仏像好き、切り絵好きの徒然

モノトーンの仏像切り絵に嵌る日々のブログです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

大阪城

秀吉公が15年の歳月をかけて難攻不落の巨城を築き上げます。その時の城は、外堀も入れると現在の大阪城公園の約 4倍の広さだったとか。
その天守が、1615年5月7日(新暦の6月3日)、大坂夏の陣で炎上します。
その後、徳川幕府が復興させますが、石垣も含め「豊臣色」を払拭しての再建でした。
でも、完成して40年も経たたぬ1665年に、落雷によって焼失します。
以降、1931年に明治政府が復興させるまで、天守のない状態が続きます。
明治になって、市民のパワーで1931年に復興します。鉄骨鉄筋コンクリート造りで、当時の日本では初めての地上55m、超高層建築でした。
なお、この天守に隣接する土地には軍需工場が設けられたため、太平洋戦争では爆撃の目標となり、複数の櫓や、当時の国鉄京橋駅も被害を受けます。
ただ、天守は一部が損傷を受けたものの破壊を免れ、1997年に「平成の大改修」を終えて現在に至ります。今日のカットは、その大阪城天守です。

イメージ 1


開く トラックバック(0)

今日のカットは、浄瑠璃寺さん所蔵の四天王像の持国天さんです。
現在クロネコならTABIセンターで開催中の個展で展示しています。
増長天、広目天、多聞天さんらと共に四方を護る守護神で、持国天さんは東方の守備担当です。
右手に剣を持ち、邪鬼を踏みつけています。
ただ、浄瑠璃寺さんの四天王さんが踏みつけられている邪鬼は、皆苦しそうな表情はしておらず、笑ったり、遊んでもらっているようにも見えます。
持国天像は通常、お堂の中では本尊に向かって右手前に立たれます。

イメージ 1


開く トラックバック(0)

興福寺さんの舎利弗像

今日のカットは、興福寺さんの国宝館におられる十大弟子の中の舎利弗像です。
乾漆像で軽かったため、7度のお堂の火災から無事運び出され、今も拝観できます。
ただ、この像は右手の指に損傷を受けています。
舎利弗さんは、あるときお釈迦さんの弟子のアッサジ比丘と出会います。
そして釈迦の教えの一部を比丘から聞くのですが、たったそれだけで初期の段階の悟りの域に達したと伝えられます。
そしてお釈迦さんの直弟子になると、智慧第一と称されるようになります。
同じく直弟子で、神通第一と称される目けん連さんの二人は、多くの弟子の中でも別格で、二大弟子とも呼ばれます。
「般若心経」に出てくる「舎利子」とは、この舎利弗さんのことで、お釈迦さんの実子のラーフラさんの師僧(教育係)でもありました。

イメージ 1


開く トラックバック(0)

エミール・ガレ氏

今日はフランスのガラス工芸家、陶器や家具デザイナーでもあるエミール・ガレ氏の誕生日ということで、氏の似顔絵です。
氏の作品は写真でしか見たこことがなかったのですが、あるとき、初めて氏の作品を見たとき、大いに驚きました。
ちょっと見る角度を変えただけで、その表情が大きく変わります。
ガラスですから、写真で見ていたときも、光の当たり具合で変化することおはある程度予測できましたが、想像以上です。
「月光色」と呼ばれる酸化コバルトで淡青色の発色など、従来にない「発色」を求めて、いろいろな素材を使って試行錯誤したことが伺われます。
あとはモチーフと大胆な構図の取り方です。
特に「トンボ」は瓶やスタンドの脚の中で独特の存在感で主張します。
日本の絵画や陶器等の中に出て来るトンボとは、捕らえ方が全く違います。
「トンボ好き」、「トンボ愛」からはじまっているように思います。

イメージ 1


開く トラックバック(0)

現在、興福寺さんの北円堂が特別開扉されています(5月6日まで)。
北円堂におられる像はたいてい作品にし、すべて此処でアップしたと思っていましたが、確認すると、あと1躯残っていました。
今日のカットは、北円堂の四天王像の広目天さんです。
北円堂の超リアルな無著像、世親像とは対照的に、四天王さんは4人とも眼をギョロっと大きく見開き、なんとなくおどけた表情にも見えます。
この像は平安時代の作で、元は大安寺さん向けに造立されたとの記録が残っているそうです。本尊の弥勒如来像や無著像、世親像とイメージが大きく異なるのはそのせいでしょうか。
右手を腰に、画角からはみ出るほど高く振り上げた左手には、多分何かの武器を持っておられたのでしょう。
さて、今日から3日間は、クロネコならTABIセンターでのワークショップです。
奈良まほろば館での2日のワークショップから戻り、昨日は一日休養しましたので、元気に皆様をお迎えできます。

イメージ 1


開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事