WHAT A TAP OUT!

PRIDEに出会ってから、もう何年になるんでしょうか?

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

PRIDE無差別級GP決勝について。



ジョシュ・バーネットvsアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ

まあなんといっても今大会の目玉カードはこれなんですが、どちらを応援するかは悩ましいところです。

たぶん、いま格闘技ファンの間ではジョシュの人気がうなぎのぼりなので、当日はジョシュの入場曲がかかった時点で会場の大勢は決すると思います(笑)。


しかしながら、やっぱり明日はノゲイラを応援したい!


ノゲイラには今までいくつも凄い試合を見せてもらってきたし、ノゲイラはいつも当時乗りに乗った旬の選手と戦い、ヒョードルを除いて常に勝利を収めてきた(サップ、ミルコ、ハリトーノフ)。


何よりノゲイラが総合格闘技に費やしてきた時間はジョシュの比ではないはず。ジョシュがUFC追放以降日本の団体を渡り歩き、新日本プロレスとのステキなめぐり合いを果たしている頃も、ノゲイラはひたすら自らの総合格闘技の体系を高めてきたはずであって。


いわばこの戦いは、互いの過ごしてきた時間の重みが表れる試合になると思うんですよ。
で、もしジョシュが勝ったら新日本最強、と(あれ?)。


もちろん、ジョシュが勝った方がこの先は面白いのだから困る。


ノゲイラがもし優勝したら大晦日は4度目のノゲヒョーになるのであって、桜庭×シウバもなんだかんだで4回目はやってない。

ただ、ジョシュが頂点に手をかけるのは、来年以降でもいいんじゃないかと。今年ジョシュ×ヒョードルが実現したら、PRIDE重量級はいよいよおしまいになってしまう。

結末は二通りである。「ジョシュが勝って世界は救われました、めでたしめでたし」 or 「ロシア皇帝のツァーリズムは永久に世界を支配しましたとさ、おしまい」


そこには明確なハッピーエンドとバッドエンドしかない。それよか、ここはノゲイラの「客を泣かせる一本勝ち」を見せて欲しい。そしてジョシュはノゲイラの強さを肌で知り、いつかノゲイラのように復活して欲しい。

             *

では、ノゲイラの勝算はどうか?


おそらくノゲイラの下からの仕掛けはジョシュもそうやすやすと捕まらないだろうし、それは逆も同じこと。

よってこの試合、先にグラウンドで上を取った方が大きく勝利に近づけるのではないかと思う。上を取れば、たとえ一本は取れなくても判定で有利になる。2R制だからなおさらだ。


そうだとすれば、この試合のカギは「テイクダウン」にあり、ひいては試合開始後のスタンドの攻防にあると言っていいはずだ。


そしてそのスタンドではノゲイラに分があると僕は思う。ノゲイラの打撃はアレキサンダーのようなラッシュをかけていくシンプルなスタイルではない。どちらかというとノゲイラの懐に入るのはジョシュにとってリスクが大きいのではないか。


アレキ戦のジョシュは、突進するアレキに対して右一本のカウンターや左ボディフックが効果的であった。しかしながらその打撃がノゲイラに通用するとは思えなんです。
膝蹴り含め、アレキサンダーやミルコを苦しめたジョシュのボディ攻撃がノゲイラに通用するか、その成否は興味深いけども。

体格は前戦のノゲイラが111キロ、ジョシュが112キロとほぼ互角。


この試合はきっと、「総合格闘技は立った状態から始まる」ということの意味を改めて強く感じさせる一戦になるんじゃないでしょうか。



ミルコ・クロコップvsヴァンダレイ・シウバ

ミルコの左足の怪我って、もしかして去年のヒョードル戦で、開始直後に左ミドルをカットされた時に負ったんじゃねーかな・・・とずっと前から思っていたのですが、どうなんでしょう。本人は6月に怪我をしたと言ってるみたいですが。


練習では当然すね当てをつけてやる。しかもミルコはキック力の強さのあまり、すね当てを二重につけなければならないらしい。さらにノゲイラ戦以降、寝技を強化するためキックの練習量を減らすことになり、その結果スネが軟らかくなって怪我しやすくなっているんだとか。


だとすれば、すね当てをつけずに思い切り蹴ったミドルをヒョードルにカットされた時の傷が、いまだにミルコを苦しめているのではないかと。しかもヒョードルは膝付近の、カットされた相手が一番痛がるところでカットしてたし。ローキックならスネとスネだけど、ミドルだとたまに膝でカットされることがあって、怪我の可能性は高い。と思う。


試合は、寝技ならミルコの方がたぶん上手いし強い。スタンドは・・・まあ、普通にミルコが捌ききると思うけど、やってみないとわからない。


しかしシウバが勝って決勝がシウバvsノゲイラになったりしたら、間違いなく会場はシウバを応援するだろう。どっちにしろノゲイラが勝つことはそんなに望まれていないのだろか・・・。



中村和裕vs中尾”KISS”芳広

体格差がどれだけのもんか知りませんが、この試合でカズが中尾さんに塩漬けorパウンド葬でもされようもんなら、僕は帰ります


中尾さんの作った伝説は、紛れもなく格闘技史の新たな1ページになった。何より、あれだけの事件をネタとして活用してしまう中尾さんの男気には頭が上がりません。カズがパフォーマンスに対してキレてるのも変だなと思う。オマエだってドンキホーテのよくわからん入場やっとるやないか、と。


でもそれとこれとは別。カズが中尾さんにコロっと負けるようならホントに僕は帰りますよ。プンプン。



セルゲイ・ハリトーノフvsエメリヤーエンコ・アレキサンダー

いいカードだけど、どちらも今ひとつ、ヒョードルに挑戦するには何かが足りない、という感じになってる昨今。


ハリトーノフは寝技があまりよくなさそうだし、打撃もヒョードルの破壊力には遠く及ばない。
アレキサンダーはスタミナはまあいいとして、やはり全体的に荒いという印象を与えているのでは。


まあ、リザーブマッチとしては文句なし。ここから決勝に進むとすればハリトーノフか。

開く トラックバック(1)

1ヶ月も更新してなくてすいません。


この1ヶ月、スカパーなし、ネットはたまに漫画喫茶で、という環境で生活してたのですが、格闘技に関する情報も関心も薄れつつあるような気がして怖いです。こないだのMAXも見なかったし(というか忘れてた)。


武士道もこないだようやく見たのですが、やっぱり地上波しか見れないファンはキツいな、と思いました。PRIDEが地上波を失った影響は放映権料云々の有形のものよりも、宣伝効果やブランドイメージなどの無形のものの方が数倍デカいぞ、と今は思います。


               *

武士道其の十二。


まず、なんで五味がメインなのか、が納得いかん。今までミルコ×ヒョードルもミドルGP決勝のセミだったし、五味の金魚相手の復帰戦がウェルター級GPを差し置いてメインとはどういうことかと。


PRIDEはそういうところ、スジを通すところは通す、というところが好きだったんだけどなあ(まあ、その逆もたくさんあったような気がするけどw)。


で、その五味がひどい。新しいジムを作ってまともな練習相手もいないのだろうか?今まで五味は、選手として行き詰ったときは木口会長に付きっ切りで特訓してもらい、それによって這い上がってきたそうであるが、この先五味がなんらかの壁にぶつかったとき、彼はどうなってしまうんでしょうか。


五味のマイクの後、川尻の表情が完全にシラけているように見えたのは気のせいか否か。五味を追いかけるというのが今の川尻のモチベーションであり、興行側もそういうストーリーで川尻を売っているのに、五味がこうではどうにもならない。アウレリオ戦は前回よりももっとひどいことになる。かも。


結局自分のブログも五味ばっか書いてるな。


              *

PRIDEがアメリカ進出へ向けていろいろと手を打っています。やはり地上波を失うことが海外進出に繋がるのは必然みたいですね。「タイソンとのファイト契約」とは如何に。おそらく、K−1がタイソンと絡むことによって全米での知名度を飛躍的に上げたのを手本としているのだと思う。

しかし、ファイト契約っていうのがエキシビジョンだったりしたら、いよいよDSEがことさらにアピールしてきたPRIDEの純粋さとか正統性っていうのは地に堕ちることになる(いや、もう堕ちて(略)。

         
              *

K−1に逆風が吹きまくっている今日この頃。MAXもWGPもHEROSも、基本的にあまりパッとしないという状況になっている。考えてみれば、この状況はPRIDEが地上波を打ち切られた頃から顕著になってきているように思えるが、気のせいだろうか?

日本の2大メジャーが、同時期に失速している不思議。失速していると決め付けるのは早いかな。


              *

しかし、PRIDE煽りVの劣化は依然として僕のモチベーションを下げます。
ブログに書いてしまうのが怖いのだけど、本当は、自分はPRIDEが好きなんじゃなくて、PRIDEの煽りVが好きだっただけなんじゃ・・・。



うわああああああああああああ



このままじゃどう見てもニワカです。本当にどうしよう。僕と同じ症状の人いませんか。



しかしながら、PRIDE無差別級GPはたまアリに、しかも「ファンクラブ先行のS席」で見に行きます!何を血迷ったんだろう俺たちは。でもこうなったら徹底的に楽しむゼ。煽りのクオリティはスルーで。ところによりアーアー聞こえないモードで。

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事