゃねえと思うし、恨み続けているような印象操作はとても4人に失礼だと思う。仲間割れさせたくて意図的にももクロ評価下げたいアンチなら分かるけど。

少なくても4人の名前を出すのには違和感。

俺は逆にエールを出したくても出せない状態だと思っている。フォーク村のオープニング「musician」でギターを抱えた夏菜子、「きくP」の演出指示だったとしても、恨みがあったら流石に拒否するでしょ?4人だけじゃ無く、現場の運営さんも。ギター持たなくて歌うだけで良いんだから。

しゃちのゆずぽんさんとの話がサクッと放送に出たようで・・辞めた人と残ったメンバーとの関係は僕らには分からない。事務所的な「絡み」とは違うでしょ?




この記事に

開くトラックバック(0)

ももクロ青森ライブ

ももクロ青春ツアー、青森へ行ってきました。

チケットは息子君が「若者席」で当選、僕は他の方に拾ってもらえました。
息子が進学で本州へ行っちゃうので、たぶん一緒の参戦は数年無いかも・・・と言う事で、会場推しの予定でしたが拾ってもらえたので本当に感謝!

安く行くには?と考えたとき、2人なので自走・・さらに人を乗せるとちょっと安くなるかも・・という事でフェリーで行く事に決定。

装備は・・箱推しですね。
イメージ 1
フェリー乗船
イメージ 2
青函フェリーは安い、装備も安い(笑)
イメージ 3
ラウンジはこれだけ(笑)
イメージ 4
青森到着。
イメージ 5
イメージ 6
杏果さんが食べれなかった「のっけ丼」を朝食に。
イメージ 7
ドミノフさんと合流して市場内でウロウロ・・
イメージ 8
あれこれ乗っけて
イメージ 9
6人で食します!それぞれの勝手丼。
イメージ 10
イメージ 11
汁も含めて1300円なり!かなり豪華です。
イメージ 12
ここで一旦別れます。
イメージ 13
僕らは浅虫温泉へ
イメージ 14
5Fの温泉は350円です、最高の見晴らし。
イメージ 15
温泉入っていたら、Mさんも来ることが判明したので合流して八戸へ
八食センターでランチ会
イメージ 16
会場で皆さんと記念撮影大会。
イメージ 17
イメージ 18
イメージ 19
イメージ 20
息子君、記念のインスタっぽいやつ。
なんと息子君は最前でれにちゃん側
レスもすごくもらって、チャイマも向かい合ってやってましたよ。
完全に狙われていましたね(笑)
イメージ 21
ライブはじまります。
僕は中央付近列でやや右側、最前の息子が後方より見えます。

青春ツアーは偶然拾われることが多くて、数回見ておりますが、前回の12月の福井もかなり良かった内容でしたが、今回は杏果嬢が居ませんのでどうなるか?と思いながらの観戦でした。

大まかな内容は変わらずですが、最初はメンバーの表情が硬いというか締まった感じで、夏菜子ちゃんの表情が緊張バッチリって感じですね。あっ!そうそう今回も双眼鏡持って行ってますのでかなりアップで(最前の息子に負けないくらい)見ています。

この緊張感は4人で仕上げてきた新しい歌割の不安なのか?頭の3曲が音響悪かったためなのか?分かりませんけど。
他のメンバーも気迫が感じられます、しおりんにしても、あーりんにしても。ある意味、杏果が抜けて久しぶりに大きな壁が出来て、それを越えようとしている最中の状態に思えました。練習を頑張った感じには見えました。

たぶん、歌の負担が一番大変だとは思うけど、もしちゃんとレッスンなり肺活量増やすなり腹筋つけるなり・でどっしりとした声を出せるようになれば、あーりんちゃんはチャンスのように思うんです。そんな事を思いながらライブ見ていました。

確かに福井よりも上手になっていた(歌も踊りも)けど、まだ覚醒状態とは言えませんね、1年後とかにさらにアップした感じを期待したいと思いました。

あと、今回は箱推しで参加してみましたが、「箱」は想像よりも大変です・・
単推しがいかに気が楽なのか?って思いながら居ました。ペンラの色からメンバーへのコールやら・・今まで箱を続けていた方々を尊敬した瞬間でした。レスがもらえないのに推し続ける凄さ・・。


ライブ後に三沢駅までバイバイのMさん。
イメージ 22
感想戦に参加してきました。
イメージ 23
フェリーの中で写真の分類(笑)サイン当たらず。
イメージ 24

函館到着、ならば・・
イメージ 25
店内調理で有名な
イメージ 26
ハセストの・・
イメージ 27
やきとり弁当を朝食に!
イメージ 28
温泉にも入ります。
イメージ 29
洞爺の駅でGさんとお別れ・
イメージ 30
ニセコ駅でカレー食べて、Mさんとお別れ・・
イメージ 31




この記事に

開くトラックバック(0)

杏果さん再出発?

杏果嬢、卒業ライブ以降の活動停止(引退とは言って無いよ、前のブログ見て)で、宣言通り3月15日の誕生日になった瞬間にブログの閉鎖になりました。

この2か月はファンにとっては辛い時間でしたが、ブログ閉鎖の瞬間は叫びにも似た文章や、自分を納得させたような文章のお別れを書く方がTLに溢れました。

自分もファンになってからの6年間の感謝をブログのコメ欄に記し、奥さんに急に頼んで小さな誕生ケーキを作ってもらいました。
コレですが、緑は入れていません・・一瞬抹茶入れて緑のクリームとも思ったけど、緑からの卒業をした彼女をお祝いするのに緑は無いだろう・・と。
イメージ 1

これから再出発の応援ですからね・・自分のブログでは数年と言ってましたが、先日ももクロとは関係ないお客さんと話したある事で、ここ数か月で何か行動あるかも・・と思ってはいました。まあ気が早い方は、インスタやツイッターのID検索で先読みされていた方がいたようで(笑)。

宣言通りの0時に閉鎖、そしてまさかのインスタでの再登場がPM3:15と言うのは流石に早い。。確かにインスタやツイッターも自由に出来る立場だからね。
まあ、内容は月末に発売になるDVDの宣伝が主ですけどね。写真もちゃんと昔に話していたように髪の先を赤く染めてたりで自由そうで良かった(笑)。

普通の女の子がするような事をしつつ、音楽とダンスをするだろう・・と言うのはきっと皆さんも想像出来てましたよね??
音楽を捨てられる訳がない、楽曲作ってくれた皆さんを裏切れるハズが無い・・って感じてたしし、そんな風に感じるってちょっと前のブログに俺は書いてるよ・・彼女を見てきたファンなら普通の感覚でしょう、ソロアルバムの歌詞にでも・・。

あの写真・・どう思いました?
新しい彼氏とのツーショットですよ(笑)音楽という彼氏をやっぱり選んだ。そんな写真ですよね。

彼女は意図的にももクロに重ねるファンはももクロに帰るようにと言ってました「4人のももクロをよろしくお願いします」と、もう緑を演じるのは限界だったのかもしれません、もしかしたらあのまま続いていたら病気になったかもしれません。何度でも書くけどラストライブの笑顔で、今までとは違う道をちゃんと選んだと確信できましたよね?きっとそれが音楽だろうと思えなかった人って・・

怒っている人も居るけど、自分たちに置き換えて考えたら転職とか、趣味を変えたりとか部活変えたりとかしますよね?
自分も脱サラからの自営だけど、自分の場合はサラリーマンを嫌になって辞めたわけじゃないんですよね、今でも電子系の設計はやりたいし修理にオシロ使ったりで楽しい、でもやっぱり辞めてやりたかったゲストハウスを始めた・・それが28歳。23歳の杏果嬢はアイドルからのミュージシャン転向だろうけど茨の道だよね、ちょっと売れてもももクロとの比較は延々されるだろうし、ももクロ主義のファンからは何を言われるかも分からないしね。
でも何より再始動ってまだ発表すらされてないからね、事務所だってレコード会社だって何か決まったって発表されてないけど。(年内に発表されるかなあ?芸能界は2年ルール?があるらしいけどね)。
今は近況報告って感じにも思えるしね。

娘も居るようなお父さんだからかもしれないけど、成人になった娘を応援したい感じかなあ・・そりゃ社会は甘くないという現実もあるけど。たぶん戦う道を選んだと思うけど、本当に応援してくれる大人に出会って欲しいですね。

自分は、5人の娘たちを見守りますよ・・そりゃ杏果嬢寄りですけどね。

4人も、ももクロを続けるのは半端じゃないよ、自由に歌を選べず、決まった振りで何回も踊るし(怪盗少女は何回踊ったんだろう?)。まあ、ほとんどのアイドルがそうだと思うけど。あと何年これを続けるの?ってそろそろ皆さん思う時期じゃないですか?
4人の一人でも杏果さんのように違う世界に行きたいと言ったら私は応援するけどね、そりゃこのままで居て欲しいとは思うけど、それぞれ人生の選択はさせてあげたい。











この記事に

開くトラックバック(0)

杏果卒業その5

以下妄想です・・議論は答えが無いから無意味です。

今日は杏果嬢のももクロラストライブ。

ここ数年5人の歌が好きだった・・ももクロにはまった毎日でした。

実は前夜にとあるモノノフさんとDMした、自分の今までの思い

もし、杏果嬢が泣いたら復帰はほぼない・・。
もし泣かなかったら、復帰は数年以内にある・・・。

僕は杏果推しだから数日書いてきた点や、吉田アナとの話で引退では無いとの発言、今日のライブでの発言・・・を考えると、杏果なりのメッセ発信というか、最後の抵抗にしか思えなかった。

つまり泣かないという事は、彼女の中で意思があってもう卒業済み・・

今日の杏果嬢はブレて無かった・・泣かないという意味を伝えたかったんだと勝手に思って見てました。冷静に歌とダンスを届けるという大人対応、完成度はすごかったよライブ。
なので、最初は寂しさから涙してたけど、途中から彼女の表情みたら涙止まったよ、なんか不思議な感動が自分の中ではあった。メンバーは涙だったけど・・
あの「10周年をみんなと迎えたかった、でもそれは出来なかった・・」あの瞬間、彼女が頭で探して話せる単語・・その精一杯の言葉にしか見えなかった。決して間違えて出ちゃった言葉では無く、夏菜子からの直球につい反応した言葉だと思う。

だからと言って、出演時期とか契約を数か月延長とか決めるのは運営さん。そこは使われるタレントさんは大御所じゃ無ければわがままなんて無理な世界。判っていたはず・・辞める人間はドームには立てない。なので分ってて自分からこの日に辞めたという意見もそうなのかもしれないけど、残されたメンバーを考えての日程なんだと思う。

でもね8年の思い出はウソでは無いのでそれは尊重すべき・・

これから4人はすごいハードルを越えていく目標は出来たから、僕も微力ながら見に行こうと思っています。

そして、杏果嬢は復帰すると思うので、その日が来るまでじーーーと我慢して待ちます。さらに杏果嬢を推します・・サインもらうまでは(笑)。

加筆です。

今日の「めざましTV」でも引退って出ていました・・系列ラジオの番組でも引退じゃない・・って言ってるのに。取材は確認してないの?
昨日の「あっこにおまかせ」も引退と出てた、アッコさんが言葉で有安は卒業って・・って援護射撃はしてくれた。これら報道の情報ソースは何処から??
このyoutube、8分後を何度聞いても「引退する」とは聞こえない。


きっと杏果には、家族も居るし、学生時代の友人も居るだろうし、芸能界にまみれてない人からのアドバイスも受けてるはず。。芸能界だって同士的な大切にすべき人は沢山いるでしょう。きっときっと、いつかほとぼりが冷めたら戻れるよ。

1年後位に、ひょっこりとウチのゲストハウスへ短期ヘルパーさんで来ないかな(笑)、会社辞めて放浪の旅人とか、退職後の人生を楽しんでいるご夫婦とか、若い学生さんとかいろいろな人に出会えるよ、作詞ネタに良いと思うけど(笑)。



この記事に

開くトラックバック(0)

杏果卒業その4

その4までだらだら引っ張ってきた・・

やっぱり来ましたね、引退じゃないって報道とかインタビューとか。
そう卒業なんだよ、ももクロからの、スタダからの。

音楽の魔法は解けてない・・・
ももクロとの恋愛は解けちゃったかもしれないですけど・・いや、最初から僕らの片思いだったのかもしれないけど。

そう思ったら8年間お疲れ様ってすごく言いやすい・・
なんか寂しさよりも期待感が出てきた。
もしかしたら自由な翼を持てるような立場になるべく8年間頑張ってきたのかもしれない・・
そりゃももクロ命のノフさんは踏み台?って納得しないと思うから、あのブログを書かれたお嬢さんも理解はする。でもきっと本当に数年前に決断する何かがあったと思うし(フォーク村?とかでアーティストさんに触れ合うのもきっかけだったと想像)。

でもいろんな未来を考えられるよね。例えば4人+feat杏果とかコラボの未来だってあるかも・・いや、芸能界だから裏では壮大なロードマップ出来てるかもしれない(笑)。
kwkm率いるももクロ独立の先鋒かもしれんし(無いとは思うけど)

まあ思い込みって怖いと今回は痛感したので、ルール無しで未来を考えた方が気分的には良いかなって部分もある・・・。

1年位自由に旅とかして、人生の資産を貯めて(なんかナオトの旅唄ダイヤリーっぽい)曲作りに反映してくれたらいいね。最初は小さなライブハウスから・・そう、下北沢のビレバンにコーナー作ってもらえるように(あのコーナー杏果見たはずだから、他の若いアーティストと同じようになりたいと思ったはず)。

来年でも再来年でもいいから、武部さんの事務所に入れてもらおうよ。。



この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事