偽海軍中尉の航海日誌

実験中のため一部コメント不可です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全331ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 1

真面目な話。

防衛省公開の動画では、見えにくいので、大半の方は、
軍旗が掲揚されていない。
という認識かもしれない。

動画内のP-1乗組員からの無掲揚の指摘はなく、
よく見てみると、何かがはためいているように見える。
一部の方から、掲揚されていると指摘もある。
(画像参照)

これが韓国旗なのか、軍艦旗なのか、その他のものなのかは判別できないが、
P-1からの指摘がないところを見ると、正当な旗なのであろう。

よって、軍旗も掲げず…という指摘は、控えた方がいい。
伝聞だけで判断するのは、感情だけで踊っているの人と同等に過ぎん。

ただ、動画ではその他の旗らしきものは見えないので、
遭難船の救助中を示していない、という指摘はしてもいいのだろう。
戦闘旗と見られる可能性もあったのだから。

一体何をしていたのやら…。

開く コメント(0)

レーザー照射問題について、P-1戦闘機が広開土大王艦に神風したのは、明白な事実であるが、ネット上では、様々な稚拙な意見が存在する。
反論するのも面倒くさいが、いくつか論破する。

・荒天と言ったのに晴天であった
 →海洋警察の動画を見ても分かる通り、波がかなりあり、舟が揺れていた。荒天であった証拠。
  泳ぎが苦手な韓国軍人にとっては、海が荒れていないというのは、波1つない鏡のような状態以外ありえない。

・北韓の漁船は、捜索中でなくすでに救助中
 →広開土大王艦から約100000cm、海洋警察参峰号からは約30000cm離れた場所にあり、近くの舟からも、目視できなかった。海洋警察の動画は、望遠で撮影したから近くにあるように見えただけ。

・発言が二転三転する
 →様々な立場からの意見は、多数あるのは当然。むしろ、日本側の盲言が1つだけなのは、口裏を合わせて嘘を吐いているからではないのか。

・無線に返答しなかった
 →大韓民国側の発表通り、英語の発音が悪く、"Korea south"と海洋警察船に呼びかけているという認識であり、荒天で雑音がひどくて、何語を喋っているのかすら聞き取れなかった。
  大韓民国国民は、日本の駅名板や案内板にハングルを併記されないといけないほど、英語がペラペラなので、下手な発音では、認識できない。

・洋上では無線の出力が小さくても十分届く
 →日本軍の無線の出力が大き過ぎて、優秀な大韓民国軍の無線機では受信できない。

はい、論破!!
日本は謝罪して賠償汁!!


こんなもんでいいかな(w。
あ、レーザーとか戦闘機とかはワザとです(ww

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ついに大韓民国からの証拠画像が出た!

1枚目は、ツイッターの低空威嚇飛行の画像だ!
ガンマ値を変えて、つなぎ目があるかどうかを見せてやる。

2枚目は、大韓民国海洋警察の動画からキャプチャしたものを、わかりやすいように加工したものだ!
3枚目は、その拡大画像である!
P-1偵察機の位置を、広開土大王艦の上に平行移動し、P-1偵察機の全長38mを基に、縦に並べてみると、
2機分強、つまり80m程度の上空を飛んでいたことが分かる!

これでも、低空飛行をしていないと言い張るのか!!

極右軍事独裁政権は、捏造をやめ、大韓民国と全世界に謝罪汁!!

(追記)
韓日外相が、照射問題の早期解決を、というニュースが出た。
つまり、日本が白旗を上げ、大韓民国に許しを乞うた、ということだ!


なお、見やすいように、P-1を縦に1.1倍に拡大しています。<あかんやろ!
そもそも、広角レンズの撮影で、水平線が曲がっているのに、平行移動してどうする(w。
駆逐艦に比較して全長も短いし、遠くを飛行していることも明白だしな。

ツイッターの画像は、明らかに合成の跡が見えますね。元画像の出所も分かっているみたいだし。

低空威嚇飛行した証拠は、いったい、いつ出てくるのでしょうかねぇww

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 1

某所にupされていた、決定的とも言える、P-1偵察機の低空威嚇飛行の証拠画像。
初めて見る画像なので、大韓民国海軍か海洋警察、または、別の第三者かの撮影だろう。

広開土大王艦の上を、超高速で威圧的な低空飛行をしたのは明白な事実。
もはや言い逃れはできないはずだ。

荒天であるのを、さざ波程度の晴天とごまかし、
目視できる距離で救助中の遭難船捜索のための火器管制レーダー波がたまたま当たっただけで、火器管制レーダーは出していないにもかかわらず、照射されたと嘘を吐き、
主翼が艦尾に接触するような危険飛行動画を、自ら公開し、
様々な事実を隠蔽し、ごまかし続けてきた極右軍事独裁政権も、国際的に恥をさらすことになろう。


P-1哨戒機が、途中で戦闘機に変わっているww。
なお、元ネタが何かは存じ上げません。
もはや、証言した本人も、何を言ったかわからないんじゃないの。
証拠より証言が重要な国だからなぁ

開く コメント(2)

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3

イメージ 3

ネット上にUpされている防衛省提供とされる動画とキャプチァ画像から判断すると、
巨大な日本軍偵察機が、大韓民国の広開土大王艦上空での危険な低空飛行をしたのは間違いない!

1枚目は、駆逐艦の上空を、車輪を出して飛ぶ偵察機(NHKより)。
2枚目は、駆逐艦の上空を飛ぶ偵察機(共同通信より)。
3枚目は、973と書かれた駆逐艦に迫ってくる偵察機。

日本軍偵察機が、北韓の漁船の救助中に、神風のような低空飛行をしてきたのは、大韓民国の発表通りである!
これが、兄の国である、友好国大韓民国にする行為なのか!

動画にしても、
悪天候のはずなのに、それらしき様子もなく、
撮影場所も隠蔽され、
なによりも照射された電波が映っていない
ではないか!!
こんなものが証拠になるわけがない!!

極右軍事独裁政権は、戦争をしたいのか!!
一方的な都合のいい主張を直ちにやめ、大韓民国政府のみならず、全世界に謝罪すべきである!!!!
いや、「日本を信じる」とした他国も同罪だ!
大韓民国に謝罪して、賠償しる!!

んなわけねーだろww!電波が映るわけない。
海上自衛隊提供のP-1哨戒機の画像は、誰が撮ったんだよww。
それに、DDH-973は広開土大王ではなく、楊万春だ



(以下引用)
時事通信によると、
韓国国防省「低空飛行」で日本に謝罪要求=哨戒機レーダー照射問題

海上自衛隊のP1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題で、韓国国防省報道官室は2日、声明を出し、哨戒機が「人道的な救助活動中だったわが国の艦艇に対し、威嚇的な低空飛行をした」として、謝罪を要求、実務協議の開催を呼び掛けた。

 また、「わが国の艦艇は哨戒機に(火器管制用)追跡レーダー(STIR)を照射しなかった」と重ねて否定。「日本はこれ以上、事実を歪曲(わいきょく)する行為を中止すべきだ」と主張した。韓国国防省が日本への謝罪要求という強硬対応に転じたことで、日韓間の対立が一層深刻化し、防衛協力全般に影響が及ぶ懸念も出てきた。

 声明は「日本側が公開した動画に見られるように、友好国の艦艇が公海上で遭難漁船を救助している状況で、日本の哨戒機が威嚇的な低空飛行をしたこと自体が非常に危険な行為だ」と指摘した。さらに、「韓日国防当局間で事実確認のため、実務協議を継続するという合意にもかかわらず、日本は動画を公開し、高官までテレビのインタビューで一方的な主張を繰り返している」と批判、「深い遺憾の意」を表明した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190102-00000046-jij-kr

開く コメント(4)

全331ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事