過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

米大リーグのキャンプは、11日予定だったロッキーズが1日遅らせたため、

12日に16球団のバッテリー組がスタートする。オリオールズの和田毅投手は、

昨年受けた左肘じん帯修復手術からの再起を目指し、

キャンプ前日も入念にトレーニングを行いました。

海外FAで渡米した藤川の所属するカブス、

マイナー契約で参加する松坂のインディアンスも12日にキャンプインします。
 
オリオールズの和田が、来週にも左肘じん帯再建手術後初の

ブルペン投球を行うことになったんです。

キャンプ地のサラソタでリハビリを続けており、

この日は約70メートルの遠投や、

平地で相手を座らせてキャッチボールを行うなど、順調な回復ぶりをアピール。
 
13日のキャンプインを目前に

「腕が振れているし、来週にはブルペンにも入ると聞いている」と明かしました。
 
昨年、総額815万ドル(約7億6600万円)の2年契約で入団しましたが、

キャンプで左肘に異常を訴え、メジャーデビューすることなく5月に手術したんです。

「一番つらいのは球団。獲得してもらったのに、こんなことになってしまって。

リハビリするのは、自分にとって最低限の使命」。

同い年で同手術経験者のインディアンス・松坂投手からの

「大事なのは焦らないこと」という助言も心に刻んでいるそうです。
 
4月にはリハビリ登板となるマイナー・リーグでの実戦復帰も視野に入れています。
 
順調なら6月にもメジャーの舞台が見えてくるようです。

「大輔(松坂)でもあれだけ苦しんだ姿をみて、改めて大変だと感じた。

今の僕にできることは、一日一日を悔いなく過ごすこと」

と勝負のシーズンを見据えました。
 
 
ブログ村ランキングに参加しています。  以前からやっているブログ「裏西浦」へは
  ↓                           ↓
                裏西浦

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事