No message

Thank you for being with me.

全体表示

[ リスト ]

変わらないもの






来てくれてありがとう。




人が探しているのは変わらないもの。

なぜなら変わらないものだけが絶対的な安心感だから。


存在するものは唯一無二で

また全ての物事は移り変わる。


変わることだけが絶対法則のこの自然界にて

人は変わらぬもの(絶対的な安心感)を探している。



基本的な生存欲求の範囲を超えて人は求め

また、人だけが神を必要とする。



それは他でもなく

人が変わらぬもの(絶対的な安心感)を探しているから。



探すことができるのは

人が"それ"を知っているから。



追い求めることができるのは

人が"それ"との間に距離を認めているから。




我武者羅に仕事をしてみても

500歳まで生きても使い果たせぬようなお金を稼いでみても

名誉や名声を手にしてみても

意味のある何かを成し遂げてみても

理想の女性、男性を手に入れて、理想の暮らしを手にしても






どこまでいっても見つからない。

どこまでいっても何かが足りない。






この世に

変わらぬもの(絶対的な安心感)はどこにもない。









時計の秒針が自分を探している。



12:00に成ろうと決め努力する。

手にした感覚は一秒後に消え去った。

今度は3:00に成ろうと決め努力する。

手にした感覚・・・

今度は・・・

・・・




秒針は考える。

私は何を探しているのか。







ある日気づきが訪れる。

あ、そうだ、今だった。

これこそがずっと探していたもの。

何時を指していても

ずっと変わらず今だったと。

たとえどこを見ていても、同じものとしてちゃんとここまで運ばれていた。

成れるものも追い求めるべきものも何もなかった。

初めからすでにこれだった。

もう秒針は迷わない。

変わらない今として、移りゆく表示を眺めていればオッケーです。




時計を見て秒針!と答える人はいない。

今が今であることは当たり前であり

人は秒針が差す周辺部を見る。





同じように

私はいます!という人はいない。

"私はある" その当たり前の感覚を人は忘れ

変わりゆく周辺部に自らを探す。





探しているものの正体はあなた自身。

あなたはすでに全てを手にし"それ"として存在している。

周辺部はただ移りゆく。

たとえどこを見ていてもあなたはちゃんと運ばれている。




何もしなくて大丈夫。

本当の自分はただ自分と一緒にいること

それ以外のことなんて何も求めてなんかいないから。





強いて言うなら愛すること。

それは絶対に変わらないもの。








読んでくれてありがとう。








この記事に

閉じる コメント(4)

今日の記事素晴らしかったです。ブログでシェアさせてください!

2018/7/12(木) 午前 11:47 [ gan***** ] 返信する

顔アイコン

ganちゃん
いつもありがとう!
嬉しいです。

2018/7/12(木) 午後 0:43 [ komei ] 返信する

顔アイコン

自己は愛される事を望みますよね、そのために、世間的成功者となり、理想の伴侶を求める。または、自分は傷ついた救われるべき人になる。あるいは、愛してると言う時、同時に、だから愛してと言う意味を持たせる事もある。分離感という勘違いがあるために起こる喜劇だね。だってそもそも、分離できないし、全ては愛以外にはなり得ない。全ては愛でできているのだから 削除

2018/7/15(日) 午後 4:47 [ 夢守光 ] 返信する

顔アイコン

この分離感。そう書くと感情の一種のようだけど、まさにこれが人生そのものなんですよね。愛しかないから愛は愛とは何かを知る術がなかった。そこで愛は自らを分離させて、愛ではないという仮定(分離感)を持たせた。こうして自分探しの旅が始まった。なんか素敵ですね、このお話。

2018/7/16(月) 午前 5:17 [ komei ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事