ぱらのいあの釣りエトセトラ

17年間の全サ生活に一区切りして、気楽に釣りをしてます


先日3年近く使ったスマホTORQUEからギャラクシーGalaxy S8+
機種変更しました
が、
本体にストラップを付ける穴がありません

ぱらのいあにとって釣りの時にストラップは必需品

ネットで見るとストラップが装着できるカバーもありますが、
節約して釣用カバーを作ってみました

100均のスライダー付収ケースB6サイズの隅っこに
千枚通しで穴を開け、ストラップを通します

イメージ 1

余った部分が邪魔なのでテープ付き面ファスナーを適当に切り、
裏面に貼ると、けっこうぴったシ

イメージ 2

イメージ 3

これで先日の釣りで試してみましたが、
袋の上からでも操作可能

イメージ 4

またTORQUEほどの防水、防塵機能がないので、
ケースに入れることによって釣りの際に若干安心できます

製作費約20円也


え〜〜〜続きまして・・・

マキエ杓

Dカップぢゃの、チタンカップぢゃのメーカー品のエエ杓を買うと
1万円位するのもあります

そがいにエエ杓は猫に小判なので、廃材で作ってまつ

イメージ 5

折れたり、使い勝手の悪い杓の柄からカップを取り外し
合いそうな柄とグリップをガラクタBOXから発掘し、移植

イメージ 6

上2本はバスロッドのバット、3番目は振出石鯛竿の穂持ち(#2)
いっちゃん下はヘラ竿

余談ですが『ほもち』を変換したら『ホモ地』になりますたw

見栄えは悪いですが、なんとか使えてます!

製作費は限りなく0円に近いっス

       『倹約家?・・セコいだけ?・・』と思った方も
            ↓    ↓    ↓

この記事に

開く コメント(3)[NEW]



6/17(土)3週間ぶりに高知へ

晩は高知へ来た時、楽しみにしている島島

先ず、付き出しに出てきたのはブリの卵の煮つけ 
これだけで日本酒2合は呑めそうでつ

『本日の魚』のメニューを見ると、モンズマ(スマガツオ)、清水サバ、
フエダイ、モンパ(セミエビ)、石鯛、ウシノシタ、イサキ
等々

他にも水槽で活かしているアコウ(キジハタ)やニシキエビもあります

色々あり過ぎて悩みに悩みましたが、
刺身はウシノシタの刺身と久しぶりに清水サバの刺身を注文

イメージ 1

余談ですが、
以前、愛媛ではナカナカ旨いサバの刺身を食べられなかったのですが、
最近、特に高知ではサバの刺身のハズレがありません

その後アオリイカのユッケとオニオンじゃこトマトサラダを追加

イメージ 2

満足して店を出ます
が、
気になってしかたがない食材が・・・

たまらず次の晩も島島

気になってしかたがない食材とは

活きニシキエビ(ニシキヘビでわありまてん)

イセエビ属の中でも最大種で5kgを超える個体もあるそうです

ぱらのいあ・・・55になる今まで食べた事がなかったので、
思い切って活きニシキエビを注文

大将が水槽から出して調理場へ
この個体は1.5kg程との事です

イメージ 3

先ずは、身は刺身と半分は天ぷらにしてもらいます

天ぷらは中まで火が通るか通らないか位の
油に入れて短時間で上げるように注文しました

ヤっぱイセエビの仲間だけあって、身はプリプリ

イセエビの身はなんか、金属的というかセメダインっぽい風味が
することがありますがこのニシキエビはクセがありません

イメージ 4

刺身と天ぷらを堪能した後は頭や殻で出汁をとった味噌汁が
大きなどんぶりいっぱいに出てきます

こりゃまた旨いっス!

細い脚までキレーに食べつくし、満足して店をでました

味噌汁のニシキエビをいぢり倒して食べたので、
なんか今も指先にニシキエビのにおいが残っています

     『ニシキエビの呪いぢゃ〜〜』と言われる方も
            ↓    ↓    ↓

この記事に

開く コメント(6)



梅雨入りしたというのに晴天が続く松山です

一昨日6/14(水)飽きもせず嫁さんといつもの八幡浜

例年6月に入るとベラ(キューセン)交じりでキスの数も型も出だします

この場所は今年は5回目になりますが、少しづつ良くなっている様子
そろそろ好釣果かも・・・と期待しつつ11時半頃釣場に到着

潮が高い時が勝負!と急いでタックルを組み投入

イメージ 1


投入するや否や嫁さんがスジギゾ(キューセン♀)を釣上げます(放流)

今日は活性が高いかも・・・と期待が膨らみます
が、
5〜6cmのハゼ系やミニチャリコ(マダイの幼魚)がアタって来るものの、
まともなアタリは全くありましぇん

イメージ 2
たま〜〜にキスヘゴチ(ネズミゴチ)が乗ってきますが、
アタリが少なすぎて面白くないっス

海に手を入れてみると、かなり冷たく、
辛抱たまらず場所移動を決断し肱川河口へ

イメージ 3

久しぶりに来た肱川河口は護岸が整備されキレーになってます

ここでは二人とも投竿を投入

イメージ 5

なんと!投入するや否や嫁さんが青ベラ(キューセン♂)を釣上げ期待が膨らみます
が、
その後はアタリのアの字もありまてん

辛抱たまらず17:30終了

イメージ 4

早い年は5月半ばから、遅くても例年6月に入ると飽きない程度にアタリはあり、
数が出ない時もキスやベラの良型(25〜28cm)が出たりする八幡浜

今年は全くアキまへん・・・

今年はダメな年なのか、それともまだ水温が低いので早いのか・・・
私ゃ判りませんが、しばらく八幡浜へ行く気がなくなりました

       『今年は潮が変・・・』と思った方も
           ↓    ↓    ↓

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事