全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

----------------------------------------------
※104回目の文章はとても長くなってしまったので4つに分けて載せてます。
104 (1/4) から読んでください。(104 (1/4) →)http://blogs.yahoo.co.jp/nishimiyahainezumi/53184061.html

これは、104 (3/4) です。
----------------------------------------------

104 ◆いじめ・練習・北斗の拳・必死・本音◆
(3/4)『大人たちも必死』


● 《大人たちもいじめの真っ只中でビビってる。》

この社会は、
「いじめの技術」を「土台にして」築かれたものなんです。


怯えさせることや、怖がらせることや、
大勢で少数を追い詰めることや、
自尊心をなくさせるようなことをすることなどなど。
そういう、いじめとおんなじやり方で
世の中の暗黙のルールを作り、
今の社会を肯定するようにしむけているのです。

誰がやってるのか。それは権力者である、大人達です。
(大人の中でも、今この社会である程度満足して生きれている人たちのことです。今この社会でうまいこと生きれているので、このままこの社会が続いてほしいなって思っている人たちです。)

言ってみれば、「教育、しつけ、道徳は利権問題です。」
「今権力を持っている人がこれからもずっと利益(既得権益)を得続けられる」ように作られているんです。
だから、権力者たちがそこにしがみつくんです。
そして、その利権で得た権力を利用して、また、教育、しつけ、道徳をやるんです。
「自分たちの生き様を肯定するための価値観」を広めるためです。
自分達の正当性を宣伝してるんです。無意識に。


そのやり方は暴力に近いものです。
教育にもしつけにも道徳にも、
いじめと同じ種類の「暴力」が仕組まれていきます。
「怖がらせるという種類の暴力」です。

教育、しつけ、道徳、その内容や目的は確かに「素晴らしい」ものかもしれません。
しかし、その「素晴らしい」という「印象を利用」して、脅してきます。
つまり、
「人は素晴らしくなくちゃいけない」を暗示させ、恐怖させ、脅します。

例えば、
しつけのなってない人間のことを
「人間としてなってない」
という言い方をします。
そんな台詞を耳したら、まだ社会の価値観を自分で見極め切れてない子供たちにとっては、恐怖です。

子供のいじめは、
「どの程度やればいいか、さぐりながらのいじめ」ですが、
大人のいじめは
「人に咎められることがないように気を配った、姑息なやり方のいじめ」です。

「バレないようにいじめる技」の最終奥義。
「咎められない空気を作り出し、建前を振りかざし自分のいじめを正当化してしまう」
という大技です。

大人の多くは、そのいじめを自覚せずにやってます。
ちょうど子供たちのいじめっこと同じようにです。
いいえ、同じどころか、大人の場合、自分のいじめを正当化します。
「これは社会にとって結局いいことなんだ。」と、正当化します。
罪悪感もなく正当化します。
なんなら偉い大人のつもりでいます。

建前をあくまでも建前だと、自覚しているならまだしも、
建前を当たり前のことだと、本気で信じ込んでます。

多くの大人たちは、「自分自身を顧みること」がちょっとしかできません。
酷いことですね。酷いことですが、
子供たちが必死なのと全く同じように
大人たちも必死なんです。

子供たちが必死にこの世の中で生き延びようとしている必死さと
全く同じ必死さで、
大人たちは自分が今信じている社会観、道徳観、価値観にしがみついているんです。
それがこの世の中で生き延びる唯一の方法だと信じているから。


大人も子供もいじめを、「必死に」してるんです。

これは擁護するために言ってるわけじゃないです。
どうしたらいじめがなくなるかの手がかりになればと思って
言ってるんです。

「いじめをやめろ」とどんなに言ったってなくならない訳です。
「必死」だからやめられないのです。

「この社会で生き延びれるかどうか」がかかってるんだから、やめるわけにはいきません。
良心に訴えても、あまり効果がありません。


● 《大人も子供もヒステリックだ。そりゃいじめだってするわ。》

この社会は少し「ヒステリック」です。
過剰に「必死」な感じです。
「価値がないといけない」と、盲信してます。
「何が本当の価値なのかわからない」と薄々気づいてるくせにです。

幻に怯えてるんです。
心の何処かで自分に確信が持てないから、ヒステリックなんです。


権力やお金なんかを
「絶対のもの」だと信じようとしてるからです。

「お金」は、みんながそれをお金だと信じてるから「お金」なのであって、
自分一人っきりでお金だと信じていても、それはただの紙切れです。
権力もそうです。みんなが王様だと認めてくれてるから、王様なのであって、
自分一人で信じていても、王様じゃありません。
「あなたは権力がある人です」と大勢に認められて、はじめて権力になります。
権力もお金も、「大勢の人が信じているから、その力を維持してる」というだけの、
本当は「かなり危うい力」です。

だから、
他人に「それは嘘っぱちだよ」って言われるのが怖いんです。

「もしかしたら自分が信じてきた価値や権力はハリボテかもしれない」ってこと
にビビってるんです。
自分の信念や価値観が、他人の心に委ねられてる状態なんです。
それって、非常に不安定です。

だから「過剰に固執」してるんです。
ヒステリックに。

ヒステリックになっちゃうくらい怯えてるんです。
怖くて怖くて仕方ないんです。

だから、恐怖のまるごと全部を、無意識に閉じ込められちゃってるんです。

無意識に閉じ込められちゃってるから、
それについて「深く考えることが不可能」になってしまったんです。

深く考えないから、簡単に正当化しちゃうんです。

深く考えず簡単に正当化しちゃったもんだから、他人賛同が欲しいんです。
他人の賛同がないと、恐怖に飲み込まれてしまいそうになるんです。

その恐怖が人をヒステリックにしているんです。


いじめの問題は
大人たちが無意識の底に恐怖と一緒に閉じ込めた「なにか」
に結びついている問題なんです。
(「なにか」ってなんだろう?欲望?自由?本音?本能?衝動?)

その閉じ込められている「なにか」が
無意識の中でいつまでも「葛藤」しているんです。
だから大人たちはデリケートでヒステリックで
すごくやっかいなんです。


「俺たちはあんなに頑張って、「なにか」を制圧してきたんだから、
お前らも同じようにしろ。」と、大人たちは「必死」で言ってます。

そうすることが絶対に正しい事だと信じています。
そりゃあ、信じているはずです。もし「正しくない」ってことになったら、
恐怖に苦しんだ子供時代も、頑張って作り上げてきた今現在の自分も
全てが、無意味だったってことになってしまうからです。
「自分の苦しみには意味がなかった」なんて耐えられない。だから、信じているんです。
そして、信じているから、子ども達に強要するんですね。


※104 (4/4) へ続く →http://blogs.yahoo.co.jp/nishimiyahainezumi/53184070.html

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事