ここから本文です
西那須野どうぶつ病院のブログ
西那須野どうぶつ病院からのお知らせ、日記、などなど

イメージ 1

ワンコを飼っている飼い主さんに、毎年4月になると、
市からハガキが送られてきます。


狂犬病予防集合注射案内と書かれています。
じょんじょんの分が当院にも送られてきました。



うーん、このはがき、結構な問題点を多く含んでいるのでは???
ということで那須塩原市生活環境部環境課と、
何年もにわたり、何回も話し合ったのですが、
全く改善されていないので・・・・・


当院は、この環境課と狂犬病うんぬんで、数え切れんほど喧嘩しとります。
向こうから見ればクレイマークレイマー状態。

最近は、文句を言うだけのバイタリティーが無くなってきたのですが、
誰のための狂犬病行政なのかはっきりさせるため、
お役所様にはしっかりツッコみを入れていきます。

どうにも市町村の狂犬病行政は、おかしなことやってるんだよなー。
ちなみに、当院は正義の味方を気取ってるわけではありません。



イメージ 2



このはがきを読むと、

「集合注射に行け、行けなくれば動物病院に行け!」と読み取れます。

それはおかしいでしょ、そんなこと市が決めていいんですかね????



市が犬の飼い主さんに伝えたいことは、

       「狂犬病予防接種をしてください。」
                          なんです。




いつもまにか、獣医師会の利益と行政の方針が、
ごっちゃになった内容となっているんですね。



これだけ、那須塩原市でもこれだけ多くの動物病院が存在します。
過飽和といっても過言ではないくらい。
こんだけ動物病院だらけなんだから、動物病院で予防接種すればいいんですよ。

集合接種で、ろくすぽ観察や診断をしないで、パカパカ注射だけ打っていくから
事故につながるんです。

狂犬病の予防接種って危ないんです。
安全に接種するにはそれなりの工夫が必要です。
果たして、集合注射でそんなん考慮する余裕がありますか???


行政はまず集合注射ありきの考えを捨てるべき。


しかも、集まれ言うておいて、「トラブルが起きても知らん。」と断言しています。
トラブルが起きないような努力が先では???
スゲーぞ那須塩原市。どこに出しても恥ずかしいわ!!


誰のための狂犬病予防接種なのか、考え直す必要があるんじゃないの??
当院が役所にクレイマークレイマーなのは、その辺にあります。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事