ここから本文です
見てってくんしゃい!

書庫全体表示

前回のブログを書いて
数時間後の出来事でした………



ドライブラインの場所を
縫合してあって

抜糸をしてもらう。


やったー!!

チクチクから解放された(^o^)



しばらくして………


風呂の時間かぁー

心電図パッチをとろうーかーなー


な、何んじゃこりゃーー(某ドラマ風)

創部に貼込みをしていたシールが

真っ赤に……。・゜゜(ノД`)


なんと、傷口を突き破り
滲出液と膿と血が止まらないで
いました!


そして、ぱっくりと
穴があいているのを見てしまい。


歯がガタガタと
汗もダラダラ(笑)


そして、外科医が

今から縫合し直します


えっ!?


いや、創部ケアの専門看護師に診て
内部の処置を考えよう。


デブリード(※簡単にいうと切開)
も考えられる……


今すぐオペ室の手配を!



な、何だってー!!


日勤の看護師もバタバタ

しまいには自分に
若干の弱音を(笑)

付き合いは長いほうだから
良しとしました。

正直、患者にはNGだよ
プロとしては(笑)


創部ケアの専門看護師が到着し

診てもらう。


デブリードしたほうが
治りはよいですよ。

と、言ったものの

誰がするのか?って感じになり

翌日ねっ!(笑)


が、しかし
処置をしていくうちに

デブリードまではせずに
持続洗浄で済みそうです!


痛い思いをせずによかったね(笑)
だってさ。



なんか、振り回された気分でした。



持続洗浄とは

陰圧閉鎖療法(通称V.A.C療法)

簡単な説明だと

創部の感染や不良肉芽の切除後に

湿潤状態を保ちつつ
創部の洗浄をして

きれいになり、切除した肉が
盛り上がっていくように促す



治療だったような気がします。
自信がないけど(笑)


ドライブラインの感染症を起こした時
抗せい剤による治療が効果的じゃない
時に1つの選択肢が

これになると思います。(^-^)


自分の場合は
穴があいてる場所にスポンジと
ドレーンチューブ、生理食塩水を流す
ルートチューブを突っ込んだだけだから

なんともありませんでした…(笑)


もし、VADを装着されている場合は

ドライブラインのある場所が
圧迫されつつ、チューブもずれて
漏水する確率が高いみたいです。

実際に経験された方からの感想。




まぁ、うまいこといって
くれたらいいなと思っています。


大した事じゃなくて
ホッとしました。


それでは、また!

  • 顔アイコン

    こんにちは。
    私もvac療法のお世話になった事があります
    大きい奴は往生しましたね・・・
    小さいpicoはスイッチが切れてる事がちょくちょくあったし(笑)

    オスカー

    2016/5/28(土) 午後 10:36

  • > オスカーさん

    はじめまして!
    コメントありがとうございます。(^-^)

    ブログを拝見したところ
    植込みVADの装着をされている
    方なんですね!

    ドライブラインの感染?
    による治療でですよね(^^;

    たしかに移動とかに不便ですよね(笑

    今は、レナシスという
    それこそVADみたいな装置をつけて
    創部の治療中です。

    ピコになるのはもう少し
    肉が盛り上がってきてかなと…

    オスカーさんのブログにも
    また訪問させていただきます。(^-^)

    [ にしむら ]

    2016/5/28(土) 午後 11:32

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事