ここから本文です
西那須野どうぶつ病院のブログ
西那須野どうぶつ病院からのお知らせ、日記、などなど
今年は尿閉が多発しているような・・・・
詰まらないまでも、膀胱炎だったりと、ネコ泌尿器症候群は多発しています。


この地域のネコさんは、みんなネコ泌尿器症候群です。


もう尿検査なんてしません。みなさん大なり小なり、ストラバイト結晶ですから。


開業以来、この問題と向き合ってきましたが、
当院での考え方が徐々に変わってきてます。


今までは、

「ネコさんだからおしっこが濃いので、ネコ泌尿器症候群は仕方がないこと。」

と考えていたのですが、
ここまで皆さん、おしっこがヘンになっている現状を考えると、

「冬は何らかの対策をしなくては、ネコ泌尿器症候群は防げない。」

に変わってきました。さらには、

「冬は何らかの対策をしなくては、詰まって当然!」

だんだん過激な表現になってますが、現状を考えるとそうなります。



そんなワケで、「ネコさんの冬はおしっこ!」なのです。




イメージ 1


写真は尿閉解除の様子、管を入れたところ。
もうじゃりじゃりです。砂のように白く溜まっているのが確認できます。


イメージ 2

もっとじゃりじゃり。出血もあるし。

部分的にどろどろ、ねばねば、じゃりじゃりなひどいところがあるです。

イメージ 3

膀胱内を洗浄しているところです。じゃりじゃりだとカテ―テルごと詰まります。
しっかり洗い流すこともポイント。


こうなると、もうタイヘン。ネコさんも飼い主も、そして動物病院も。


おしっこがおかしくなる前のおうちでの対策が超重要!おうちでの対策は次回に。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事