偽海軍中尉の航海日誌

実験中のため一部コメント不可です。

逆走防止案

水幕(ウォーターカーテン)を設置し、滴下制御による「逆走」「×」などの文字を表示させるという方法はどうだろうか。豪州では、隧道内に設置されているようだし。 問題点は、雨、風の日には機能しないことだな。 上からがダメなら、横から吹き付けたり、下から噴き上げたりするのはどうだろう。これなら、単に「×」を描けばいいだけになるから、制御も簡単のはず。 連続で数基設置しておけば、少なくとも、何かおかしいと減速すると思われる。 それでも突破してくる車には、最後のを赤色 × にして噴射するか? 警告を無視し続ける車には、米国式強制停止装置も併用すれば、ほぼ完璧だ。 壁や障害物だと、二輪には危険極まりないし、車体に損傷を受けるが、水ならば、仮に突入しても、損傷もなく洗車もできるという効果があるかもしれんw。 凍結防止すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

真面目な話。 防衛省公開の動画では、見えにくいので、大半の方は、 軍旗が掲揚されていない。 という認識かもしれない。 動画内のP-1乗組員からの無掲揚の指摘はなく、 よく見てみると、 何かがはためいている ...すべて表示すべて表示

レーザー照射問題について、P-1戦闘機が広開土大王艦に神風したのは、明白な事実であるが、ネット上では、様々な稚拙な意見が存在する。 反論するのも面倒くさいが、いくつか論破する。 ・荒天と言ったのに晴天であった  →海洋警察 ...すべて表示すべて表示

ついに大韓民国からの証拠画像が出た! 1枚目は、ツイッターの低空威嚇飛行の画像だ! ガンマ値を変えて、つなぎ目があるかどうかを見せてやる。 2枚目は、大韓民国海洋警察の動画からキャプチャしたものを、わかりやすいように ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事