地球温暖化の真実を探して

地球の温度を人為的に変えられるのか?

全体表示

[ リスト ]

気候変動の考え方、対処の仕方は政治的に決められ、上からの押し付けで、御用学者の役割が不可欠だということを前回述べた。政府と御用学者の役割はアメリカも同様である。

下のグラフは、気象庁が発表している世界平均の温度変化である。昨年はこれまでの最高気温だったという。実は、気象庁の世界平均気温のデータは、アメリカ海洋大気庁(NOAA)GHCN(GlobalHistorical Climatology Network)をベースにしている。

イメージ 1
良く目にするNASAGISSのデータは、ニューヨーク、コロンビア大学内にあるNASAGoddard Institute for Space Studies (GISS)がこのNOAAのデータを解析したものである。
地球表面の温度を観測して平均値を出しているから観測地点はできるだけ均一であるべきである。しかし、観測地点の密度はかなりのばらつきがある。たとえばUSA本土の2倍もある南極大陸の観測点は僅か8箇所のみであり、地球表面の70%を占める海洋の温度観測点は陸地にくらべ非常に少ない。NOAAは、観測点の乏しい海水表面の温度を、まばらな測定点の内挿により推定している。また、1990年頃、高緯度、高所、遠隔地のGHCN観測点が除かれ、6000箇所から1500箇所へと観測地点が減らされた。従って、平均値の算定はかなり人為的なものになっている。
イメージ 2

温度の平均値の算定が近年より一層人為的になっている。そして、データの改ざんが多くの人により指摘されている。RealSicenceのブログでは、ほぼ毎日のように具体例でもって報告している。アメリカではダストボウルが頻発した1930年代に何度か熱波が観測されている。そして、1998ではなく1934がこれまでの最高気温が観測された年だとされていた。ところが、下のアニメーションgifに示すように、GISSのデータが書き換えられていることが2007年に分かったのである

イメージ 3
NOAANASA御用学者によるデータの改ざんは、NASAと気象庁にとり非常に都合の良いものになっている。政府が言いたい「CO2による人為的温暖化」の仮説を肯定するという方向にデータを改ざんしているのである。問答無用の態度を取るアメリカと日本の公的機関の殻は固い。
現在160個以上の気象衛星が飛んでいる。地球表面の平均温度変化を表すものとしては、RSSUAHが代表的である。気象衛星の結果によると、気象庁のいう、昨年2015年の温度が1890年以来の最高気温だったということは誤りである。RSSUAHについては海面表面温度が考慮されているが、NOAAの元のデータは地上の温度で、海面表面温度を如何に補正したかを明確に示していない。気象庁が、人工衛星の結果とNOAAの結果とを比較検討して報告することは必要不可欠である
御用学者が、実際に圧力を受けているのかどうか私にはわからない。CO2による人為的温暖化を示す科学的根拠はない。しかし、御用学者は上から与えられた仮説を支持するように人為的な根拠を作っているように思える。捏造である。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

Nishioka様 いつもブログの更新を楽しみにしております。データの解析や解釈で議論するレベルであれば後の検証が可能ですが、源データそのものの改変は回復不能の損害になり、科学に対する冒とくになると思います。政治、利権、保身などの理由があるとしても、科学者・研究者・技術者としての矜持は保ってほしいものです。ところで、CO2が地上からの熱放射を吸収放出することで水蒸気と相まって気温を上昇させているという考えから始まる人為温暖化論について、人間の呼吸生理の面から論点を示してみたいと思います。人間は口から3%のCO2を出すそうです。人間の肺胞内のCO2分圧は40mmHg≒5%=50000ppmあり、かつ水蒸気は飽和状態です。そのうえ肺胞の内壁面からは常時37℃の熱放射がでているはずです。そうだとすると肺の内部の温度はもっと上昇するのではないでしょうか。自分の胸に手を当てて考えてみるのですが、熱くなることはありません。この事実認識に誤りがないとすれば、たかだか400ppmで気温を上げるような力はCO2や水蒸気には無いと思うのですが。

2016/2/15(月) 午後 5:40 [ tune ]

顔アイコン

400ppmよりも濃度が上がっても、気温を上げるような力はCO2にありません。CO2の遠赤外線吸収波長15μmの地球放射は高さ10m未満でCO2に全部吸収されていて、宇宙への透過率はゼロです。温室効果は100%発揮済で、これ以上の温室効果の増大は起こりません。CO2濃度が上昇しても、さらに多くの赤外線を吸収するのは不可能ですから、温暖化はあり得ません。このことはCO2濃度を倍にしても赤外線の吸収はほとんど変わらないというチンダルの実験結果で確認されています。クヌート・オングストロームによる追試も同じ結果でした。これらを覆す実験結果はいまだに得られていません。400ppmと800ppmの赤外線吸収スペクトルはほぼ同一で、赤外線吸収波長域は広がっていませんから、そのような実験結果になるのは当然のことです。

2016/2/24(水) 午前 11:32 [ hiy*15* ]

顔アイコン

日本地熱学会の「地熱エネルギー入門」序章によると、地球の熱放出は約44×10¹²W。これを地球表面積で割ると、1屬△燭衞0.08Wになります。よくある解説ではこの放熱は太陽からの入射量240W/屬乏咾戮鴇さすぎるため地球表面の温度や気象には影響なしと一蹴されているようです。 しかし、地球から宇宙への放熱であることには変わりがないため、念のためにシュテファン・ボルツマンの法則で地表面の温度を見積もってみると、0.08W/屐瓲劭⁴ からT≒34.4K。
これは、太陽放射が無い場合の地表面の温度を示していると思います。
一方、太陽の入射についてのおなじみの計算によると、黒体近似の表面温度は255K。
そうだとすると、実在する地球の表面温度は、34.4+255=289.4K(16.4℃)となるはずで、地球の平均気温とほぼ同じになります。

2016/5/25(水) 午後 7:16 [ tune ]

顔アイコン

こう考えると、現在の地球の平均気温15℃は、地熱と太陽で全面的に賄われているのであって、どこかで言われているように温室効果ガスのおかげで−18℃から15℃に温まっているというのは違うのではないか、実在して放熱している地球を考慮に入れないフィクションではなかろうかという疑いをもっています。
なお、私は文系出身のサラリーマンであるため、このコメントに投稿されている諸兄にくらべれば数理に関するリテラシーに乏しく、正しい認識にもとづく正確な計算・表記ができている自信はありません。勉強の過程での疑問を述べさせていただきましたが、誤りをご指摘いただければ幸甚です。
投稿文字制限を超えて分割になってしまい申し訳ありません。

2016/5/25(水) 午後 7:21 [ tune ]

顔アイコン

> tune様

Nishioka様のこのブログに何回かコメントさせていただいているfujimと申します。他からコメントがないので横から失礼いたします。

地球の放射平衡温度T(絶対温度)は、ステファンボルツマン定数をσ、といたしますと。地球が太陽から受ける屬△燭蠅離┘優襯ーをS0(太陽定数)として、
地熱エネルギー+ S0=σT4乗
になります。
S0=1.37×103 W/屬任垢里如地熱エネルギー0.08W/屬和斥曚らのエネルギーの0.005%で放射平衡温度T=255Kにはほとんど影響がありません。

それでは何故、地表温度が288Kとなるかというと、放射平衡(地球がもらうエネルギーと宇宙へ放出するエネルギー等しくなる)になっている高さが地表から約5500mだからです。そして、この高さと地表との間に断熱効果があるためです。ただ、温室効果ガスがないと地表はσT4乗で放射してしまうので放射平衡より高い地表温度を保つことができません。そこで288K-255K=33℃を「温室効果」と呼んでいるようです。

2016/7/3(日) 午後 9:34 [ fujim ]

顔アイコン

> tune様

fujimです。

地熱エネルギー+ S0=σT4乗で間違いがありましたので訂正させていただきます。

地熱エネルギー+ S0(1-A)/4=σT4乗
に訂正させていただきます。
ここで、Aは地球の反射率(アルべド)で約0.3です。ここが変わると放射平衡温度が変わります。

2016/7/3(日) 午後 10:07 [ fujim ]

顔アイコン

Fujim様、丁寧なコメントをいただきましてありがとうございます。
まず、ステファンボルツマンの法則が適用されているのは「太陽放射と平衡になるエネルギー」です。通常は、黒体(物体)自身がもともと持っている温度は考慮されていないため、 σT⁴で言われるTが黒体の絶対温度と等しくなりますが、その黒体(物体)がすでに一定温度を有する発熱体であるならば、放射平衡から計算する温度とは別に、もともとある発熱体の温度を表面温度に加えるべきだと思うのです。
また、発熱体の温度を見積もる場合には、他からの放射が無いものとしてステファンボルツマンの法則が利用される(たとえば太陽の表面温度の推定)ようですので、放射を受けない地球表面の温度を同じ手法で見積もることができると考えました。
要するに、地球は自ら発熱しているのですから、太陽放射と関係なく多少なりとも表面温度があるはずですが、それは何度ですか?という疑問についての自分の結論です。

2016/8/14(日) 午後 8:09 [ tune ]

顔アイコン

簡潔にまとめることができず誠に申し訳ありません。今回も2回に分かれます。
次に、地表温度が288Kとなることについてですが、断熱効果で昇温するのは大気ですから、「地表温度」が288Kになる理由はどう考えればよいのでしょうか? 大気は地球の重力によって常に力を加えられた状態で大気圏という場(容器)に閉じ込められているため、圧縮される度合いの大きい地上付近ほどより断熱効果が発生するのは判ります。しかし、大気自体に十分な内部エネルギー(たぶん分子の運動エネルギー)がないと断熱的な圧縮があるとしても33℃の昇温は望めないと思います。そして、太陽放射があっても地表温度が−18℃にしかならないとすれば、放射であれ伝導であれ、地表から大気に移動するエネルギーが大気にそのような内部エネルギーを与えるとは考えにくいのです。
むしろ地表温度が太陽放射と地熱で初めから約15℃(既述計算16.4℃)であるとしたほうが、大気の断熱効果と地表温度との整合性を説明しやすくなりませんか?

2016/8/14(日) 午後 8:13 [ tune ]

顔アイコン

tune様

fujimです。

地球が太陽から毎秒受け取るエネルギーは、 S0×(1-A)×(太陽放射を受ける地球の断面積)です。
ただし、S0は太陽定数1.37×10の3乗 w/m2、Aは地球のアルべド0.3
一方、地球が放出するエネルギーは、◆地球の全表面積×放射強度です。
ただし、放射強度はI w/m2
放射平衡とは、,鉢△等しくなる状態で、その時の温度はステファンボルツマン定数をσ(5.67×10の-8乗 W//Kの4乗)とすると、I= S0(1-A)/4=σTの4乗⇒放射平衡温度T={S0(1-A)/4/σ}の1/4乗で計算できます(I=240W/m2、T=255K)。
地熱の0.08W/屬Iと同じ物理量となり、地熱を含めたΣI=240+0.08=240.08W/屬如
この時、地熱を含め地球外に放射するとして、平衡温度は(240.08/σ)の1/4乗となります。
従って、地熱による上昇温度T=34.4Kと放射平衡温度255Kの足し合わせでは地熱を含めた平衡温度は求まらず、上記で計算するとせいぜい255.1K程度です。

2016/8/15(月) 午後 3:58 [ fujim ]

顔アイコン

fujimです。

断熱効果はあくまで対流で大気が動くことによって生じます。その上下方向の温度変化率(乾燥断熱減率)はcpを定圧比熱としてg/cpであらわされ、地球大気では約10℃/kmです。実際は水蒸気の相変化による潜熱の影響や放射冷却により6.5℃/km(実測値)となっています。約5000m上空の放射平衡高度で約33℃下降の255K
ただ、気象学では上下の温度差が最初から断熱変化で生じているということは正しくないようで、‖腟な射と地球放射(下向きと上向きの放射)のつり合いで温室効果(10℃/km以上の減率)が生じる⇒大気が絶対不安定となる(対流が生じて大気が動く)⇒C杷変化が中心となる(放射対流平衡)というように考えられるようです。ここのブログやCO2温暖化の議論では,主テーマとなっています(CO2の吸収が飽和している、温室効果は水蒸気が主因等)。
現実の大気では夜も主体の温室効果ガスである水蒸気が断熱効果の結果温度を保温するため、朝でも極端に冷えません。しかし地球上のどの温室効果ガスにも吸収されない波長の赤外線が大気を素通りする(大気の窓)ため冷えは生じます。

2016/8/15(月) 午後 9:33 [ fujim ]

顔アイコン

tune様 補足説明をさせていただきます。

地熱=太陽と同じように(温度は低いが)地球を発熱体とするもの。
太陽からの熱=ステファンボルツマン法則で表面温度が決まる
と考えられておられるのでしょうか?

今対象としている「温度」は地表面に接する大気温度です。
地熱は地表面を通して接する大気を温め、太陽からの熱も地表面を通して接する大気を温め、それらが合わさった熱が球外に放出されます。従って、地球内部からの熱と太陽からの熱は、来る方向が逆で原因も異なりますが、双方の放射強度の重ね合わせたものにステファンボルツマン法則を適用して、放射平衡温度が求められると思います。

もう一つの問題は34.4Kの重ね合わせですが、絶対零度:0K(-273℃)が34.4K(-238.6℃)に上昇するために必要なエネルギー(1)と255K(-18℃)が34.4K上昇して289.4K(16.4℃)になるために必要なエネルギー(2)とは全く違って(2)の方がはるかに大きなエネルギーが必要になることです。これは放射強度(毎秒、平方m当たりのエネルギー)が絶対温度の4乗に比例するからです。

2016/8/16(火) 午後 10:55 [ fujim ]

先ほどは知恵袋で丁寧な解答ありがとうございます。

海面について質問したものです。

また何か地球温暖化のニュースでありましたら、是非よろしくお願いします。

2016/11/29(火) 午後 11:30 [ g13*1*11 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事