全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全301ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

トラゾドン(レスリン、デジレル)の作用機序


SARI(セロトニン遮断再取り込み阻害薬)解説


薬の効果と作用機序ーーーー

抗不安作用などにより憂うつな気持ちや気分の落ち込みなどを改善する薬
うつ病では脳内のセロトニンなどの量が少なくなっている
本剤は脳内のセロトニンの量を増やし、脳の興奮を抑えることで抗うつ作用をあらわす
うつやうつ病に伴う睡眠障害などに使用される場合もある
一般的に、三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬に比べ、消化器症状の副作用は少ないとされる
消化器症状を引き起こす抗コリン作用(アセチルコリンを阻害する作用)が軽減されているためとされる

詳しい薬理作用ーーーーーー

うつ病では脳内のセロトニンなどの神経伝達物質の量が少なくなっている。脳内のセロトニンが不足すると不安や気分の落ち込み、無気力などといった症状があらわれる。

脳内に一度放出された神経伝達物質などが細胞内へ回収されることを「再取り込み」という。神経伝達物質であるセロトニンの再取り込みを阻害すると脳内のセロトニンが増える。

脳内で5-HT2受容体というものが神経を興奮させるなどの作用をもつ。5-HT2受容体を遮断すると神経の興奮が抑えられる。

本剤は脳内でセロトニンの再取り込みの阻害や5-HT2受容体の遮断によって脳内のセロトニン量を増やしたり神経の興奮を抑えることで抗うつ作用をあらわす。

尚、本剤のSARIとは「Serotonin 2 Antagonist and Reuptake Inhibitor(セトロニン遮断再取り込み阻害薬)」の略称。

トラゾドン(商品名:レスリン、デジレル)の作用機序
ストレスによってうつ病を発症すると意欲の低下が起こりますが、これらの症状は脳の異常によって引き起こされます。

脳の情報伝達は神経伝達物質によって行われており、これら情報のやり取りを行っている物質の1つとしてセロトニンがあります。脳内のセロトニン量が減少すると、意欲の低下や無気力などの症状が表れてしまいます。

うつ病患者の脳はセロトニンが少なくなっています。そこで、薬によって脳内のセロトニン量を増やすことができれば、意欲に関わる神経伝達物質の量が回復するために抑うつ状態を軽減できることが分かります。

神経細胞の間にセロトニンが放出されることで情報が伝わっていきますが、過剰に放出されたセロトニンは神経細胞へと再び回収されます。この時、セロトニンが神経細胞へ回収されると、その分だけ情報伝達に関わるセロトニンの量が少なくなってしまいます。

そこで、セロトニンが神経細胞へ回収される過程を阻害してやります。これによって、情報伝達を行うセロトニンの量が増えるため、うつ病による抑うつ状態を改善することができるようになります。

トラゾドン(レスリン、デジレル)の作用機序

このように、セロトニンの再取り込み阻害作用によってうつ病の症状を改善する薬がトラゾドン(商品名:レスリン、デジレル)です。
トラゾドン(商品名:レスリン、デジレル)の特徴
セロトニンの取り込みを阻害を行うことで抑うつ状態を改善することは既に述べましたが、トラゾドン(商品名:レスリン、デジレル)はセロトニン5-HT2受容体を強く阻害する作用もあります。

セロトニン受容体の中でも、トラゾドンは5-HT2受容体阻害作用によってうつ病に伴う睡眠障害などの症状を改善するのです。

このように、「セロトニンの再取り込み阻害」と「5-HT2受容体阻害」の2つの作用によってうつ病の症状を治療する薬がトラゾドン(商品名:レスリン、デジレル)です。

トラゾドンに似た抗うつ薬としては、三環系抗うつ薬や四環系抗うつ薬があります。これら初期に開発された薬に比べて、トラゾドンでは副作用として知られている口渇(口の中が渇く)などの抗コリン作用が軽減されています。

なお、トラゾドンの主な副作用としては眠気やふらつきなどがあります。また、抗コリン作用が完全に無くなったわけではないため、口渇や便秘などの症状がみられることもあります。

このような特徴によって、うつ病によって起こる抑うつ状態や睡眠障害などを改善する薬がトラゾドン(商品名:レスリン、デジレル)です。

イメージ 1

開く コメント(0)

パキシルのCmaxの考え方

パキシルのCmaxの考え方

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


このようにミリ数と濃度が合っていない事が分かる。
濃度を意識した
投薬のしにくさが顕著である
すなわちCmaxで計算すると
ーーーーーーーー
パキシル10mgを1とする
パキシル20mgは3.35(33.5mg)
パキシル40mgは13.93 (139mg)
となるのです

イメージ 7


ーーーーーーーーー
濃度勾配の急な上昇
一気に4.5時間から5時間で
跳ね上がる

イメージ 5

イメージ 6

開く コメント(0)

人一倍敏感な子供「HSC」 5人に1人、不登校の原因にも

2/28(木) 7:03配信

産経新聞

 「ハイリーセンシティブチャイルド(HSC)」。感受性が豊かで、他人の気持ちによく気がつく一方、周囲の刺激に敏感で傷つきやすい、「人一倍敏感」な子供を指す言葉だ。5人に1人存在すると言われるが、周囲の無理解に苦しむケースが多い。HSCとの関わり方を専門家に聞いた。(油原聡子)

 ◆「5人に1人」

 HSCは、米国の心理学者、エレイン・N・アーロンさんが提唱した概念だ。アーロンさんの著書「ひといちばい敏感な子」(1万年堂出版)によると、HSCは、(1)深く考える(2)過剰に刺激を受けやすい(3)感情の反応が強く、共感力が高い(4)ささいな刺激を察知する−という。

 個人差はあるが、例えば靴に入った砂や服のタグを痛がったり、怒られている人がいると自分も不安になったりする。病気や障害ではなく、生まれ持った気質だ。日本では、平成27年にアーロンさんの本が翻訳されたのを機に、子育てに悩む人を中心に知られるようになった。

 アーロンさんの本を翻訳した、心療内科医の明橋大二(あけはし・だいじ)さんは「5人に1人存在すると言われ、海外では研究が進んでいる」。医学的概念ではないため、治療の対象ではない。明橋医師は「知覚過敏などの特徴が発達障害と共通するが、人の気持ちに気づきにくい発達障害と、HSCは違う」と指摘する。

 アーロンさんの日本語版ホームページ(http://hspjk.life.coocan.jp/index.html)にセルフテストがある。子供がHSCか判断したい親のための質問もある。

 ◆周囲の無理解

 HSCとどう向き合ったらいいのだろうか。

 明橋医師は「嫌がることを無理にさせるとパニックになる。安心できる環境を提供して」とアドバイスする。ただ、必要以上に心配するため、「親から見て明らかに大丈夫なときは、優しく背中を押して」。

 敏感さの結果、傷ついたり疲れたりして「わがまま」と誤解されることも少なくない。明橋医師は「この子はこの子でいいと線を引くと、のびのび成長できる」。音楽や絵など芸術的才能に秀でていることも多く、長所を認めて自己肯定感を育むことが大切だ。

 ◆押しつけない

 一方、十勝むつみのクリニックの長沼睦雄(むつお)院長は「子供自身も、自分の性質を理解することが大切」と話す。

 HSCは自分のつらさをあまり語らないため、まずは、子供が嫌なことは嫌だと言える安心安全な関係を作ることが大切だ。「見方や感じ方、考え方を尊重し、価値観や判断を押しつけない。敏感であることのメリットや大切さを伝えるといい」と長沼院長。親子で話し合ってルールを作り、破ったときにはまず理由を聞くと良いという。

 長沼院長は「HSCを知らないと、病気を治そうという視点になる。HSCだと分かると受け入れることができ、親も子も楽になっていく」と話している。

 ■学校の環境が苦手 不登校の原因にも

 HSCは不登校の原因の一つとしても注目されている。

 東京都町田市の主婦(33)は一昨年、新聞でHSCを知り、「自分のことだ」と驚いた。中学から私立女子校に通ったが、教室のざわめきや教師の大声が苦手で、通学で満員電車に乗ると疲労感でぐったりした。「そんなことで、と思われるかもしれないけれど本当に消耗した」

 学校生活や人間関係に問題はなかったが、環境に耐えられず高校1年の夏ごろから不登校に。その後、静かな環境を求め、定時制の高校に通い、通信制大学を卒業した。「学校に行けない自分を責めていたが、HSCだと分かって安心した。治るものでもなく、つきあっていくものと理解し、気が楽になった」

 十勝むつみのクリニックの長沼睦雄院長は「敏感さの問題で来院する親子は、不登園、不登校の悩みを抱えているケースが多い」と指摘。「まずは安心安全な環境を保証し、ゆっくり休ませることを勧めます」

 不登校・引きこもりの専門紙「不登校新聞」の石井志昂(しこう)編集長は「一時的に保健室登校にしたり、フリースクールに通ったり、本人に適した教育環境を利用してもいいのではないか」と話している。

開く コメント(0)

武田 惣角

https://gamp.ameblo.jp/tank-2012/entry-12018509505.html


武田 惣角

大東流合気柔術 武田 惣角

テーマ: 武道・格闘技
2015-04-25 09:00.00




武田 惣角(たけだ そうかく、安政6年10月10日(1859年11月4日) - 昭和18年(1943年)4月25日)は、日本の武術家。武号は源正義。


大東流合気柔術の実質的な創始者。


生い立ち

会津藩士・武田惣吉の次男として、陸奥国(現在の福島県)河沼郡会津坂下町で生まれた。

母は黒河内兼規の娘・富。惣吉は宮相撲の力士で、剣術にも秀でていた。

惣角は幼少期から父に相撲、柔術、宝蔵院流槍術を、渋谷東馬に小野派一刀流剣術を学んだ。

剣術、柔術ともかなりの達人であったらしく、「会津の小天狗」と称される程の実力を持っていたが、学問には関心を示さず、いたずらが過ぎて寺子屋から追放された。




青年期



13歳の時、父を説得して上京し、父の友人であった直心影流剣術の榊原鍵吉の内弟子になった。

東京府内の各剣術道場で他流試合を重ね、剣術の他、棒術、槍術、薙刀術、鎖鎌術、弓術なども学んだ。

10代後半のとき、兄の武田惣勝が若くして亡くなったことにより、武田家を継ぐために呼び戻されたが、家を飛び出して西南戦争の西郷隆盛軍に身を投じようとした。

しかし叶わず、西南戦争後は九州を皮切りに各地で武者修行した。

明治21年(1888年)、福島県会津坂下町でコンと結婚し、明治22年(1889年)に長女テル、明治24年(1891年)に長男宗清が生まれた後は、また実家を出て放浪の身となった。

明治36年(1903年)、北辰一刀流の剣豪・下江秀太郎と剣術の試合をして、勝ったとも引き分けたともいわれる。

大東流普及

一説によると、明治31年(1898年)、霊山神社の宮司をしていた保科頼母から「剣術を捨て、合気柔術を世に広めよ」との指示を受け、剣術の修行を止めて大東流合気柔術の修行を始めたというが、この伝承史については近年の武術史の研究と調査でほぼ否定されている。

惣角は生涯、道場を持っての教授を行わず、請われれば何処にでも出向き、年齢・出身・身分の差別無く大東流合気柔術の技法を広めた。

明治31年(1898年)以降については、英名録と謝礼録という記録が几帳面につけられているため、いつ、どこで、誰に武術を教授したか、かなり詳細な記録がある。

また、全国行脚の最中に様々な他流試合や野試合(いわゆるストリートファイト)を行い、大東流合気柔術の実戦性を証明した。

明治37年、北海道を縄張りとし、樺太から東北六県、新潟から東京まで勢力を伸ばしていた丸茂組を単独で制圧する。


植芝盛平


大正4年2月、惣角の門人・吉田幸太郎により、植芝盛平が入門。


昭和4年、海軍大将竹下勇が実話雑誌に、「武田惣角武勇伝」を発表。


昭和5年夏、東京朝日新聞記者尾坂与市が取材。「今ト伝」と称する紹介文が新聞に掲載。



昭和11年4月20日、埼玉県浦和警察署で講習会を開催。



昭和11年夏、大阪朝日新聞社の武道教授に就任。

晩年

大正元年(1912年)頃、弟子であった山田スエと北海道で再婚し、武宗、たえ、時宗、榮子、宗光、しずか、宗吉の4男3女をもうけた。

以後、北海道を本拠地とするようになった。


そして、太平洋戦争中の昭和18年(1943年)に青森県で客死した。

享年84。


家系



武田家の来歴、会津藩での地位、惣角の幼少期から青年時代までの経歴については明確な文書記録が非常に乏しく、疑問視する見解も多い。


一方で、先祖代々同じ土地に土着する家系が多くを占める農村部の地域社会では、地域の出来事は100年、200年と地域住民で口伝されるため、根拠のない作り話も難しい。



武田家や大東流の伝承のすべてが真実でないとしても、何か、話の種となる事実があったことは想像に難くない。


祖父・惣右衛門

惣角の祖父・武田惣右衛門は、幕末に会津藩家老・西郷頼母に御式内と陰陽道を教授した。


また城内でも御式内を教授したという。


京都の土御門家から内匠頭の官名を受けた陰陽師でもあった。


諡は武老翁神霊。




父・惣吉

武田惣吉(文政3年(1820年) - 明治39年(1906年))は、会津藩士であり、宮相撲の力士であった。
四股名は白糸。剣術、槍術、棒術、柔術の達人でもあり、小柄な武田惣角とは違って巨漢であった。

武術にも学問にも堪能で、武田屋敷に隣接する西光寺に寺子屋を開くとともに、自宅の土蔵を道場に改築して武術や相撲も教えていた。

元治元年(1864年)の禁門の変では手柄を立て、藩主松平容保から恩賞を受けた。

戊辰戦争には250名を預かる力士隊の隊長として参加している。

会津戦争では西郷頼母の隊に所属し、会津藩降伏後は越後国の高田藩預かりで1年半を過ごした。


明治期には宮相撲の年寄り親方として相撲番付に名が残っている。

諡は惣吉神霊。

代筆


幼い頃に寺子屋に行くことを嫌い、「自分は一生字を書かない。他人に書かせる立場になる」と誓ったため、字が書けなかった。


父の惣吉は「お前のために字を書く者がいるか」と怒ったが、後に裁判官、警察署長、陸海軍高官など社会的地位の高い人物が惣角の弟子、あるいは後援者となり、弟子達に代筆をさせていた。


但し後に弟子による証言によると、文字を読むことは出来た様で、新聞を読むなど最新知識の取得に熱心であった。



猜疑心



猜疑心が強く、隙を与えることを嫌った。


食物は相手が毒見をするまで食べなかったという。


息子の武田時宗を伴って剣道家の高野佐三郎の家を訪ねた際も、差し出された菓子を食べず、時宗が高野の前を歩くと「高野に後ろから抱きつかれて刺されたらどうするんだ」と叱った。


時宗が「まさか高野先生が」と言うと、「まさか、まさかと言って皆殺されている。それが分からないなら帰れ」とひどく叱られたという。



手裏剣術



惣角が手裏剣術を教えているとき、足が動かない者が笑った。


惣角が「何が可笑しい」と問うと生徒は「そのような尖ったものは突き刺さって当然だ」と言い、おもむろに硬貨を出し柱に投げた。


硬貨は柱に刺さり、惣角はそれを見てから手裏剣術を教えることはしなくなったという。



井上鑑昭との関わり



親英体道の創始者である井上鑑昭が幼少(本人の談によると12歳)の頃、叔父である植芝盛平(合気道の創始者)に連れられて大東流の稽古を見学した。


惣角から「坊、一緒に稽古せえ」と勧められるが、井上は「ワシはおっちゃんの稽古嫌いやから嫌や、おっちゃんの稽古しても役に立たんし強ならへん」とあからさまに大東流の稽古法を否定された(傍らでそのやりとりを見ていた植芝盛平が、逆に顔面蒼白になったという)。



しかしそんな生意気な井上少年に対し、惣角は一切叱ることはなく、「そうかそうか」と笑って許したという。




服装


外見をおぎなうために、羽織袴に山高帽をかぶり、高下駄をはいていた。


二・二六事件後、右翼団体が横行し時代が緊迫する中で、暴徒に襲撃されたときに見苦しい死にざまをさらさないために、門人が寄贈した三尺五寸(約150センチ)の鉄杖をつき、腰に脇差を差すようになった。

開く コメント(2)

全301ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事