仏像好き、切り絵好きの徒然

モノトーンの仏像切り絵に嵌る日々のブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
1950年の今日、文化財保護法が公布されました。
1949年1月26日に法隆寺金堂で火災があり、世界的にも有名だった壁画のほとんどが焼失してしまいます。
この出来事がきっかけとなって、文化財の保護政策が見直されました。
この法律で新たに制定されたものとして、個人所有地で土器や石器などを発見した場合、発見者は所轄の警察署長に届け出を行うことが義務付けされました。
今日のカットは、法隆寺さんの金堂におられる四天王の中の広目天像です。
薄暗いお堂に差し込む光が、横顔を浮かび上がらせたイメージです。
展示したとき、この作品より何倍もカット時間をかけた作品よりも人気があって、嬉しいやら悲しいやら、複雑な気持ちでした(笑)。

イメージ 1


開く トラックバック(0)

先般からの車による事故に続いて、またも凄惨な事件のニュースが飛び込んできました。あまりの酷さに言葉が出ません。
被害に遭われた方のご冥福とそのご遺族、負傷された方々とご家族にお見舞申し上げます。
今日のカットは、東大寺さん俊乗堂の阿弥陀如来像です。
仏師快慶さんが、出来る限り多くの民衆に、仏の教えを広めようと編み出された「安阿弥様(あんなみよう)」(三尺阿弥陀像)の1躯です。
東大寺さんのような大寺だけでなく、地方の小さなお寺のお堂にも安置できるサイズで、多くの像を残されています。
現在20躯弱が見つかっていますが、まだこれからも見つかる可能性はあると思います。
皆が平和で安心して暮らせる世界、まだ道半ばでしょうか。

イメージ 1


開く トラックバック(0)

今日のカットは、法隆寺さんの五重塔初層北面の塑像群の中の耆婆(ぎば)大臣像です。
仏像好きで昔から彼方此方の寺院に参拝していましたが、仏像切り絵をする始める前は「いい加減」な観察眼しか持っていなかったことを認めざるをえせん。
その端的な例の1つが、この像に対する観方です。
この像だけが周囲の雰囲気と全く異質であることを見落としていました。
周囲の羅漢さんは師の入滅を、大きな口を開けて慟哭したり、体をのけ反らし、またある人は胸をかきむしる仕草で嘆き悲しんでいます。
その羅漢さん達の中央に、実に冷静な表情の人物がいます。
仏像切り絵をやるようになって、「この人物は何者?」、「何故皆と一緒に悲しんでいないの?」の疑問を初めて持ちます。
調べると、この人物はお医者さんで、お釈迦さんの脈と採っている姿です。
医者である以上、冷静であることが求められます。
でも、内心は悲しかったはずです。
その内面まで表しているように思います。

イメージ 1


開く トラックバック(0)

今日のカットは、興福寺さんの中金堂の持国天像です。
以前は、南円堂で不空羂索観音を守っておられ、特別開扉のときしか拝観できませんでしたが、現在は中金堂に移動され、いつでも拝観できます。
昨夜のNHKの「運慶と快慶 新発見!幻の傑作」はかじりついて見ていました。
その中で、今日アップした四天王像は、運慶作と断定されたような内容にちょっと違和感を覚えます。
以前に私の読んだ資料から、この四天王は、慶派一門の作であることは間違いないものの、仏師康慶か仏師定慶のいずれかの作と認識していました。
それが、昨夜の放送では、仏像にしては珍しいカツラ材で彫られ、北円堂の仏師運慶作の弥勒如来像、無著・世親の両菩薩像もカツラ材であること、そして興福寺さん所蔵の絵図にもよく似た姿の四天王が描かれていることから「運慶作」とし、運慶作品が一気に4躯増えたとされていました。
もちろん、他にも調査したと思います。特に運慶さんはサイン好きですから、像自体にサインがあったとしてもおかしくないですし、カツラ材にしても顕微鏡での組織の確認であって、年輪年代法での検証もされていない様子です。
全体的に「推測」の域ではなく「断定」されていたのには驚きました。
運慶さんの作品が増えることは喜ばしいとは思いますが、見終わった後の感想は「本当に?」でした。

イメージ 1


開く トラックバック(0)

今日のカットは、京都南丹市にある清源寺さんの木喰仏 釈迦如来像です。
制作記録を見ると2008年になっています。時間は速く流れます。
お釈迦さんの特徴は、三十二相八十種好で表されていて、髪は毛上向相(もうじょうこうそう)です。天然パーマのキツイものと考えれば良いわけです。
ただ、この像を拝観するまでは、東大寺さんの大仏様の螺髪(世に言う大仏パーマの原型?)の概念ができていましたが、この像を見て、螺髪の大きさに吃驚しました。
でも、ファッション的には見慣れた大仏パーマより面白いかも。

イメージ 1


開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事