地球温暖化の真実を探して

地球の温度を人為的に変えられるのか?

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

気候変動の考え方、対処の仕方は政治的に決められ、上からの押し付けで、御用学者の役割が不可欠だということを前回述べた。政府と御用学者の役割はアメリカも同様である。

下のグラフは、気象庁が発表している世界平均の温度変化である。昨年はこれまでの最高気温だったという。実は、気象庁の世界平均気温のデータは、アメリカ海洋大気庁(NOAA)GHCN(GlobalHistorical Climatology Network)をベースにしている。

イメージ 1
良く目にするNASAGISSのデータは、ニューヨーク、コロンビア大学内にあるNASAGoddard Institute for Space Studies (GISS)がこのNOAAのデータを解析したものである。
地球表面の温度を観測して平均値を出しているから観測地点はできるだけ均一であるべきである。しかし、観測地点の密度はかなりのばらつきがある。たとえばUSA本土の2倍もある南極大陸の観測点は僅か8箇所のみであり、地球表面の70%を占める海洋の温度観測点は陸地にくらべ非常に少ない。NOAAは、観測点の乏しい海水表面の温度を、まばらな測定点の内挿により推定している。また、1990年頃、高緯度、高所、遠隔地のGHCN観測点が除かれ、6000箇所から1500箇所へと観測地点が減らされた。従って、平均値の算定はかなり人為的なものになっている。
イメージ 2

温度の平均値の算定が近年より一層人為的になっている。そして、データの改ざんが多くの人により指摘されている。RealSicenceのブログでは、ほぼ毎日のように具体例でもって報告している。アメリカではダストボウルが頻発した1930年代に何度か熱波が観測されている。そして、1998ではなく1934がこれまでの最高気温が観測された年だとされていた。ところが、下のアニメーションgifに示すように、GISSのデータが書き換えられていることが2007年に分かったのである

イメージ 3
NOAANASA御用学者によるデータの改ざんは、NASAと気象庁にとり非常に都合の良いものになっている。政府が言いたい「CO2による人為的温暖化」の仮説を肯定するという方向にデータを改ざんしているのである。問答無用の態度を取るアメリカと日本の公的機関の殻は固い。
現在160個以上の気象衛星が飛んでいる。地球表面の平均温度変化を表すものとしては、RSSUAHが代表的である。気象衛星の結果によると、気象庁のいう、昨年2015年の温度が1890年以来の最高気温だったということは誤りである。RSSUAHについては海面表面温度が考慮されているが、NOAAの元のデータは地上の温度で、海面表面温度を如何に補正したかを明確に示していない。気象庁が、人工衛星の結果とNOAAの結果とを比較検討して報告することは必要不可欠である
御用学者が、実際に圧力を受けているのかどうか私にはわからない。CO2による人為的温暖化を示す科学的根拠はない。しかし、御用学者は上から与えられた仮説を支持するように人為的な根拠を作っているように思える。捏造である。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事