WHAT A TAP OUT!

PRIDEに出会ってから、もう何年になるんでしょうか?

全体表示

[ リスト ]

 峇チ臠なのでスキンクリームを塗った」→乾燥肌だからといって、なぜ試合前にクリームを塗る必要があるのか?

◆孱藤釘蚤Δ錬圍贈咾離メラの前で堂々と塗っている事から秋山サイドに悪意は無く、過失と判断している」→堂々としているというだけで、なぜ故意ではないと判断できるのか?

クリームが不正だと知らなかったなら、なぜクリームを塗っていることを隠していたのか?


おかしいのは(おかしい点なんていくらでもあるけど笑)、△世韻鮑拠に「故意ではない」という結論が導き出されているという点。

試合後、レフェリーや桜庭側セコンドが見守る中でチェックが行われたことは確か。
そして、秋山は汗のせいだと主張している。

K−1の記者会見においても、
http://gbring.com/sokuho/news/2007_01/0111_k-1_04.htm

(以下、リンク先引用)「リング上、試合直前の芹沢サブレフェリーのボディチェック、試合後リング上での梅木レフェリーのボディチェック、バックステージでの平、磯野、大成審判員と豊永氏のボディチェックで、ヌルヌルしていると感じた者もいましたが、それがワセリンやオイル等とは判断できませんでした。

 しかし秋山選手がいる赤コーナー控え室にいた関係者の数名から『秋山選手が体にクリームを塗っているのを見た』という証言もあり、当日バックステージを撮影していたTBS、オフィシャルカメラの映像を全て見て確認することになります。」(引用終り)

と言っているから、試合後の時点で秋山本人が、自分がクリームを塗っていたことを隠していたことは明白。

もちろん、「体が滑る」という抗議を受ければ、クリームと関係があることには気がつくはず。


ではなぜ、クリームを塗っていたことを隠していたのか?
それが不正であると知っていたから隠していたのではないのか?


ただ、これでもまだ、秋山が故意にやったという証拠にはならないんだよな。
試合が終わってからクリームが不正だったことに気付いた、だから隠した、ということにすればそれで問題ないよな。


結論:秋山が故意にやったかどうかは「判断できない」。

なぜここにこだわるかというと、谷川サンは
http://www.angle-j.com/archives/2007/01/11_1924.php#more
(抜粋)「僕はもし秋山選手がグローブに不正があったり、故意に体にオイルを塗っていたのなら、永久追放にしてタイトルも剥奪しようと思っていた。」

と言っているから。つまり、故意かどうかで処分は変わるんですよと言っている。


でも、そもそもこの問題で、仮に選手がわざとやっていた場合、それを正直に言うってことは有り得ないのでは。だから、故意かどうかは別にして、そういう不正を働いた時点で故意も過失も同レベルの処分を下すような規定を作るべきなんじゃないでしょうか。

この問題で、故意かどうかによって処分を変えるような仕組みのままなら、団体がいくらでも選手を擁護できることになってしまう。


まあ、普通の刑事裁判とかだと、故意にやったことが100%近く証明されない限り、故意にはならないと思うんですよ。だからそういうやり方でいくと、秋山は故意にやってるとは言い切れない、よって故意にやってないという方向で量刑等が決まる、という流れになる。

でもこの場合は性質が違ってる。ルールに書いてあるんだから、知らなかったじゃ済まされない。


ルールの周知を徹底した上で、もし不正があった場合、故意かどうかに関係なく一定の処分をする。そういう仕組みが望ましいと思います。

             *

というわけで、秋山&K−1の説明には強い疑問を感じずにはいられない。
だが、「知りませんでした」と言われてしまえばそれまでなので、これ以上の説明が出てくることはないのでしょう。

さらに、謝るだけに留まらない秋山側の態度が火に油を注ぐ格好に。
例えば、桜庭との再戦を希望する、など。

もし秋山が再戦して勝った場合、如何にも「疑惑を払拭した」という印象になる。
それだけは僕は絶対にイヤです。
勝っても不正を行った事実が消えることはないし、この件はこの試合の結果や両選手の優劣には全く関係がない。

再戦すれば、まあ秋山の方が優勢なんじゃないでしょうか。
今回だって、何事もなく普通に勝負してても勝ってたんじゃないかという気がします。
勝てる試合だったにも拘らず、秋山は自らその栄光を掴み損ねてしまい、それどころか自分のプロ格闘家としての価値まで下げてしまった。そういうことなんじゃないかと思います。

それから、NHB NEWS経由ですが
http://megalodon.jp/?url=http://hmjosaka.exblog.jp/i8/&date=20070116214933
で秋山のセコンドが
「秋山さんの人格や国籍までを否定するのはいかがなものかと思います。」
と。

これ見てね、もうね、こっちとしてはマジ切れですよ。
あまりに腹が立って今更ブログ書くことにした次第ですよ。

柔道時代は不正疑惑が起きて(というか、これは本人がテレビで自白したので“疑惑”というよりは“前科”に近い)、プロになってもまた失格。

これじゃ「卑怯者!」と人格を否定されるのは当たり前だ。
何をやっても、人はその人格を否定されずに済むのか?そんなはずはない。

って、ここまで書くと、「秋山が故意に不正を行ったことを前提に書いてる!」って怒られちゃうんですよね。バカばっかり、なんて。

確かに、故意だという証拠はどこにもないんだけど。あーあ。

          *

総合格闘技では、目潰し、金的、後頭部打撃、脊椎打撃など、一度だけなら警告程度で済む反則が多い。しかし、これらの反則によって受ける相手選手のダメージは大きい。リデルの「目潰し」疑惑もいつか槍玉に挙げられていた。
また、今回の桜庭のような抗議を意図的にして、試合の流れを変えたり、スタミナロスを補おうとする選手も現れるかもしれない。

選手の「タイム」に応じるべきかという問題も難しい。
例えばファーストコンタクトで相手選手が「滑り」を感じ抗議したが、その頃にはその選手は今回の桜庭のように被KO寸前だったら止めるわけには行かない。
レフェリーによる試合前のチェックが完璧であれば、選手の試合中の抗議を認めなくてもいいはずだが、今回のように汗と混ざることによって初めてヌルヌルするというケースはそれに対応できない。

総合格闘技が如何に選手、セコンドの善意に頼らなければならない競技なのか、が暴かれた。

こともあろうに、競技そのものの人気の低迷が忍び寄っているタイミングで、競技の弱点がさらけ出されることになった。どーすんのよこれ。

解決策、なくね!?

まあ強いて言えば、試合前、ラウンドインターバル、試合後などに体を紙などでふき取り、その成分を分析する。・・・金がかかりすぎるな。結局試合後まではわからないわけだし。

              *

五味隆典がUFC参戦。わわわ。

正直言って、五味もシウバも、向こうにはあんまり通用しないと思うんだけどなあ。

通用するのはヒョードル、ミルコかな。あ、ミルコはもう向こう側か。


もうね・・・。

閉じる コメント(7)

顔アイコン

はじめまして!菊田も「総合をやっていれば体に何かを塗るということが反則になることくらい誰でも知っている。」って言ってました。でも、谷川とTBSはまた秋山を出すんだろうなぁ・・・

2007/1/17(水) 午前 1:18 [ しゅう ]

顔アイコン

すごい的確な意見だと関心しました。

2007/1/17(水) 午前 1:22 [ mar**you_3*56 ]

顔アイコン

秋山は不愉快すぎ、正直もう2度とみたくない。あと試合開始直前で柔道着を脱いでいいというルールはおかしい。 ミルコはあっさりUFC王者になりそう。五味の挑戦はリスクは大きいけど心から応援したい。男としてかっこいいと思う。シウバはリデルと豪快な殴り合いが観たい、少なくともホジェリオ戦よりは。シウバは負けてもいいんじゃないかなw

2007/1/18(木) 午前 2:41 [ tawashix ]

顔アイコン

「故意も過失も〜・・」←なるほどなぁ、と思いました。なんか釈然としなかったんですけどコレですね。競技ルールを法律と同じライン上で考えちゃいけなかったんでしょうか。あとシウバは確かにUFC行っても危ないと思います。五味はわかりませんが。

2007/1/19(金) 午前 1:43 [ 議長 ]

顔アイコン

>議長さん、例えば「故意に体に異物を塗ったものは3年以下の出場停止処分とする」というルールと、「過失により体に異物を塗ったものは1年以下の出場停止処分とする」というルールが並存していたら、故意かどうかが重要になりますよね。でも、この件についてはそういう競技ルールの作り方が適当でないと思うんです。「体に異物を塗布したものは、3年間の出場停止処分とする」という文面がふさわしいのではないかと。法律とか競技ルールとかそういう問題というより、ただ、ルールの内容の問題で。

2007/1/19(金) 午前 3:14 [ nis**orib*x ]

顔アイコン

ありがとうございます、よくわかりました。

2007/1/20(土) 午前 11:36 [ 議長 ]

顔アイコン

そうですね。ごもっともな意見です。私も同感です。秋山が自ら塗っていたことを名乗り出なかったことが最大の問題だと思います。故意ではないというなら、自ら自白したはずですし、ばれなければこのまま隠しとうしていたはずです。そこの部分が一番の問題だと思います。

2008/3/10(月) 午後 8:24 [ ぼぶ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事