全体表示

[ リスト ]

先日、僕の友達が亡くなりました。
それについてこれから色々と書こうと思いますが、その前に僕自身も似たようなケースで9年前に母を失ったということを予めお伝えしておきます。本や新聞で読んだことでもネットで検索したことでもなく、僕自身が体験したからこそ書けることをこれから書きます。
 
彼が亡くなった理由というのは「うつ病による自殺」というカタチなのですが、カタチがカタチだけに仲間たちの間では「隠そう、黙っておこう」という動きが自然と出来上がっています。一般常識から普通に考えてみてもそれは当然の成り行きと言えるでしょうが、僕はそうは思いません。
僕は彼の自殺は一般的な自殺ではなく、病気の中での症状のひとつでしかない、と考えています。病気の延長線上にあったと。
 
しかし、ほとんどの人は「自殺は自殺でしかない」という認識しかなく、「病気の中での出来事で誰にでも起きる可能性がある」とは考えていません。ここに大きな偏見が存在します。
 
「自殺だから隠そう」。
これでいったい誰が救われるというのでしょうか?
 
臭いものには蓋をしろ!の精神で今回の出来事を封印すれば一時的には楽になるように見えて、実は永遠に苦しむのは判りきったことです。本質的な問題はそのままなので、特に家族は何かきっかけがあるたびに心を痛めます。もっとあの時、もっと話を、と繰り返し繰り返し思い出しては後悔します。
うつ病で自ら命を絶つことをよくある「自殺」と混同し、「悪いこと、恥ずかしいこと」と考え、人に触れられないように「蓋」をする。
これは無知から生まれる偽りのやさしさです。知らないがゆえに最善と思っているやさしさが苦しみを作り続けてしまう・・・・。出口のない迷路です。
 
亡くなった彼は、上がっては下がる上がっては下がるジェットコースターの精神状態の中で、脳の暴走から作り出される閉塞感・孤独感・絶望感を「サウナから我慢できなくて飛び出す」ようにスパッと断ち切っただけです。
それはただの、どこにでもある病気のひとつの流れです。
その流れの結果として死んでしまっただけ。
 
「あいつ死んじゃったんだ。若かったけど病気でさ。本当に残念だよね」と、こんなどこにでもあるセリフと同じようなレベル、目線で考えることはオカシイでしょうか?
 
彼の死を「タブー」とし扱い、「不運」である判断して、ご冥福を祈りますでは救われないんです。
近くにいた人、いつも遊んでいた人ほど大きな声で言って欲しいんです。「あいつは病気で逝っちゃったんだ」って。「残念だよね。でも最高にいい奴だったよ!」って。
これは拡大した解釈ではなく、うつという病気のことを色々と調べてみれば誰にでも理解できる事実だと思います。
 
「自殺で死ぬなんて何だよ」という認識を「病気じゃ仕方ないね」にチェンジして、彼のことを思い出すたびに「かわいそうに」と考えるのを「本当にありがとう」にする。
これは僕からの提案です。このように意識をシフトしていただけませんか?
 
過去の出来事は変えられないけど、今考えること今感じることをちょっとだけ変える。
その結果、過去の認識が変わり、未来も変わる。
 
母が亡くなったことを、製薬会社に対して恨みをぶつけることで解決しようとしていた僕からの提案です。
残された家族・友達が出来る一番の方法は、隠すことでも、忘れることでもないんです。
 
あいつは病気と戦って最後までニセコのみんなのことを心配しながら頑張った!
何一つとして恥じることはない!
 
だから。
だから、お願いだからシンゴのことを楽しく思い出して欲しいと想う。
楽しく語って欲しいと想う。
恐れずに伝えて欲しいと想う。
 
このブログ主からの心からのお願いです。
 
 
 
 
・・・・不特定多数が読むブログにこんなパーソナルなことを書くな、と怒る人もいるでしょうがあえて書かせていただきました。土曜日には削除します。ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

初めまして、2年前からの愛読者です。
ローカル目線のニセコ情報、躍動感のある写真に釘付けでした。
ありがとね。
亡くなった友人は、病死であることがよく分かりました。
濃い時間を一緒に過ごせたことを感謝する気持ちもよく分かります。
ブログは個人の日記、迷惑行為にならなければ何を書いてもよいと思います。
いつかパンケーキ屋に行こうと思っています。

2010/4/14(水) 午前 9:16 [ tt2*4*p ] 返信する

顔アイコン

そうですね。。。私は以前、自死遺族の会に関わった経験がありますが、やはり、世間の認識(悪気は無いのですが)によって家族の苦しみが続く状況が多々ありますね。。。数年前、佐賀県で自死遺族サポートの研修会が開かれ、私の隣には佐賀県知事が座りました。。。
それでも行政ができるのはあくまでも“後方支援”です。。。世間の認識を変えるには、マスコミも頑張ってほしいと思ったのでした。。。

2010/4/14(水) 午後 7:40 パ男 返信する

顔アイコン

シンゴとは色々な思い出があります。。

無意識にアイツの名前を検索してここにたどり着きました。
今だにあの人なつっこい笑顔と声で普通に電話がかかって来そうでなりません。。

北海道でも京都でも一緒に遊んだ日々は昨日の様に鮮明に残ってます。

最後に喋った時はお前は泣いていたね。。俺はお前の病状は知っていたから必死に楽しい話題とか俺のバカ話を延々喋っていたよ。。それで俺は良かったのか??今も自問自答している日々だよ…。『ありがとう、ありがとう、ありがとう…』お前は泣きながら繰り返していたね。。

シンゴ、お前の事が大好きだよ。そっちに行ったら一杯遊ぼうなぁ。土産話は一杯あるからまた俺が一方的に喋ると思うけど。。
上から俺等の事見といてくれよ。お前に胸を張って喋れる様に頑張るから…。じゃあ、またな。。 削除

2010/4/16(金) 午後 10:56 [ 京都の友人 ] 返信する

顔アイコン

このblogに辿りつきなみだがでました。
何年も前になりますが一年ほどの短い間だったけど伸吾と一緒に過ごしました。もうすごく離れていたので訃報を聞いて絶句しました。
たくさんの知らない世界をみせてくれてスノーボードを通して、いろんな色のあるおもしろい人と出会わせてくれた伸吾!ピエロみたいにブッとんだところがよくもわるくも憎めない(笑)調子いい笑顔とでっかい犬のようなひとなつっこさが魅力的で!
ピュアなぶん人に不器用で伝えたいことが正反対に伝わってしまったり、ジョウシキって?フツウってなに?ってびっくりすることたくさんやったけど、私の知る伸吾は愛あふれたお調子者!
伸吾〜お疲れちゃんありがとまたね★

janjunjonさん、この場をお借りしてコメントさせていただきました。伸吾はあなたのことが大好きでたまらなかったでしょうね!『ワーイ!』って笑って電話に出ている伸吾が目に浮かびます。伸吾の笑顔は一生忘れません! 削除

2010/4/17(土) 午前 1:38 [ ミイ ] 返信する

顔アイコン

シンゴとは少しだけ面識があった程度ですが、彼のくったくの無い笑顔は忘れません。俺も昔少し鬱を経験した立場から彼のことを考えると、彼の選択は尊厳死のようなものだと思います。

また、気が向いたらこのブログを再会してください。おつかれさまでした。 削除

2010/4/17(土) 午後 3:50 [ 隠れこのブログファンひらふ住人 ] 返信する

顔アイコン

市村君のこと、弟から聞きました。
弟の子供のころからの大切な友人だった市村君が・・正直、ショックでした。でも、まっすぐに生きていた市村君のことは
友人みんなの心にきっと生きています。

なんていっていいかわからないけど・・
全国各地にいるであろう、あなたの友人みんなのことを
天国から見守ってあげてね、市村君。

2010/5/7(金) 午前 11:35 [ popopo ] 返信する

顔アイコン

伸吾の死について、こうだったんじゃないか?って思ってたのと同じ答えがここにありました。

確信をありがとう。なんかちょっとだけ楽になりました。

伸吾ちゃん、がんばったんだね!

こないだ、ご両親に会いました。
ほんと、彼がなんであんなに優しくておっきな人だったのか、
人を引き付けるなにかがあったのか、彼のルーツそのものの
ご両親でした♪

ジャンジュン、ほんとありがとねーー。 削除

2010/5/10(月) 午後 9:36 [ みわわ ] 返信する

顔アイコン

色々とそれぞれに感じることがあると思いますが、みんなの気持ちはきっと伸吾に通じます。

コメント、本当にありがとうございます。

2010/5/12(水) 午後 7:21 [ janjunjohn ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事