地球温暖化の真実を探して

地球の温度を人為的に変えられるのか?

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

人為的温暖化現象」という仮説が盛んに唱えられ出して久しい。その原点をIPCCが設立された1988年だとすると、30年弱になる。IPCCの連絡会議とも考えられるCOPも今年は21回を向えた。20年を超えるわけである。思えば、エルニーニョ現象で最高温度を記録した1998年が、仮説のクライマックスだった。エルニーニョの前後はラニーニャ現象が起きるのが通常で温度は下がる。だから、1998年より少し遡ってデータを眺めてみると18年以上にわたり温度は上昇していない。横ばいである。
仮説を肯定する人々は、この18年の間に起きた、低温、台風、大雪、猛暑、日照り、長雨、といった通常より大きな気候の変化を気候変動あるいは異常気象と称して地球温暖化のせいにする。すなわち、全てがCO2のせいだとする。しかし、実際にはこの18年以上にわたり温度は上昇していないのである。
この18年の間、2002年ごろを境にして化石燃料の使用量は3倍以上に増えた。しかしCO2濃度の上昇速度は変わらない。それなのに、化石燃料の使用量を削減しなければ地球環境に悪いという。発電コストを無視して、再生可能エネルギーの割合を増やせという。数億の飢えている民がいるのに、食料からアルコールを作るべきだという。
人為的温暖化仮説」の科学的根拠は非常に希薄である。なぜIPCCが設立されてから「人為的温暖化仮説」が社会を巻き込んで疑似科学になってしまったかは、今後の社会科学の大きなテーマである。
CO2の排出量、化石燃料の使用、代替エネルギーの開発、環境への影響について原点に返って考え直す必要があるだろうと思う。
まず、第一に「CO2排出削減を今しなければ手遅れになるのではないか」という問題を考えてみたいと思う。科学的な背景に主観的な要素が入ってくる難しい問題である。一つの考え方は、日本の公害問題とその対処法をもう一度振り返って、比較してみることがカギになるかも知れない。手遅れになった例が水俣病である
イメージ 1

Fig.1土下座する環境庁長官だった石原慎太郎氏

日本で発生した公害の中でも水俣病は公害病の原点である。1956に熊本県水俣市で水俣病の発生が確認された。翌年熊本大学は、原因物質は有機水銀だという発表を行った。1959年に有機水銀説が熊本大学や厚生省食品衛生調査会から出されると、チッソは「工場で使用しているのは無機水銀であり有機水銀と工場は無関係」だと主張した。
アセチレンからアセトアルデヒドを合成するプロセスで触媒として無機水銀(硫酸水銀)が使用された。これと同様のプロセスが国内にいくつかあったのだが、水俣病の症状が出たのは、当時は水俣近辺だけだった。そこで化学工業界をあげて有機水銀説を攻撃した。すなわち、チッソ側を擁護した。メチル水銀化合物と断定されたのは、1968である。今ではガスクロマトグラフィーでメチル水銀を短時間に同定することができる。
実はチッソ内部でも早い時期から動物を使って、排水との関わりが実験されていた。排水が動物に奇病を起こすことがわかっていたが公表されることはなかった。なぜメチル水銀が生成したのか当時の化学ではわからなかったが、水銀と水俣病の因果関係は十分推定できた。排出されていた水銀化合物がメチル水銀だと確定できなかったばかりに、チッソは水銀が水俣病の原因だとするのは曖昧な推測に基づいた結論だと主張し、対応が遅れたのである。
メチル水銀が生成する化学反応機構は現在もまだわかっていない。無機水銀(硫酸水銀)を触媒に使用してアセチレンからアセトアルデヒドを合成するプロセスは、世界中にいくつかある。チッソは戦前からこの合成プロセスを行っていた。しかし、人間に害が出始めたのは戦後の1956年あたりからだった。メチル水銀の詳細な化学は未解決のままである。
温暖化問題も、見方を変えれば、水俣病と同じように思える。温暖化の原因がCO2であるという証拠はない。CO2が原因だというのは曖昧な推測に基づいた結論である。水俣病と異なり、因果関係を示すものはない。目の前に差し迫った現象もない。水俣病の場合は、メチル水銀は同定できなかったものの、因果関係を示す事例があった。にもかかわらず,”曖昧な推測に基づいた結論だと水俣病への対策を早急に打たなかったのである。一方、温暖化問題では、証拠がないのに、温暖化の原因がCO2であるという曖昧な推測に基づいた結論CO2の問題を解決しようとする。
ここで、地球温暖化問題と水俣病問題を比較すると以下のようになる。
 
水俣病
地球温暖化
原因
当初から、触媒から副生した有機水銀だろうということが指摘されていた。チッソ内部でも水銀を含む排水かも知れないことが推測されていた。
CO2と温度変化の相関関係から原因が推定されているに過ぎない。ただし、温度変化がCO2変化より先行することがわかっている。H2OCO2より大きな温室効果ガスであることも事実である。CO2以外に太陽の影響など多くの因子が指摘されている。
影響
動物、および人間に深刻な害があった。詳細な反応機構は不明だったが、因果関係は明白だった。
温暖化により異常気象が起きると言われているが、それを裏付ける統計的データは皆無である。CO2は植物の育成には有益である。現代の温暖期の気温は、小氷河期の気温より、人間にとりプラスの要因が多い。
対策
詳細な反応機構は不明だったが、因果関係がはっきりした時点で対策を取るべきだった。対策が10年以上遅れた。御用学者の見解も遅い対策に加担した。
原因は不明。シミュレーションのみで科学的根拠は皆無。にもかかわらず、プロパガンダが先行してCO2排出量を減らす対策が取られようとしている。
 
官僚と御用学者の存在は大きく問題の解決を遅らせた1956年、熊本大学医学部の研究チームにより、有機水銀原因説が有力視された。同年1112日には厚生省食品衛生調査会常任委員会・水俣食中毒特別部会が大学と同様の答申を出した。ところが、厚生省は翌13日に同部会を突如解散した。有機水銀説に対する異説として、1959年、清浦雷作・東京工業大学教授らがアミン説を発表し、その主張がそのままマスコミによって報道された。1960年、日本化学工業協会が田宮猛雄・日本医学会会長を委員長とする「田宮委員会」を設置して有機水銀説に反論したのである。
温暖化の問題も、科学的根拠は皆無なのに、官僚、御用学者がCO2による人為的温暖化仮説を唱える。IPCCのメッセンジャーになっているに過ぎない。国立環境研究所、気象庁、環境省およびそれらの機関に関係している大学の研究者が問題の本質を曖昧にしているのである
曖昧な推測に基づいた結論に対する応答の仕方はともすれば主観的になる。科学事象の場合はあくまで科学的事実に基づいて判断されるべきである。温暖化に対してCO2を削減しなけらばならないという科学的事実は、実はどこにもないのである。
水俣病の場合は、因果関係のはっきりした科学的事実があったにもかかわらず、曖昧な推測に基づいた結論に対して対応を怠った。温暖化の場合は、科学的事実がないのだから、曖昧な推測に基づいた結論で圧力をかけることが環境問題を真に考えている行動だとは思えない。一方、懐疑論者が環境問題に背を向く人々だとも思えない
どこにも、CO2排出量を今削減しないと手遅れになるという理由を見出せない。では、今CO2を削減するとどうなるのだろうか。もう少し考えてみたい。
イメージ 2

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事