ぱらのいあの釣りエトセトラ

17年間の全サ生活に一区切りして、気楽に釣りをしてます

他魚狙いに来た魚



ぱらのいあがまだ全サ会員だった
15年前か16年前の全日本カレイ投釣選手権大会  

一人で渡船に乗り、鹿島一文字

大会規定で竿は一人3本までなので、
本命のカレイ狙いで投竿を2本投入し、
もう1本は他魚狙い

他魚とは当時ハマっていた大型コブダイ 

仕掛けは石鯛竿に両軸リールのブっ込み
道糸はNa22〜30号、瀬ズレ、ハリスはワイヤー#36
石鯛針にイカをブっ刺し、投入

ピトンを打たずに竿袋を枕に、
竿尻には道具箱を置いて留め、
クーラーと道具箱に尻手をとります
が、
カレイ狙いにもコブ狙いにも全くアタリがありません

あまりにも釣れないので睡魔が襲ってきます
で、
石鯛竿の横で同じ竿袋を枕にして寝ます

爆睡してると、なにかゴトゴトと言う音と共に
頭を押さえつけられるような感覚があり、目が覚めます

と、

すぐ横の石鯛竿が絞り込まれてますッ!

あわてて飛び起き、石鯛竿を手にとると確かな手応え!

『これで全カレイの他魚の部上位入賞ぢゃッ!』と、
リールを巻く手に力が入ります

と、何故か魚は沖に向かって走り出しました

今まで何匹ものコブダイを釣ってきましたが、
沖に向かって走るヤツはまずいません

時折来る締め込みに耐えながらリールを巻いていると、
ようやく海中に魚の姿がッ!

『ギラッ!  

『え”光るコブダイ
更にリールを巻くと浮いてきたのは・・・

何と!ハマチ・・・

普通なら嬉しいところですが、
今は全日本カレイ投釣選手権大会中
ハマチは対象魚ではありません

『なんぢゃい・・』とがっかりして、
ハマチを抜き上げにかかります
が、
重すぎて抜き上げきれず、波止の壁にビタ〜〜ン
横ブレーンバスターをカマしてしまいます

『(針が)外れたか・・・』と思いますが、
魚は付いていて、また走りだします

再度ハマチを寄せて、今度は慎重に
『どぉ〜りゃァ〜〜〜!!』
抜き上げると、今度は成功!

波止の上に抜き上げたハマチは75cm程

無茶苦茶したので掛かっていた針の穴が広がり、
すでに針が外れていました

その後はカレイもコブダイも釣れず、
この年の全日本カレイ投釣選手権大会は
提出魚ナシになってしまいました

    『青物って底でも釣れるんやね・・』と思った方も
            ↓    ↓    ↓

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

少し早い敬老の日



9/16(土)息子が友人の結婚式に出席するため、
久しぶりに我が家へ帰ってきました

11時頃に嫁さんの実家へ行き、
86になるばあちゃんと2年ぶりに会います

1時間余り話をして
今度は私ぱらのいあの母と4人で昼食へ

息子の希望で大介うどんに行きます

この大介うどんはセルフで、麺はいくらいれても同じ金額
昔は汁が見えない程大量の麺を入れていた息子ですが、
30が近づき、さすがにそれは無理のようでしたw

ばあちゃん2人に顔を見せる事が出来
2日ほど早い敬老の日となりました

昼食を済ませ、我が家へ
着替えて結婚式に向かいました

久しぶりに会う友人も多いので
帰りは2〜3時かと思ってましたが、11時半頃に帰宅

暫く3人で話をして就寝

息子がうちで寝るのは大学時代に教育実習の為に帰省して以来
実に7年ぶりとなります

朝飯を食べながら台風情報を見ると
台風18号が直撃しそうです

酷くならないうちにと、9時過ぎに高知へと帰っていきました

少しの間でしたが、
息子が帰省すると家がパっと明るくなりました


台風が近づいて、うちの横の川もヤバい状態

イメージ 1

大きな被害が出ない事を祈ります

    『台風のせいで3連休が台無し・・・』と言われる方も
            ↓    ↓    ↓

この記事に

開く コメント(2)



昨日9/13(水)嫁さんといつもの八幡浜

今回はシーズン入りしたモイカ(アオリイカ)がメインですが、
ヤっぱ、キスフライも食べたいのでライトキスも用意

13時頃、ポイントに到着

イメージ 2

まだ潮が高いので、
階段上でライトキスとエギングタックルを用意し、
嫁さん共々靴と靴下を脱いでヂャブヂャブと水の中へ
イメージ 1

此処のポイントのキスは今シーズンは超絶不調
が、
オカズくらいは釣れるやろう・・と、投入

すぐさまアタリがありチャリコ(マダイの幼魚)が乗ってきます

その後はイソベラ混じりでチャリコが入れ食い
もうエエ加減イヤになったので、ライトキスタックルを置き、
エギを引いてみるも気配なし

結局ライトキスでは嫁さんと合わせてキス3匹、ベラ1匹

20年程前からこの場所に来ていますが、
おそらく最悪の釣果でしょう・・・

イメージ 3
エギ竿を持って一番水深のある西のテトラへ行くも
此処も魚が2回エギにアタってきただけでイカは居ません

イメージ 4

辺りが暗くなってもヤっぱアタらないので、
ベースの階段まで帰ることにします

帰る途中の敷石で試しに投げてみると、
いきなりガつン!と重みがッ!

竿を立てるとウぃンウぃンとモイカの引きがッ!

ゆっくり寄せて来て敷石の上に抜き上げます

イメージ 5

小振りながらも今シーズンの初モイカをゲッツ!

その2投後にも乗りますが、すぐにフックアウト

アタリが無くなったのでエギを替えてみると
数投後に2杯目が乗ってきました

イメージ 6

暫く後にも2杯を追加し、アタリが無くなったので
ベースの階段へ帰ります

階段付近で釣っている嫁さんに
『釣れたか?』と聞くと、
『モイカ3杯とコウイカが釣れた』との事

夕まずめに6投で4杯と、立て続けに釣れたそうですが、
その後はパタりとアタリが止まったそうです

その後1杯を追加した20:30終了

イメージ 7

キスは最悪の釣果でしたが、
何とかオカズは確保出来ました

      『モイカ・・・キレイ・・』と思った方も
            ↓   ↓   ↓

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事